631件中 101 - 110件表示
  • 僕といっしょ

    僕といっしょから見た窃盗窃盗

    「たぶん」14歳。通称「イトキン」。捨て子であり、児童養護施設で育てられた孤児。施設を脱走し、窃盗などを働いてたくましく生きている。東京に出てきた先坂兄弟から金を騙し取ろうとしたことをきっかけに、彼らと共同生活をするようになる。髪型はラーメンマンのような辮髪。シンナー中毒で喫煙もする。辮髪を高速で回転させれば飛べると思っている。タトゥーを身体に彫っている、先輩に寝ているうちに彫られたといっている。まったくのカナヅチで目の前で溺れた子供さえ助けようとしない。なお、ET-KINGのいときんの名前の由来になった人物でもある。僕といっしょ フレッシュアイペディアより)

  • ヌスビトハギ

    ヌスビトハギから見た泥棒窃盗

    和名は、果実が泥棒の足跡に似ると言う。奇妙に聞こえるが、牧野富太郎によると、古来の泥棒は足音を立てないように、足裏の外側だけを地面に着けて歩いたとのことで、その時の足跡に似ている由。これは牧野富太郎による説で、フジカンゾウの別名がヌスビトノアシであることからの類推とのこと。他方で、『ヌスビト』が気づかないうちにその種子が人に取り付く性質を述べたとの説もある。ヌスビトハギ フレッシュアイペディアより)

  • シャキ

    シャキから見た泥棒窃盗

    主に警備犬としてさまざまなものを守るために使われた。主人の家や土地を番犬として守ったり、主人に付き添って猛獣や悪漢、盗賊などから身を護衛したり、家畜を泥棒や猛獣から守る護畜犬としてそれらと戦うのに使われている。又、時には猟犬としてさまざまな獲物のセントハント(嗅覚猟)に使われることもある。シャキ フレッシュアイペディアより)

  • 山陽鉄道列車強盗殺人事件

    山陽鉄道列車強盗殺人事件から見た窃盗窃盗

    これより先、鴨方駅近くの岡山県浅口郡六条院村(現在の浅口市鴨方町)にある六条院派出所に、男が宿を斡旋してほしいとやって来た。全身ずぶ濡れのうえ、脱いだ衣類を小脇に抱えていたため、警察官は無賃乗車もしくは窃盗犯とみて詰問していたが、「私は殺していない。殺したのは元吉だ」と口を滑らせたことから、列車内での殺人事件が露見した。この中島多次郎(当時23歳)の供述から鴨方駅の駅舎待合室にいた岩永元吉(当時23歳)を拘束した直後、福山駅から殺人事件の一報が入り、福山の警察署に送致された。山陽鉄道列車強盗殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 大米龍雲連続殺人事件

    大米龍雲連続殺人事件から見た窃盗窃盗

    破れた法衣をまとった流れ坊主となった大米は放浪の中で数々の強盗事件や窃盗事件を起こし、入出獄を繰り返していたが、三重県安濃津監獄で懲役4年を刑期を終え1913年1月4日に出獄後、犯行が凶悪化した。大米龍雲連続殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • コルトン・ハリス=ムーア

    コルトン・ハリス=ムーアから見た窃盗窃盗

    コルトン・ハリス=ムーア(、1991年3月22日‐)またはコルトン・ハリスムーアは、窃盗犯並びに逃亡者として知られたアメリカ合衆国(米国)国籍の白人男性である。2008年4月から2010年7月にかけて米国の少なくとも6州とカナダで窃盗と逃走を繰り返し、主にインターネット上で若者らに注目された。複数の犯行現場に裸足の足跡を遺したので「裸足の泥棒」(はだしのどろぼう)を意味する「」とか「」と呼ばれ、逮捕後に20世紀フォックスによってその逃亡生活を描く映画制作が開始された。コルトン・ハリス=ムーア フレッシュアイペディアより)

  • カシミール・シープドッグ

    カシミール・シープドッグから見た泥棒窃盗

    主に家畜を泥棒などから守る護畜犬として使われている。他の護畜犬種と同じく、仔犬の頃から家畜の群れの中で育てられ、犬と家畜の間で絆を結ばせた上で警備を行わせた。夜間に寝ずの番を行い、家畜を盗もうとする泥棒や猛獣が現れるとどちらかが死ぬまで戦い続ける。カシミール・シープドッグ フレッシュアイペディアより)

  • コモンドール

    コモンドールから見た泥棒窃盗

    生い立ちについてはよく分かっていないが、古くから存在する犬種である。ベルガマスコ・シェパード・ドッグやマレンマ・シープドッグのアブルツェーゼタイプのものなどが作出に用いられたと考えられている。このコモンドールという名を得たのは1544年であり、それ以前から存在していたことが確認されている。主に護畜犬として使われ、羊を狼や泥棒から守るのに使われていた。尚、羊を誘導する牧羊犬としての仕事はムーディ、プーミー、プーリーなど牧羊専門の犬種が務め、羊を守ることがコモンドールの専門職である。コモンドール フレッシュアイペディアより)

  • ブティア・シープドッグ

    ブティア・シープドッグから見た泥棒窃盗

    主に羊を泥棒や野獣から守る護畜犬として使われた。数百頭からなる大規模な羊の群れを3頭ほどで護衛し、羊が襲われたり危機に晒された場合には命を懸けて戦い、相手を退散させたり殺したりもする。尚、野獣などに急所である首を攻撃され窒息するのを防ぐため、使役犬は頑丈な皮製で鉄のスパイクがついた首輪をはめられる。ブティア・シープドッグ フレッシュアイペディアより)

  • シンド・マスティフ

    シンド・マスティフから見た泥棒窃盗

    主に猟犬、警備犬として使われた。猟犬としては3〜5頭のパックか単独でイノシシを狩った。獲物のにおいを追跡し、発見すると自ら飛び掛って仕留めた。警備犬としては家や土地を見張り、泥棒が入るのを防いだ。泥棒が入った際には命をかけて取り押さえたり、排除しようとして攻撃を仕掛け退治する。シンド・マスティフ フレッシュアイペディアより)

631件中 101 - 110件表示

「忍び込み窃盗」のニューストピックワード