1 2 3 4 5 6 7 次へ
63件中 61 - 63件表示
  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見たレポート

    2006年11月2日、文部科学省が救済措置の詳細を発表、各学校に通知した。最終年次に在学する生徒については、履修漏れが2単位(70単位時間)以下の場合は、不足授業数の3分の2の補習とレポートなどの提出を以って履修したものとし、履修漏れが2単位を超える場合は、70単位時間については未履修科目の特性などに応じて科目を割り振り、残りの不足分は免除し、レポートなどの提出を以って履修したものとすることとした。既卒者については不問とした。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た確率・統計

    また数学のうち「微分・積分」については、共通一次・センター試験および文系学部の二次試験、私大文系学部では出題されず、「確率・統計」についても「統計」分野は、当初旧課程の受験者を考慮して1986年までは出題範囲から外れ、その後センター試験時代を含めて結局出題されず、二次試験、私大でも出題されないところが多かったため、文系志望者では「微分・積分」「統計」、理系でも「統計」は学習せず、授業時間を既習分野の演習などにあてることが多かった。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高等学校必履修科目未履修問題

    高等学校必履修科目未履修問題から見た数学I

    (注)ただし、数学は「数学I」のみが必履修のため、文系で「微分・積分」を履修しないことそのものは問題にはならない。ただし、「微分・積分」の時間に他の科目を扱う場合には当然問題となる。また、「確率・統計」で「統計」の授業がない場合、当然単位時間が不足するわけだが、このことは当時は問題にされなかった。高等学校必履修科目未履修問題 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
63件中 61 - 63件表示