57件中 41 - 50件表示
  • 教育課程

    教育課程から見た高等学校必履修科目未履修問題高等学校必履修科目未履修問題

    かつては、国立学校・公立学校・私立学校ともに例外なく学習指導要領に従うことが学校教育の要だった。1998年改定時のゆとり教育導入に関する件により、学習指導要領は従来の「教育の上限」から「教育の下限」へとその性質を変えたとされるものの、下限でありながらも高等学校必履修科目未履修問題などが起こった。教育課程 フレッシュアイペディアより)

  • 情報 (教科)

    情報 (教科)から見た高等学校必履修科目未履修問題高等学校必履修科目未履修問題

    進学指導を優先し「情報教育=就職の基礎」と考える教員において、この教科を「生徒の進路(大学受験)と関係が無い」と軽視する傾向が見られ、社会に適応する教養としての情報教育に真剣に取り組もうとする教員の努力が理解されない懸念がある。かつては現職の教員の一部には例えば「情報」の時間にセンター対策等に「数学A,B」等のコンピュータをしてはどうか、と言う意見があったのは事実である。2006年(平成18年)の高等学校必履修科目未履修問題では世界史に次いで未履修の多かった教科が情報であり、高校側の情報に対する軽視が浮き彫りとなった。情報 (教科) フレッシュアイペディアより)

  • 日本新聞協会賞

    日本新聞協会賞から見た高等学校必履修科目未履修問題高等学校必履修科目未履修問題

    高校必修科目未履修」の特報(北日本新聞)日本新聞協会賞 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県立伊勢高等学校

    三重県立伊勢高等学校から見た高等学校必履修科目未履修問題高等学校必履修科目未履修問題

    2006年11月に 朝日新聞において高等学校必履修科目未履修問題が指摘された。三重県立伊勢高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 社会 (教科)

    社会 (教科)から見た高等学校必履修科目未履修問題高等学校必履修科目未履修問題

    中学入試・高校入試では地理・歴史・公民の3分野が均等に出題されるが、大学入試においては世界史・日本史・地理・現代社会など複数の科目を選択する形で出題される。ただし国語・社会・数学・理科・英語の5教科の中では最も出題されにくく、そのためかこれらの中ではやや軽視される傾向にある(高等学校必履修科目未履修問題も参照)。社会 (教科) フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎県立宮崎大宮高等学校

    宮崎県立宮崎大宮高等学校から見た未履修高等学校必履修科目未履修問題

    2006年 社会科の必修科目の未履修が発覚。平成18年度3学年に70時間分の補習が課せられた。宮崎県立宮崎大宮高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 超法規的措置

    超法規的措置から見た高等学校必履修科目未履修問題高等学校必履修科目未履修問題

    2006年に発生した高等学校必履修科目未履修問題の際に、当初伊吹文明文部科学大臣が慎重な姿勢を示していたが、与党の救済を求める声や安倍晋三首相の指示を受け、救済措置を取ると方針転換した。しかしこの措置は、学習指導要領に基づいたカリキュラムで学習した生徒達からは批判された。超法規的措置 フレッシュアイペディアより)

  • 10月24日

    10月24日から見た高等学校必履修科目未履修問題高等学校必履修科目未履修問題

    2006年 - 高等学校必履修科目未履修問題が初めて発覚。10月24日 フレッシュアイペディアより)

  • 清風中学校・高等学校

    清風中学校・高等学校から見た履修漏れ高等学校必履修科目未履修問題

    2006年(平成18年)11月 - 11月2日付の朝刊で「履修漏れ」の報道がなされた。芸術鑑賞への参加を芸術の1単位としていたことが発覚し、その年の2、3年生全員が補習を受けることになった。清風中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 大学共通第1次学力試験

    大学共通第1次学力試験から見た高等学校必履修科目未履修問題高等学校必履修科目未履修問題

    受験科目減少により、大学入試に不要な科目(「現代社会」、「理科I」)を別科目に置き換える高校が続出した。いわゆる高等学校必履修科目未履修問題はこのときからすでに発生していた。「現代社会」と「理科I」はわずか2年で事実上受験科目から外されることになった。大学共通第1次学力試験 フレッシュアイペディアより)

57件中 41 - 50件表示

「必修科目の未履修」のニューストピックワード