72件中 61 - 70件表示
  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た高等学校通信教育

    (注)高等学校(通信制を除く)では、50分の授業を1単位時間として、35単位時間の授業をおこなって1単位と計算する。2単位ならば70単位時間、4単位ならば140単位時間の指導が必要である。また多くの学校で修得に必要な出席率は8割としている。7割での単位認定は学校長の裁量による、特殊事情を考慮した認定であることが多い。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た文部科学大臣

    不足分の単位を履修するためには、本来1単位につき35単位時間の補習が必要であるが、中には4科目10単位も履修していない生徒もいたため(350単位時間の補習が必要)、卒業できない生徒が出る恐れもあった。そのため全国高校PTA連合会は10月27日、文部科学省に救済処置をとるよう要望書を提出した。問題発覚当初、伊吹文明文部科学大臣は救済に慎重な姿勢を示していたが、与党からの救済を求める声や安倍晋三首相の指示を受け、救済措置を取ると方針転換した。この救済処置は学校教育法施行規則の学習指導要領に違反しているため、超法規的措置といえる。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た必履修科目

    このような事例は、既に1999年から熊本県・広島県・兵庫県で発覚していたが、2006年10月24日に富山県の富山県立高岡南高等学校で明らかになったことをきっかけに全国の高校で次々とこの問題が発覚した。1994年から世界史を含む2科目が必履修科目となった地理歴史科(以下地歴科)や、2003年に必履修教科として新設された情報科、その他にも理科総合・家庭科・芸術・保健などで履修不足が判明した。また、教育委員会に提出した授業計画と明らかに違う教育課程(いわゆる裏カリキュラム)を採用する学校や、教科の名前と中身が違う学校もあった。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た静岡県

    都市部では難関有名私立高校や、大手予備校の本校舎など、公立高校以上に充実した学習のできる施設が多数存在するが、地方にはそのような施設が少ない。そのため、全国規模で争われる大学受験において都市部の生徒に太刀打ちするため、学校が受験に必要のない科目を削減していった。実際、東北6県や長野県・静岡県などの多くの高校で発覚し、県を代表する進学校で顕著であった。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た富山県

    このような事例は、既に1999年から熊本県・広島県・兵庫県で発覚していたが、2006年10月24日に富山県の富山県立高岡南高等学校で明らかになったことをきっかけに全国の高校で次々とこの問題が発覚した。1994年から世界史を含む2科目が必履修科目となった地理歴史科(以下地歴科)や、2003年に必履修教科として新設された情報科、その他にも理科総合・家庭科・芸術・保健などで履修不足が判明した。また、教育委員会に提出した授業計画と明らかに違う教育課程(いわゆる裏カリキュラム)を採用する学校や、教科の名前と中身が違う学校もあった。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た熊本県

    この結果、熊本県を除く46都道府県で、計600校以上、8万人を超える生徒が単位不足に直面した。公立高校の約8%、私立高校の約20%で単位不足が発覚した。国立高校では単位不足はなかった。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た広島県

    このような事例は、既に1999年から熊本県・広島県・兵庫県で発覚していたが、2006年10月24日に富山県の富山県立高岡南高等学校で明らかになったことをきっかけに全国の高校で次々とこの問題が発覚した。1994年から世界史を含む2科目が必履修科目となった地理歴史科(以下地歴科)や、2003年に必履修教科として新設された情報科、その他にも理科総合・家庭科・芸術・保健などで履修不足が判明した。また、教育委員会に提出した授業計画と明らかに違う教育課程(いわゆる裏カリキュラム)を採用する学校や、教科の名前と中身が違う学校もあった。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た兵庫県

    このような事例は、既に1999年から熊本県・広島県・兵庫県で発覚していたが、2006年10月24日に富山県の富山県立高岡南高等学校で明らかになったことをきっかけに全国の高校で次々とこの問題が発覚した。1994年から世界史を含む2科目が必履修科目となった地理歴史科(以下地歴科)や、2003年に必履修教科として新設された情報科、その他にも理科総合・家庭科・芸術・保健などで履修不足が判明した。また、教育委員会に提出した授業計画と明らかに違う教育課程(いわゆる裏カリキュラム)を採用する学校や、教科の名前と中身が違う学校もあった。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た政治・経済 (科目)

    選択履修が学習指導要領に合っていなかった。(例:「政治経済と倫理」か「現代社会」を履修する必要があるのに、政治経済しか履修しなかった、または倫理しか履修しなかった)高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た理科総合

    このような事例は、既に1999年から熊本県・広島県・兵庫県で発覚していたが、2006年10月24日に富山県の富山県立高岡南高等学校で明らかになったことをきっかけに全国の高校で次々とこの問題が発覚した。1994年から世界史を含む2科目が必履修科目となった地理歴史科(以下地歴科)や、2003年に必履修教科として新設された情報科、その他にも理科総合・家庭科・芸術・保健などで履修不足が判明した。また、教育委員会に提出した授業計画と明らかに違う教育課程(いわゆる裏カリキュラム)を採用する学校や、教科の名前と中身が違う学校もあった。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

72件中 61 - 70件表示

「必修科目の未履修」のニューストピックワード