前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
694件中 1 - 10件表示
  • 霊魂

    霊魂から見た健康健康

    霊魂は、生きること、死生観の根源的な解釈のための概念の一つともされる。現代では、霊魂を肯定的にとらえることが、生きがいや健康といったものと深く関係があることが、様々な学者の研究によって明らかにされている。(→霊魂と死生観・全人的健康 )霊魂 フレッシュアイペディアより)

  • 免疫系

    免疫系から見た健康健康

    免疫系が異常を起こすと病気になる場合がある。免疫系の活動性が正常より低いと、免疫不全病が起こり感染の繰り返しや生命を脅かす感染が起こされる。免疫不全病は、重症複合免疫不全症のような遺伝病の結果であったり、レトロウイルスの感染によって起こされる後天性免疫不全症候群 (AIDS) や医薬品が原因であったりする。反対に自己免疫病は、正常組織に対しあたかも外来生物に対するように攻撃を加える、免疫系の活性亢進からもたらされる。ありふれた自己免疫病として、関節リウマチ、I型糖尿病、紅斑性狼瘡がある。免疫学は免疫系のあらゆる領域の研究をカバーし、ヒトの健康や病気に深く関係している。この分野での研究をさらに推し進めることは健康増進および病気の治療にも期待できる。免疫系 フレッシュアイペディアより)

  • 健康づくり

    健康づくりから見た健康健康

    健康づくり(けんこうづくり、Health promotion)は、世界保健機関の提唱する、人々が健康を管理し、より健康にすごせる可能性を模索する方法である。アメリカ合衆国では、健康づくりはより狭義に「適正な健康状態の獲得を目的とした、生活様式の改変を支援する科学と技術」であると考えられている。健康づくり フレッシュアイペディアより)

  • フィットネス

    フィットネスから見た健康健康

    健康分野でのフィットネス(英: fitness)とは、肉体的観点、健康的観点で望ましいと考えられている状態に適っている状態、およびそういう状態でいること、そういう状態でいる/状態になるために行う行為・活動などを指している。すなわち健康のための運動であり、セルフケアの一つを構成する。フィットネス フレッシュアイペディアより)

  • 禁煙ファシズム

    禁煙ファシズムから見た健康健康

    斎藤貴男は著書『国家に隷従せず』内「禁煙ファシズムの狂気」において、国家が国民の嗜好や健康を管理下におこうとすることを批判している。禁煙ファシズム フレッシュアイペディアより)

  • 山田重行

    山田重行から見た健康健康

    山田 重行(やまだ しげゆき、1946年12月 - )は、日本の厚生官僚、衛生学者(公衆衛生学・健康科学・基礎看護学)。学位は薬学修士(静岡薬科大学・1971年)、医学博士(浜松医科大学)。現在は、千葉大学看護学部教授。山田重行 フレッシュアイペディアより)

  • 息

    から見た健康健康

    たった一回の息が、全身のすみずみまで運搬されている。時には、息に意識を向け、息を調え、吸った息を活かせば、心身の調子を整えて健康的に過ごすこともでき、さらには生活まで改善可能だという。 フレッシュアイペディアより)

  • 城のある町にて

    城のある町にてから見た健康健康

    峻はある日、城の崖の蔭にある大きな井戸から汲んだ水で洗濯をする若い女たちを見ていた。その様子はとても健康的で幸福な眺めであった。その平明で単純な世界から、峻は国定教科書にあった唱歌の詩や、明るい子供の丸顔の挿絵を思い出し、憧憬を感じた。城のある町にて フレッシュアイペディアより)

  • 看護学

    看護学から見た健康健康

    看護学(かんごがく)とは、「新生児から高齢者まで人間の発達段階にある全ての人や家族、地域、それぞれ固有の健康問題の理解やその援助、もしくは健康の維持、増進について研究する学問」のことである。最近では、「生きる希望と力を与え、生まれたそのときから最期の瞬間までその人らしく生きることを支援するミクロからマクロまでを包含した学際的な学問」であるといわれる。看護学 フレッシュアイペディアより)

  • 保育

    保育から見た健康健康

    保育(ほいく、)は、乳幼児を適切な環境のもとで健康・安全で安定感をもって活動できるように養護するとともに、その心身を健全に発達するように教育することである。保育 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
694件中 1 - 10件表示