前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
4896件中 1 - 10件表示
  • 小松島市

    小松島市から見た徳島県徳島県

    小松島市(こまつしまし)は、徳島県のおよそ東部中央、紀伊水道沿岸に位置する市である。小松島市 フレッシュアイペディアより)

  • 善通寺駐屯地

    善通寺駐屯地から見た徳島県徳島県

    阿南発電所(出力280.0万kW。石油)(徳島県阿南市)善通寺駐屯地 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た徳島県徳島県

    四国地方を構成する4県の中で、徳島県・香川県・愛媛県は島内交流と合わせて、本州四国連絡橋(本四架橋)もあり本州との交流も盛んである。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 市町村合併 (2000年代後半)

    市町村合併 (2000年代後半)から見た徳島県徳島県

    徳島県美馬郡脇町+美馬町+穴吹町+木屋平村=美馬市(新設/市制)市町村合併 (2000年代後半) フレッシュアイペディアより)

  • スピルオーバー

    スピルオーバーから見た徳島県徳島県

    北部沿岸部(徳島県のテレビを視聴)スピルオーバー フレッシュアイペディアより)

  • 穴内川ダム

    穴内川ダムから見た徳島県徳島県

    ところが徳島県が必要以上に吉野川の水を愛媛県や香川県に送水することに強く反発し、調整機関である「四国地方総合開発審議会」においても交渉が暗礁に乗り上げた。事態は長期化の様相を呈するようになり、総合開発計画は遅々として進まない状況となった。これに対して審議会に参加していた四国電力はこれ以上の長期化を好まず、早期かつ独自の電源開発計画遂行を模索するようになった。そして四国電力は審議会を離脱、独自に大森川と穴内川において水力発電事業を行うことを発表した。ここにおいて樫谷ダム計画は洪水調節目的を外した水力発電目的単独のダム計画として再度着手されることになり、1961年(昭和36年)より建設が開始され、1963年(昭和38年)にわずか二年間という短期間で完成した。これが現在の穴内川ダムである。穴内川ダム フレッシュアイペディアより)

  • 竜王山

    竜王山から見た徳島県徳島県

    龍王山(りゅうおうざん) - 徳島県三好市にある標高794mの山。竜王山 フレッシュアイペディアより)

  • 四国ガス

    四国ガスから見た徳島県徳島県

    徳島県 - 徳島および周辺各地(一部除外)四国ガス フレッシュアイペディアより)

  • 早明浦ダム

    早明浦ダムから見た徳島県徳島県

    この計画は主に経済安定本部によって示されたが、電源開発も独自の案を2案呈示し、発電事業への参画を目論んでいた。経済安定本部案・電源開発案双方でも早明浦ダムは事業の根幹として進められた。電発案では早明浦ダムを上池(吉野川第一発電所)、小歩危ダムを規模を大幅に縮小した上で下池(吉野川第二発電所)として揚水発電を行い、池田ダムを逆調整池として活用する計画であった。だが小歩危ダム建設は名勝の大歩危・小歩危を水没させる事から自然保護を巡り猛烈な反対運動を受け、計画は頓挫し小歩危ダム建設は1971年(昭和46年)に中止、早明浦ダム単独での発電に縮小となった。また調整機関として「四国地方総合開発審議会」が設立されたが、愛媛県による銅山川違法利水問題が発生したため、徳島県が分水の新規配分に関して反対し、調整が難航した。この間四国電力が審議会を離脱し独自のダム建設を進めた。早明浦ダム フレッシュアイペディアより)

  • 遍路道

    遍路道から見た徳島県徳島県

    四国霊場のうち四国八十八箇所の札所寺院を結ぶ一般的な遍路道の現状は次の通りである。ここでは旧国名で区分しているが阿波国と徳島県、土佐国と高知県、伊予国と愛媛県、讃岐国と香川県の範囲は一致している。遍路道 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
4896件中 1 - 10件表示

「徳島のできごと」のニューストピックワード