60件中 31 - 40件表示
  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た中高一貫校

    中高一貫校において、高校で履修すべき内容を中学校の科目で履修したとみなしていた(例:中学校の世界史を高校の世界史の単位と認定したが認められなかった)高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た履修

    高等学校必履修科目未履修問題(こうとうがっこうひつりしゅうかもくみりしゅうもんだい)とは、大学受験における進学実績を向上させることを重視した高等学校が、学習指導要領では必履修だが大学受験には関係ない教科や科目を生徒に履修させなかったため、単位不足となって卒業が危ぶまれる生徒が多数いることが判明した問題である。これは、地方のいわゆる「進学校」に多かった。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た学校5日制

    同時に、新学力観にあわせた新カリキュラム(以下新カリ)と呼ばれる、生徒の興味関心に合わせ、選択科目を充実させることを目的としたカリキュラムが編成された。しかし、学校5日制実施までは週32単位時間配当であったカリキュラムが、実施後は週29単位時間と3単位時間削減が必要となったにも関わらず、地歴・公民科、理科、家庭科などで必履修科目が増え、著しくカリキュラムは窮屈になった。またこの改定で、学校裁量時間という、学習指導要領によらない科目の設置も認められたため、特色ある学校づくりを行なう学校では、まったく新しい科目の新設も可能となった。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た卒業

    高等学校必履修科目未履修問題(こうとうがっこうひつりしゅうかもくみりしゅうもんだい)とは、大学受験における進学実績を向上させることを重視した高等学校が、学習指導要領では必履修だが大学受験には関係ない教科や科目を生徒に履修させなかったため、単位不足となって卒業が危ぶまれる生徒が多数いることが判明した問題である。これは、地方のいわゆる「進学校」に多かった。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た教育課程

    このような事例は、既に1999年から熊本県・広島県・兵庫県で発覚していたが、2006年10月24日に富山県の富山県立高岡南高等学校で明らかになったことをきっかけに全国の高校で次々とこの問題が発覚した。1994年から世界史を含む2科目が必履修科目となった地理歴史科(以下地歴科)や、2003年に必履修教科として新設された情報科、その他にも理科総合・家庭科・芸術・保健などで履修不足が判明した。また、教育委員会に提出した授業計画と明らかに違う教育課程(いわゆる裏カリキュラム)を採用する学校や、教科の名前と中身が違う学校もあった。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た倫理学

    選択履修が学習指導要領に合っていなかった(例:「政治経済と倫理」か「現代社会」を履修する必要があるのに、政治経済しか履修しなかった、または倫理しか履修しなかった)高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た教科

    高等学校必履修科目未履修問題(こうとうがっこうひつりしゅうかもくみりしゅうもんだい)とは、大学受験における進学実績を向上させることを重視した高等学校が、学習指導要領では必履修だが大学受験には関係ない教科や科目を生徒に履修させなかったため、単位不足となって卒業が危ぶまれる生徒が多数いることが判明した問題である。これは、地方のいわゆる「進学校」に多かった。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た西武学園文理高等学校

    課外授業を履修に振り替えていた(例:埼玉県の西武学園文理高等学校では、7日間のオーストラリアへの修学旅行とそのレポートをもって世界史を履修したことにしていた)高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た普通科 (学校)

    加えて1987年より、現代社会が共通一次試験・大学入試センター試験の必答科目から削除された。その影響で、この決定がなされた1985年以降、普通科の高校では授業をしない学校が増加した。同様な事例は理科Iにもおきたが、こちらは共通一次試験・センター試験の科目が理科Iでの内容を含む範囲であったため、曲がりなりにも授業は行われていた。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た家庭 (教科)

    このような事例は、既に1999年から熊本県・広島県・兵庫県で発覚していたが、2006年10月24日に富山県の富山県立高岡南高等学校で明らかになったことをきっかけに全国の高校で次々とこの問題が発覚した。1994年から世界史を含む2科目が必履修科目となった地理歴史科(以下地歴科)や、2003年に必履修教科として新設された情報科、その他にも理科総合・家庭科・芸術・保健などで履修不足が判明した。また、教育委員会に提出した授業計画と明らかに違う教育課程(いわゆる裏カリキュラム)を採用する学校や、教科の名前と中身が違う学校もあった。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

60件中 31 - 40件表示

「必修科目の未履修」のニューストピックワード