694件中 81 - 90件表示
  • 社会生活

    社会生活から見た健康健康

    社会生活を送ることができている者というのは健康な者であるということである。この場合の健康というのは病気を患っていないということも意味しているが、これだけでなく精神的にも健康であるということである。精神的に健康であるということは社会においての人間関係が良い形で築き上げることができていることであり、精神的に健康であるならば、病気を患う危険性が減少したり、患った場合にでも治癒をする事が容易であるなどという利点が存在する。社会生活 フレッシュアイペディアより)

  • 医療社会学

    医療社会学から見た健康健康

    医療社会学(いりょうしゃかいがく、)とは、医療や保健、健康、病気に関する問題について、社会学的な側面からその性格を明らかにすると共に、問題解決に必要な科学的な根拠を提供する社会学の一分野である。医療社会学 フレッシュアイペディアより)

  • ジェーシー出版

    ジェーシー出版から見た健康健康

    その他、ヒット出版社が発行する料理・健康などの実用書の発売元となっている。ジェーシー出版 フレッシュアイペディアより)

  • 松阪農業公園ベルファーム

    松阪農業公園ベルファームから見た健康健康

    2004年(平成16年)4月21日に「都市と農村の交流拠点、自然や農業について学ぶ体験施設として、農業をはじめとする地域産業の振興を支援し、市民の健康及び福祉の向上並びに地域の環境と調和した魅力あるまちづくりに寄与する」ことを目的に設置された。伊勢自動車道松阪ICにほど近く車でのアクセスが良いことや、入場料が無料であることから、人気を博している。松阪農業公園ベルファーム フレッシュアイペディアより)

  • 低周波音

    低周波音から見た健康健康

    また、ヒトの聴覚では基本的に20Hz以下の音を感知することはできないとされるわけだが、その20 Hz以下の音は超低周波音と呼ばれる。この帯域では、相当に強い音圧でなければ、通常ヒトには知覚できないが、窓等がガタガタと鳴るなどの共鳴が起きる原因となる。また、不定愁訴の原因の1つとして、健康に悪影響があるとも言われ研究されている。低周波音 フレッシュアイペディアより)

  • コラーゲンマシーン

    コラーゲンマシーンから見た健康健康

    もともとは、医療用、または日照時間が少ない地域での健康のために使用する装置として開発された。コラーゲンという単語が使われているが、コラーゲンそのものが発生する機器ではない。現在は、オランダ製の機器の輸入が主流。コラーゲンマシーン フレッシュアイペディアより)

  • 服育

    服育から見た健康健康

    服育(ふくいく)とは、主に衣服に関連する事項を通して、TPO・マナーなどの社会性、環境問題、健康・安全、国際性・文化等に対する理解を深めさせ、子どもの生きる力を育てようという取り組み。2004年に大阪の繊維専門商社チクマが提唱し、日本の教育関係者の一部に広がっている。服育 フレッシュアイペディアより)

  • ヘッドスタート

    ヘッドスタートから見た健康健康

    これは、低所得者層の子供や家族に教育だけでなく、健康、栄養、そして両親をも巻き込んだサービスを提供しようというもので、2005年の下半期では、2,200万人の就学前の子供たちが、ヘッドスタートに参加している。規模としては、2005年を例にとっていえば、6,800億ドルの予算が、905万人以上の子供たちのために支出されている。子供たちの内、57%が、4歳かもしくはそれ以上の年齢で、43%の子供が、3歳かそれ以下である。サービスは、1,604のさまざまなプログラムにより提供され、ほとんどすべての州、すべての郡にまたがって48,000以上の教室で実施されている。平均して、1人の子供に対して7,222ドルの政府支出がなされているといってよいだろう。これは、連邦政府レベルの事業としては、宇宙開発に次ぐ予算規模である。ヘッドスタート フレッシュアイペディアより)

  • 自然の生存権

    自然の生存権から見た健康健康

    環境倫理学のほかの考え方との関係は次のようになる。ひとりひとりの人間は、さまざまな事物に経済的価値、健康・快楽といった幸福などの、価値を認めている。それは各人間や人類全体が幸福に生きていくという目的につながる。この達成において、環境問題は足かせとなる。そこで、自然や資源に価値を認めてそれを守るという目的を見出し、2つの価値や目的を比較しながら考え行動していくことで、足かせを無くそうというのが「自然の生存権」や「地球有限主義」である。そして、これらを長期的視点で考えようというのが「世代間倫理」である。自然の生存権 フレッシュアイペディアより)

  • 健康全書

    健康全書から見た健康健康

    健康全書(Tacuinum Sanitatis)は健康と幸福について書かれた中世の養生訓であり、11世紀のアラブ人であるイブン・ブトラーンが、バグダッドで学んだ医学をまとめた書物(Taqwim al?sihha )をもとにした写本である。「Taqwim al?sihha」は直訳すると「健康表」という題で、そのとおり健康のため留意すべき点が表となってまとまっているものだが、最初から図版がついているわけではなかった。それが健康全書 フレッシュアイペディアより)

694件中 81 - 90件表示