前へ 1 2 3 4 5 6
60件中 1 - 10件表示
  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た伊吹文明

    不足分の単位を履修するためには、本来1単位につき35単位時間の補習が必要であるが、中には4科目10単位も履修していない生徒もいたため(350単位時間の補習が必要)、卒業できない生徒が出る恐れもあった。そのため全国高校PTA連合会は10月27日、文部科学省に救済処置をとるよう要望書を提出した。問題発覚当初、伊吹文明文部科学大臣は救済に慎重な姿勢を示していたが、与党からの救済を求める声や安倍晋三首相の指示を受け、救済措置を取ると方針転換した。この救済処置は学校教育法施行規則の学習指導要領に違反しているため、超法規的措置といえる。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た学習指導要領

    高等学校必履修科目未履修問題(こうとうがっこうひつりしゅうかもくみりしゅうもんだい)とは、大学受験における進学実績を向上させることを重視した高等学校が、学習指導要領では必履修だが大学受験には関係ない教科や科目を生徒に履修させなかったため、単位不足となって卒業が危ぶまれる生徒が多数いることが判明した問題である。これは、地方のいわゆる「進学校」に多かった。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た高等学校

    高等学校必履修科目未履修問題(こうとうがっこうひつりしゅうかもくみりしゅうもんだい)とは、大学受験における進学実績を向上させることを重視した高等学校が、学習指導要領では必履修だが大学受験には関係ない教科や科目を生徒に履修させなかったため、単位不足となって卒業が危ぶまれる生徒が多数いることが判明した問題である。これは、地方のいわゆる「進学校」に多かった。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た安倍晋三

    不足分の単位を履修するためには、本来1単位につき35単位時間の補習が必要であるが、中には4科目10単位も履修していない生徒もいたため(350単位時間の補習が必要)、卒業できない生徒が出る恐れもあった。そのため全国高校PTA連合会は10月27日、文部科学省に救済処置をとるよう要望書を提出した。問題発覚当初、伊吹文明文部科学大臣は救済に慎重な姿勢を示していたが、与党からの救済を求める声や安倍晋三首相の指示を受け、救済措置を取ると方針転換した。この救済処置は学校教育法施行規則の学習指導要領に違反しているため、超法規的措置といえる。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た公立学校

    この結果、熊本県を除く46都道府県で、計600校以上、8万人を超える生徒が単位不足に直面した。公立高校の約8%、私立高校の約20%で単位不足が発覚した。国立高校では単位不足はなかった。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た大学受験

    高等学校必履修科目未履修問題(こうとうがっこうひつりしゅうかもくみりしゅうもんだい)とは、大学受験における進学実績を向上させることを重視した高等学校が、学習指導要領では必履修だが大学受験には関係ない教科や科目を生徒に履修させなかったため、単位不足となって卒業が危ぶまれる生徒が多数いることが判明した問題である。これは、地方のいわゆる「進学校」に多かった。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た教科書

    1978年(昭和53年)告示・1982年(昭和57年)度以降入学生実施の学習指導要領 1 から、新しい必履修科目として現代社会が加わった。現代社会が受験科目となる可能性に対して、高等学校の現場では不安が広がった。しかし実際には、共通一次試験を除き、ほとんどの大学は現代社会を入試科目として採用せず、一部の私立大学が、現代社会ではなく同等の倫理および政治・経済を受験科目(選択科目)とするなどに留まった。その結果、主に進学校では、現代社会の教科書を買わせるが、実際の授業は別の科目が行なわれることが多かった。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た休日

    そもそも高等学校の学習指導要領に無理があるとする意見もある。2002年4月以降、公立高校の授業が週5日制(週休2日制)となり、さらに2003年4月以降に入学した場合、学習指導要領が改訂され、中学校で削除された内容や、総合的な学習の時間・情報が増え、高校で教える内容は多くなったのに逆に授業時間数が減ったという問題がある。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た総合的な学習の時間

    また、2002年(平成14年)度実施の学習指導要領(高等学校では2003年(平成15年)度以降入学生対象)では、総合的な学習の時間や、必履修教科として情報の導入がおこなわれた。週の授業時間は最低28時間と、ますます必履修教科・必履修科目に配当する時間が削減された。夏季休業日の削減や0時間目、7時間目の導入によって学力保証を行なっていた背景から、必履修教科・必履修科目の解釈を読み換える「必履修逃れ」が慢性化した。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た中学校

    そもそも高等学校の学習指導要領に無理があるとする意見もある。2002年4月以降、公立高校の授業が週5日制(週休2日制)となり、さらに2003年4月以降に入学した場合、学習指導要領が改訂され、中学校で削除された内容や、総合的な学習の時間・情報が増え、高校で教える内容は多くなったのに逆に授業時間数が減ったという問題がある。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
60件中 1 - 10件表示

「必修科目の未履修」のニューストピックワード