60件中 11 - 20件表示
  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た大学入試センター試験

    加えて1987年より、現代社会が共通一次試験・大学入試センター試験の必答科目から削除された。その影響で、この決定がなされた1985年以降、普通科の高校では授業をしない学校が増加した。同様な事例は理科Iにもおきたが、こちらは共通一次試験・センター試験の科目が理科Iでの内容を含む範囲であったため、曲がりなりにも授業は行われていた。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た文部科学省

    不足分の単位を履修するためには、本来1単位につき35単位時間の補習が必要であるが、中には4科目10単位も履修していない生徒もいたため(350単位時間の補習が必要)、卒業できない生徒が出る恐れもあった。そのため全国高校PTA連合会は10月27日、文部科学省に救済処置をとるよう要望書を提出した。問題発覚当初、伊吹文明文部科学大臣は救済に慎重な姿勢を示していたが、与党からの救済を求める声や安倍晋三首相の指示を受け、救済措置を取ると方針転換した。この救済処置は学校教育法施行規則の学習指導要領に違反しているため、超法規的措置といえる。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た私立学校

    この結果、熊本県を除く46都道府県で、計600校以上、8万人を超える生徒が単位不足に直面した。公立高校の約8%、私立高校の約20%で単位不足が発覚した。国立高校では単位不足はなかった。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た自殺

    また未履修についての責任論から、茨城県と愛媛県の県立高校で自らの責任を感じた学校長が自殺する事件も発生した。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た古川学園中学校・高等学校

    2007年11月16日、福島県立白河高等学校が日本史・情報など必履修の科目や教科の一部を未履修のまま2006年度の3年生全員(317人)を卒業させていたことが発覚した。福島県教育委員会にも報告せず、短時間の補習やレポート提出などの救済措置も取らなかった。 また、同年12月には古川学園中学校・高等学校においても、必履修の教科科目の一部を未履修のまま2006年度の3年生を卒業させていたことが判明した。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た現代社会

    選択履修が学習指導要領に合っていなかった(例:「政治経済と倫理」か「現代社会」を履修する必要があるのに、政治経済しか履修しなかった、または倫理しか履修しなかった)高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た教育委員会

    このような事例は、既に1999年から熊本県・広島県・兵庫県で発覚していたが、2006年10月24日に富山県の富山県立高岡南高等学校で明らかになったことをきっかけに全国の高校で次々とこの問題が発覚した。1994年から世界史を含む2科目が必履修科目となった地理歴史科(以下地歴科)や、2003年に必履修教科として新設された情報科、その他にも理科総合・家庭科・芸術・保健などで履修不足が判明した。また、教育委員会に提出した授業計画と明らかに違う教育課程(いわゆる裏カリキュラム)を採用する学校や、教科の名前と中身が違う学校もあった。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た私立大学

    1978年(昭和53年)告示・1982年(昭和57年)度以降入学生実施の学習指導要領 1 から、新しい必履修科目として現代社会が加わった。現代社会が受験科目となる可能性に対して、高等学校の現場では不安が広がった。しかし実際には、共通一次試験を除き、ほとんどの大学は現代社会を入試科目として採用せず、一部の私立大学が、現代社会ではなく同等の倫理および政治・経済を受験科目(選択科目)とするなどに留まった。その結果、主に進学校では、現代社会の教科書を買わせるが、実際の授業は別の科目が行なわれることが多かった。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た超法規的措置

    不足分の単位を履修するためには、本来1単位につき35単位時間の補習が必要であるが、中には4科目10単位も履修していない生徒もいたため(350単位時間の補習が必要)、卒業できない生徒が出る恐れもあった。そのため全国高校PTA連合会は10月27日、文部科学省に救済処置をとるよう要望書を提出した。問題発覚当初、伊吹文明文部科学大臣は救済に慎重な姿勢を示していたが、与党からの救済を求める声や安倍晋三首相の指示を受け、救済措置を取ると方針転換した。この救済処置は学校教育法施行規則の学習指導要領に違反しているため、超法規的措置といえる。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見たオーストラリア

    課外授業を履修に振り替えていた(例:埼玉県の西武学園文理高等学校では、7日間のオーストラリアへの修学旅行とそのレポートをもって世界史を履修したことにしていた)高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

60件中 11 - 20件表示

「必修科目の未履修」のニューストピックワード