542件中 71 - 80件表示
  • 環境の保全のための意欲の増進及び環境教育の推進に関する法律

    環境の保全のための意欲の増進及び環境教育の推進に関する法律から見た健康健康

    健全で恵み豊かな環境を維持しつつ、環境への負荷の少ない健全な経済の発展を図りながら持続的に発展することができる社会(持続可能な社会)を構築する上で事業者、国民及びこれらの者の組織する民間の団体(国民、民間団体等)が行う環境保全活動並びにその促進のための環境保全の意欲の増進及び環境教育が重要であることにかんがみ、環境保全活動、環境保全の意欲の増進及び環境教育について、基本理念を定め、並びに国民、民間団体等、国及び地方公共団体の責務を明らかにするとともに、基本方針の策定その他の環境保全の意欲の増進及び環境教育の推進に必要な事項を定め、もって現在及び将来の国民の健康で文化的な生活の確保に寄与すること。 (第1条、一部省略)環境の保全のための意欲の増進及び環境教育の推進に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 健康都市連合

    健康都市連合から見た健康健康

    健康都市連合(けんこうとしれんごう、)は、国際的な都市の連合体の組織であり、それぞれの都市の居住者の健康を守り、また生活の質の向上のために取り組む複数の都市のネットワークである。ネットワークとしてのつながりを広げ、他の都市の経験、知識や技術などを知り、国際的な協働を通して相互にその目的の達成を目指している。健康都市連合 フレッシュアイペディアより)

  • パンガミン酸

    パンガミン酸から見た健康健康

    Ernst T. Krebs親子の最初の特許出願ではパンガミン酸はアトピー、関節炎、がんなど様々な疾患、症状の治療に有効であるとされた。しかしその後の研究ではヒトまたはその他の哺乳類の健康に有効であるという説得力のある根拠は示されていない。パンガミン酸 フレッシュアイペディアより)

  • ヘルスケア

    ヘルスケアから見た健康健康

    ヘルスケア()とは、健康の維持や増進のための行為や健康管理のこと。ヘルスケア フレッシュアイペディアより)

  • 戦略論 (リデル=ハート)

    戦略論 (リデル=ハート)から見た健康健康

    1895年にフランスで生まれたリデル=ハートはケンブリッジ大学で学び、在学中に第一次世界大戦に将校として参加した。戦後の1927年に健康上の理由から退役した。1927以後には『モーニング・ポスト』などの特派員として、35年からは『ザ・タイムズ』の紙上で軍事評論を行い、第二次世界大戦の危機が高まるとイギリスの参戦に反対を唱えた。その意見を根拠付ける代表作として本書『戦略論』では独自の戦略理論を展開した。1935年から四年間にわたって陸軍大臣の顧問を務め、軍制改革と総力戦批判を主張していた。戦後には1948年に『ヒトラーと国防軍』、1960年に『抑止か防衛か』、1970年に『第二次世界大戦』などの著作を出版して1970年に死去した。戦略論 (リデル=ハート) フレッシュアイペディアより)

  • 標準体重

    標準体重から見た健康健康

    標準体重とは、ヒトが肥満でもやせでもなく、一定期間内の死亡率や罹患率が有意に低いなど、最も健康的に生活ができると統計的に認定された理想的な体重のことであり、年齢・身長・体脂肪率といった要素の全部、あるいは一部から求めるものである。用途によっていくつかの方法がある。理想体重とも言う。標準体重 フレッシュアイペディアより)

  • 西新宿カルチャープラザ

    西新宿カルチャープラザから見た健康健康

    講座の分野としては、美術15講座、書道7講座、語学4講座、手芸・工芸17講座、趣味・教養13講座、音楽13講座、舞踊・健康22講座、服飾・着付け3講座、生花・フラワー5講座、幼児・児童19講座で開講した。西新宿カルチャープラザ フレッシュアイペディアより)

  • 講談社+α文庫

    講談社+α文庫から見た健康健康

    2010年7月から「生き方・心理・宗教」、「ことば・事典・辞典」、「健康・科学」、「エンターテイメント」、「ビジネス・ノンフィクション・歴史」の5つのテーマ分類に再編した。講談社+α文庫 フレッシュアイペディアより)

  • シェル・レーヌ

    シェル・レーヌから見た健康健康

    株式会社ブランカ(Blanca)は、三重県鳥羽市に本店をおく菓子を生産・販売する企業。店頭にて70種類超の手作りのパンや菓子を販売する。より良い材料、健康に配慮した商品作りを心掛けている。また、2008年(平成20年)から毎年9月15日(旧・敬老の日)の売上を高齢者福祉のために地元の鳥羽市に寄付している。シェル・レーヌ フレッシュアイペディアより)

  • 湯長

    湯長から見た健康健康

    湯長の起源は、江戸時代末に「時間湯」という入浴法の前身のような形が行われるようになってからだと考えられている。明治7年頃に草津に治療にきていた「桂えん玉」という講談師が現在の軍隊式の号令をはじめた。桂が湯長の初代と言える。当時は湯長といわずに「隊長」と呼称。明治13年に熱の湯湯長として「野島小八郎」が湯長となる。野島は熱の湯初代湯長ではないが、町民はそう思い込んでいる人が多い。各時間湯にそれぞれ湯長がいた。ちなみに草津温泉最古の共同風呂鷲の湯初代湯長は「小松原勝蔵」で鷲の湯の碑にも推薦湯長として記述がある。この碑が時間湯関係の碑では一番古いものである。「鷲の湯」は昭和38年に時の施政者たちにより防火用水槽が必要との名のもとに源泉も埋められ壊された。「時間湯」とは、草津温泉の源泉の特性(非常に熱い温度の源泉(50度-90度)と刺激が強い酸性泉)を生かして考え出されたといわれている。この時間湯を療法として適切に管理をする重要な存在が湯長で、お湯に関する専門的な知識を活かし、主として療養目的に訪れた方に入湯方法をはじめ、温泉療法などについてアドバイスや入浴の管理をする。通常は、療養温泉施設に常駐し、来客者の健康管理や医師との仲介など様々な方面から治療者のサポートを行う。特に資格等はなく、主に推薦である。湯長 フレッシュアイペディアより)

542件中 71 - 80件表示

「心と体の健康」のニューストピックワード