前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
542件中 1 - 10件表示
  • 倉敷芸術科学大学

    倉敷芸術科学大学から見た健康健康

    芸術学部(美術学科、工芸・デザイン学科、映像・デザイン学科)、産業科学技術学部(コンピュータ情報学科、起業学科)、生命科学部(生命科学科、健康科学科)となる。倉敷芸術科学大学 フレッシュアイペディアより)

  • 霊魂

    霊魂から見た健康健康

    霊魂は、生きること、死生観の根源的な解釈のための概念の一つともされる。現代では、霊魂を肯定的にとらえることが、生きがいや健康といったものと深く関係があることが、様々な学者の研究によって明らかにされている。(→霊魂と死生観・全人的健康 )霊魂 フレッシュアイペディアより)

  • 健康づくり

    健康づくりから見た健康健康

    健康づくり(けんこうづくり、Health promotion)は、世界保健機関の提唱する、人々が健康を管理し、より健康にすごせる可能性を模索する方法である。アメリカ合衆国では、健康づくりはより狭義に「適正な健康状態の獲得を目的とした、生活様式の改変を支援する科学と技術」であると考えられている。健康づくり フレッシュアイペディアより)

  • 禁煙ファシズム

    禁煙ファシズムから見た健康健康

    斎藤貴男は著書『国家に隷従せず』内「禁煙ファシズムの狂気」において、国家が国民の嗜好や健康を管理下におこうとする事を批判している。禁煙ファシズム フレッシュアイペディアより)

  • 国立健康・栄養研究所

    国立健康・栄養研究所から見た健康健康

    独立行政法人国立健康・栄養研究所(こくりつけんこう・えいようけんきゅうじょ、National Institute of Health and Nutrition)とは、栄養と健康に関する調査研究を行っている日本の研究機関である。2001年より独立行政法人となった。国立健康・栄養研究所 フレッシュアイペディアより)

  • ヘルスツーリズム

    ヘルスツーリズムから見た健康健康

    ヘルスツーリズム (Health Tourism) とは、医学的な根拠に基づく健康回復や維持、増進につながる観光のことである。ヘルスツーリズム フレッシュアイペディアより)

  • 看護学

    看護学から見た健康健康

    看護学(かんごがく)とは、「新生児から高齢者まで人間の発達段階にある全ての人や家族、地域、それぞれ固有の健康問題の理解やその援助、もしくは健康の維持、増進について研究する学問」のことである。最近では、「生きる希望と力を与え、生まれたそのときから最期の瞬間までその人らしく生きることを支援するミクロからマクロまでを包含した学際的な学問」であるといわれる。看護学 フレッシュアイペディアより)

  • 暮しと健康

    暮しと健康から見た健康健康

    暮しと健康(くらしとけんこう)は、保健同人社から発行されている健康雑誌である。暮しと健康 フレッシュアイペディアより)

  • 健康の社会的決定要因

    健康の社会的決定要因から見た健康健康

    健康の社会的決定要因(けんこうのしゃかいてきけっていよういん、Social determinants of health)とは、人々の健康状態を規定する経済的、社会的条件のことである。20世紀後半以来、人びとの健康や病気が、社会的、経済的、政治的、環境的な条件に影響を受けることが広く認められるようになり、その研究が進んでいる。また、健康の社会(的)規定因子や、健康の社会的決定因子とも呼ばれる。健康の社会的決定要因 フレッシュアイペディアより)

  • 栄養

    栄養から見た健康健康

    生物が、必要な物質を外界から摂取し、それを利用して生命活動を営み自らの健康を維持・増進したり、体を構成したりする現象である。このとき外界から取り入れられる物質のことも指しているが、取り入れられる物質は、より厳密には栄養素と呼ばれる。栄養素は一般的には食品から摂取する。食品や食事の面から栄養を研究する学問が栄養学である。栄養は以前は営養と表記されることも多かった。栄養 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
542件中 1 - 10件表示