488件中 111 - 120件表示
  • 自首

    自首から見た窃盗窃盗

    日本において「自首」という言葉の歴史は古く律令法の名例律には、罪の発覚以前に自首した者の罪を免ずる、また軽い罪で捕えられた者が未だに発覚していない重い罪の事実を自首すれば軽い罪についてのみ罰するとする「自首条」が設けられていた。江戸時代には、自首を自訴と称して刑の軽減理由としての考慮がされていたが、幕府評定所の記録では、社会秩序の維持を重視して自訴に否定的な意見も度々挙げられ、容認する意見についてもむしろ自訴に付随する共犯者についての密告が期待されている。だが、寛政9年(1797年)に老中より博奕などの重罪についても刑罰の軽減を許容する指図が出されて以後は、幕府がもっとも重大な犯罪として捉えていた窃盗以外の犯罪における自訴を認める慣例が成立している。自首 フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ラミレス

    リチャード・ラミレスから見た窃盗窃盗

    1960年2月28日、テキサス州エル・パソで、鉄道会社勤務の父ジュリアン・ラミレスと母メルセデスとの間の子(7人兄弟の末っ子)として生まれた。ラミレス家は厳格なカトリック教徒で、幼いリチャードも両親と一緒にミサに通っていた。9歳ごろから万引きや窃盗などの軽犯罪に手を染め、14歳になった辺りからマリファナ吸引をはじめるなど、非行行為が目立つようになった。当時の友人たちの話では、ラミレスは幼い頃からすでに一匹狼として行動することが多く、地元の少年ギャングのグループに加わることはなかったが、必要に応じてグループの高級住宅地荒らしを手伝ったりしてドラッグを買う金を稼いでいた。しかし、それにも飽き足らず仲間から金をすり取ったりしたため、不良少年たちの間で「こそ泥リッキー」などと陰口を叩かれていたという。リチャード・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • 大米龍雲連続殺人事件

    大米龍雲連続殺人事件から見た窃盗窃盗

    出獄後の大米の犯行は凶悪なもので、主に尼寺に押し込んで尼僧を陵辱してから金品を奪い、場合によっては犯行を隠す為に殺害し、放火するという残虐なものであった。司法によって認定された一連の犯行は、強盗殺人3件、強盗強姦5件、強盗7件、窃盗9件であるが、実際の殺人や強姦の被害者は相当数だという。強姦被害者の多くは尼僧であったが、中には一般女性や巫女までいたほか、老若関係なくその被害にあった。犠牲者の中には襲われて驚きの声を上げたところ、舌を手で引き抜かれ殺害された者もいたという。大米龍雲連続殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 白ロム

    白ロムから見た盗難窃盗

    また、携帯電話端末の販売方法が変更された2007年9月以降、各地の携帯電話店の在庫商品が盗難に遭う被害が相次ぐようになった。対象の多くは、SIMカードを差し替えれば使用できるNTTドコモとソフトバンクモバイルの商品で、不法に入手した端末を、インターネットオークションなどで大量に売りさばく事例も見受けられている。白ロム フレッシュアイペディアより)

  • 篠山警察署

    篠山警察署から見た窃盗窃盗

    また、管内の刑法犯罪は、2007年までは5年連続の減少傾向にあったが、2008年に入り、2月末で、窃盗犯罪が若干の増加傾向にある。篠山警察署 フレッシュアイペディアより)

  • 泥棒日記

    泥棒日記から見た窃盗窃盗

    同性愛、盗み、裏切りという三位一体の悪徳で、ジュネは、聖者にとって代わるものを追い求める。そのために、キリスト教の用語と概念を換骨奪胎する。泥棒たちは宗教儀式のごとく悪を営む。犯罪を準備する彼自身は、まるで「聖なる」生活を得ようと夜を徹して祈り続ける修道僧のように描かれる。泥棒日記 フレッシュアイペディアより)

  • 西村宗

    西村宗から見た泥棒窃盗

    手拭の頬被りで唐草模様の風呂敷を担いだ泥棒が出没したり、「KK(株式会社)」という表記が出る等、西村宗 フレッシュアイペディアより)

  • 首提灯

    首提灯から見た泥棒窃盗

    立ち呑み屋で細かい持ち合わせがなく、近くの古道具屋で仕込み杖を買って金をくずした男。男はその夜、表の扉をわざと開けておき、案の定入って来た泥棒を仕込み杖でためし斬り。びっくりして逃げる泥棒の首が……という筋立てで、オチは同じ。首提灯 フレッシュアイペディアより)

  • 権助芝居

    権助芝居から見た泥棒窃盗

    権助の役は「有職鎌倉山」の「非人の権平」という泥棒の役で、主家を牛耳ろうとする悪人の命令で家宝の鏡を宝蔵より盗み出すのだが、警備の侍に見つかってしまい立ち回りの挙句に捕縛される。そして、尋問に口を割ろうとするところへ件の悪人が現れて首を刎ねるという体のいい口封じをされてしまうという散々な物。権助芝居 フレッシュアイペディアより)

  • 始末の極意

    始末の極意から見た窃盗窃盗

    これは以下のそれぞれの理由から、寄席でネタにしても差し障りがないというもので、この「始末の極意」など、ケチや泥棒の登場する噺のマクラとして触れることが多い。始末の極意 フレッシュアイペディアより)

488件中 111 - 120件表示

「忍び込み窃盗」のニューストピックワード