694件中 11 - 20件表示
  • 国立健康・栄養研究所

    国立健康・栄養研究所から見た健康健康

    国立健康・栄養研究所(こくりつけんこうえいようけんきゅうじょ、National Institute of Health and Nutrition)は、栄養と健康に関する調査研究を行っている日本の研究機関である。前身は1914年に佐伯矩によって設立された、世界初の栄養学研究機関である営養研究所である(当時は栄養を「営養」と表記することが多かった)。1919年に内務省の栄養研究所として設置され、変遷を経て2001年より独立行政法人となったが、2015年に医薬基盤研究所と統合し、医薬基盤・健康・栄養研究所の傘下機関となった。国立健康・栄養研究所 フレッシュアイペディアより)

  • ヘルスツーリズム

    ヘルスツーリズムから見た健康健康

    ヘルスツーリズム (Health Tourism) とは、医学的な根拠に基づく健康回復や維持、増進につながる観光のことである。ヘルスツーリズム フレッシュアイペディアより)

  • 栗木清典

    栗木清典から見た健康健康

    静岡県立大学に赴任後は、10万人以上の健康状況を20年に渡って追跡する大規模コホート研究プロジェクトである「日本多施設共同コーホート研究」に携わっており、日本人の生活習慣や遺伝子と病気との関連について研究している。この研究は当初協力者の確保が思うように進んでおらず、スケジュールも遅れがちであった。その状況を知り「何としても食が豊かな静岡県でコーホートを立ち上げたい」と感じたため、主任研究者の浜島信之に依頼し、研究に参画させてもらうことになった。しかし、研究への参画にあたっては、2年間で最低5000名の協力者を確保するようノルマが課せられた。そのため、2011年から、静岡県立大学食品栄養科学部助教の遠藤香とともに県内で協力者募集に奔走し、最終的に6400名の協力者を確保することに成功した。多くの県民が協力者となってくれたことから、静岡県の県民性について「清水の次郎長親分のように誰かのために一肌脱ぐことをいとわない気質があるように思います。協力施設の方々はみなさん親切で、私はそうした好意に助けられています」と述べている。なお、「日本多施設共同コーホート研究」全体としても、目標であった10万名の協力者確保を達成している。栗木清典 フレッシュアイペディアより)

  • 医学史

    医学史から見た健康健康

    チャラカが改編した『チャラカ・サンヒター』には、健康や病気は前もって決まっておらず、寿命は人の努力によって延ばせるとある。スシュルタに帰せられる『スシュルタ・サンヒター』では、医学の目的を、病気の症状を治し、健康を守り、寿命を延ばすことであると定義している。どちらの著作にも、数多くの病気に対しての検査・診察・処置・予後について書かれている。古代インド医学は内科を重視するが、『スシュルタ・サンヒター』は、鼻形成術・切れた耳たぶの形成・会陰部切石術・白内障手術などの様々な種類の外科処置法について書いていることが特徴的である。医学史 フレッシュアイペディアより)

  • 衛生

    衛生から見た健康健康

    衛生(えいせい、英語・ドイツ語:hygiene)とは、「生」を「まもる」ことから健康をまもること、転じて健康の増進を意味する。今日では単に清潔のみを意味する場合も多い。また、医学の一分野として衛生学、保健衛生学と称されることもある。衛生 フレッシュアイペディアより)

  • LOHAS

    LOHASから見た健康健康

    LOHAS(ロハス、ローハス)とは、英語の "" (健康で持続可能な、またこれを重視する生活様式) の頭文字をとった略語で、「健康と地球環境」意識の高いライフスタイルを指す用語である。LOHAS フレッシュアイペディアより)

  • 公衆衛生

    公衆衛生から見た健康健康

    公衆衛生(こうしゅうえいせい、)は、集団の健康の分析に基づく地域全体の健康への脅威を扱う。健康は多くの機関により、さまざまに定義されている。疾病の実態調査の標準を設定・提供する国際連合の機関である世界保健機関は、健康を「身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない」と定義している。公衆衛生 フレッシュアイペディアより)

  • 健康の社会的決定要因

    健康の社会的決定要因から見た健康健康

    健康の社会的決定要因(けんこうのしゃかいてきけっていよういん、Social determinants of health)とは、人々の健康状態を規定する経済的、社会的条件のことである。20世紀後半以来、人びとの健康や病気が、社会的、経済的、政治的、環境的な条件に影響を受けることが広く認められるようになり、その研究が進んでいる。また、健康の社会(的)規定因子や、健康の社会的決定因子とも呼ばれる。健康の社会的決定要因 フレッシュアイペディアより)

  • ヒポクラテス

    ヒポクラテスから見た健康健康

    人生は短く、術のみちは長い と言う有名な言葉もヒポクラテスのものとされており、これは「ars longa, vita brevis アルスロンガ、ウィータブレウィス」というラテン語訳で現代でも広く知られている。病気は4種類の体液の混合に変調が生じた時に起こるという四体液説を唱えた。また人間のおかれた環境(自然環境、政治的環境)が健康に及ぼす影響についても先駆的な著作をのこしている。ヒポクラテス フレッシュアイペディアより)

  • 日本型食生活

    日本型食生活から見た健康健康

    「日本型食生活」とは、昭和50年代の日本人の食生活を基礎とし、米飯を中心とし、主菜、副菜があり、魚・野菜や果物など多種多様な食品を摂るという食事内容のことである。汁物および主菜1品と副菜2品から成る一汁三菜を基本としたもので、米飯を中心として組み立てることによって、和風のおかず・西洋風のおかず・中華風のおかず等々と組み合わせることができるものであり、栄養的なバリエーションがひろげやすい、バランスにすぐれた食事の組み立て方である。この米と魚と野菜の日本型の食生活をしてきたことが、日本人が世界有数の長寿であることの主たる理由だと国際的にも評価され、健康や長寿に良い食事スタイルである。また、他国への食糧依存度を高めないため食料自給率、食料安全保障からも望ましい食事スタイルである。日本型食生活 フレッシュアイペディアより)

694件中 11 - 20件表示

「心と体の健康」のニューストピックワード