631件中 111 - 120件表示
  • ライム・マスティフ

    ライム・マスティフから見た泥棒窃盗

    主にライム邸の見張りを行う警備犬として用いられた。さまざまな場所に配置されていたため、ライム邸で泥棒が盗みを働いて成功させたことは一度も無いといわれている。ライム・マスティフは不審な侵入者を発見すると激しく吠えて、威嚇して逃げ出させる。これに動じない場合はモロサス由来の獰猛性を発揮し、侵入者へ襲い掛かる。泥棒未遂を犯した男が、ライム・マスティフに右腕を食いちぎられ、意識を失って倒れていたという逸話も残されている。ちなみに、その男の生死に関しては語られていない。ライム・マスティフ フレッシュアイペディアより)

  • ミオリティック・シープドッグ

    ミオリティック・シープドッグから見た泥棒窃盗

    ミオリティックは同国原産のカルパチアン・シェパード・ドッグとタッグを組んで数匹の護衛団を作り、クマやヤマネコ、泥棒から羊を守る護畜犬として使われた。いざという時にはそれらと戦って倒すことが出来、姿も護衛能力も秀でた名犬としてルーマニアでは人気があった。ミオリティック・シープドッグ フレッシュアイペディアより)

  • バンドッグ

    バンドッグから見た泥棒窃盗

    バンドッグの仕事は主人の家や農地、建物などを泥棒から守ることである。不審な侵入者を発見すると激しく吠え、相手がそれにおびえない場合は飛びかかって格闘し、噛み付いて取り押さえ、撃退する。なお、フィラ・ブラジレイロの血が強めに入っている個体は訓練次第で相手を傷つけないで取り押さえ、主人が駆けつけるまで長時間確保しておくことができる。バンドッグ フレッシュアイペディアより)

  • アルパハ・ブルー・ブラッド・ブルドッグ

    アルパハ・ブルー・ブラッド・ブルドッグから見た泥棒窃盗

    上記の忠犬オットー号の他にも、もう一頭本種の歴史上で伝説の名犬として語られている犬がいる。その犬はヘンリー号といい、既出の通り、いかなることがあってもガードドッグとしての使命を果たしたことで有名になった。ヘンリー号は主人の所持する大きな倉庫を見張るためのガードドッグとして配置され、そこに侵入する泥棒や害獣から荷物を守っていた。伝わっている武勇伝は散弾銃を持った犯人がヘンリー号の主人を人質とし、倉庫に立てこもった事件が発生したときのことなどがある。このときヘンリー号は倉庫の外からガラスを破って中に入り、犯人を押し倒して確保し主人の命を守ったと伝えられている。この事件によりヘンリー号は体じゅうに激しい切り傷を負い、銃弾を一発受けて重症になったが、主人はほんの少しのかすり傷程度で済み、無事であった。アルパハ・ブルー・ブラッド・ブルドッグ フレッシュアイペディアより)

  • アナトリアン・シェパード・ドッグ

    アナトリアン・シェパード・ドッグから見た泥棒窃盗

    それらの犬種はおおむね2000年程の種としての歴史を持つが、アナトリアンが犬種として確立したのは1900年代と、以外に遅い(ただしそれの元となる犬は1800年代前後から存在していた)。カンガールをベースにカルスやアクバシュなどの先祖を共有するトルコ原産の護畜犬種の他、モロサスタイプの犬やワーキング・コリー、白い巨犬に属する犬などが自然交雑することにより出来上がった犬種である。トルコではヨーロッパやアジアなどから様々な種類の犬が行き交っていたためにこのような生い立ちを持ち、護畜犬として優秀な犬種に仕上がった。また、羊を狼や泥棒から守る護畜犬としてだけでなく、セントハント(嗅覚猟)のための猟犬や軍用犬としても使われ、トルコの中部で人気が高かった。アナトリアン・シェパード・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • モンゴリアン・フォアアイド・ドッグ

    モンゴリアン・フォアアイド・ドッグから見た泥棒窃盗

    チベタン・マスティフのモンゴル版の犬種で、紀元の遥か前から遊牧民とゲルの守り神として飼育されてきた。特別な超能力を持つ犬種であると信じられていて、通常の目の上にあるもう一つの「目」(タンのマーキング)は千里眼で、ある程度の未来を予知したり、悪霊や災いを追い払うことが出来るといわれる。超能力だけでなく力や防衛心も非常に優れていて、泥棒などが家畜や家族に襲い掛かってくると命を懸けて戦い、倒すことが出来る。モンゴリアン・フォアアイド・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • サル・ティプ

    サル・ティプから見た泥棒窃盗

    主に牛、羊、山羊を家畜泥棒や野獣から守る護畜犬として専門的に使われる。家畜に危害を加えるものが現れると徹底的に排除し、命をかけて守り抜く。昼間主人がいる間は外部者をむやみに攻撃しようとはしないが、夜間は寝ずの番を続け、怪しいと見なしたものには排除の鉄槌を下す。サル・ティプ フレッシュアイペディアより)

  • ビスベン

    ビスベンから見た泥棒窃盗

    本種はさまざまな役割を担うが、メインの使役は主人の家や野営地を侵入者から守る、警備犬として働くことである。この他には家畜を野獣や家畜泥棒から守る護畜犬として番を行い、外敵と命がけで戦ったり、猟犬として大型獣を仕留めるのに使われる。ビスベン フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・シェパード

    ジャック・シェパードから見た窃盗窃盗

    1702年、ロンドンのスピタルフィールズの近くに住んでいた、大工のジョン・シェパードの息子に生まれる。父親は同じくジャック・シェパード、またはジェントルマン・ジャックと呼ばれるほど尊敬された人物であった。息子のジャック・シャパードがまだ幼い頃に父は死亡し、シェパードは大工見習いとして働き、後に父と同じように大工として独り立ちする。しかし、すぐに街の不良や悪童と付き合い始め、空き巣や窃盗を繰り返し、収入の足しにするようになった。ジャック・シェパード フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・シェパード

    ジャック・シェパードから見た泥棒窃盗

    ジャック・シェパード(Jack Sheppard、1702年3月4日 - 1724年11月16日)は、18世紀初頭のロンドンで主に犯行を重ねた、イギリスの有名な泥棒ジャック・シェパード フレッシュアイペディアより)

631件中 111 - 120件表示

「忍び込み窃盗」のニューストピックワード