631件中 11 - 20件表示
  • 松山城放火事件

    松山城放火事件から見た窃盗窃盗

    熊本県警察は放火現場に血と膿が付着した紙くずから犯人の特定に成功。おりしも愛媛県に朝香宮訪問に伴う厳戒体制にあった1936年5月に宇和島市に偽名で宿泊中の古川某(当時34歳)を逮捕した。古川は当時梅毒に罹患しており、そのため手足から血膿がふいていた。逮捕後西日本各地で学校や寺院などに対する45件の放火と列車妨害にくわえ8件の窃盗を自供し、動機として「火を見ると興奮する」や「焼けば大工や左官の仕事がふえる」など屈折した心理が垣間見えていた。松山城放火事件 フレッシュアイペディアより)

  • はちゅねミクの日常 ろいぱら!

    はちゅねミクの日常 ろいぱら!から見た窃盗窃盗

    作中にも登場しているが、その度にもはやカィト以上にとんでもない扱いを受けている。ねぎの46では泥棒や誘拐を試みてぼかろ荘に侵入するが「プロレスごっこ」としてミクに仕掛けられたチョークスリーパーで気絶。気がつくと土の中に首から下を埋められた挙句金属バットで殴られそうになった(後述)。ねぎの53では雪山に閉じ込められた挙句ミクたちが乗っていたソリが激突してしまう。はちゅねミクの日常 ろいぱら! フレッシュアイペディアより)

  • 川端康成

    川端康成から見た泥棒窃盗

    翌1928年(昭和3年)、熱海の家に昨年暮から梶井基次郎が遊びに来て毎日のように囲碁などに興じていたが、正月3日に、真夜中に泥棒に入られた。川端は当初、襖を開けて夫婦の寝部屋を覗いていた男を、忘れ物を探しに来た梶井だと思っていたという。枕元に来た泥棒は、布団の中の川端の凝視と眼が合うとギョッとして、「駄目ですか」と言って逃げて行った。その言葉は、〈泥棒には実に意味深長の名句なのだらうと、梶井君と二人で笑つた〉と川端は語り、梶井も友人らに「あの名せりふ」を笑い話として話した。3月には、政府の左翼弾圧・共産党の検挙を逃れた林房雄、村山知義が一時身を寄せに来たこともあった。その後、横光利一が来て、彼らの汽車賃を出して3人で帰っていった。川端康成 フレッシュアイペディアより)

  • ホーム・アローン

    ホーム・アローンから見た泥棒窃盗

    泥棒コンビの一人。小太り体型。旅行前日のマカリスター邸に警察官を装って潜入し偵察。相方のマーヴと共に多くの家で窃盗を働いた。新たなターゲットとして旅行で留守になっているマカリスター邸を狙ったが、一人で残っていたケビンに計画を知られ、彼の仕掛けたトラップにかかるはめになる。ホーム・アローン フレッシュアイペディアより)

  • グリーンピース宅配便窃盗事件

    グリーンピース宅配便窃盗事件から見た盗難窃盗

    同社は配送ミスの可能性もあるとみて調べていたが、GPJ が同年5月15日の記者会見で送り主の了承を得ずに入手したと発表。また、GPJ海洋生態系問題担当部長の佐藤潤一(のちに逮捕、起訴される)は記者会見で「青森支店に電話をして、『報道で見ていると思いますが、私たちが持っている箱はそちらでなくなっているものですよ』と伝えた」と話し、同社は同月16日、青森県警青森署に盗難の被害届を提出した。グリーンピース宅配便窃盗事件 フレッシュアイペディアより)

  • 電気窃盗

    電気窃盗から見た窃盗窃盗

    電気窃盗(でんきせっとう)とは、電気を目的物とした窃盗のこと。盗電(とうでん)ともいう。電気の様態が他の財物とは大きく異なるため、過去にその犯罪の成否をめぐって激しい論争が繰り広げられた。電気窃盗 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団

    暴力団から見た窃盗窃盗

    「シノギ(凌ぎ)」と呼ばれる資金獲得行為には、いわゆる「みかじめ料」(縄張り内で一般人が商業を営む際の挨拶代や権利代。用心棒料)徴収などの恐喝行為(および、意に沿わない者や建造物等に対する放火や銃撃)、売春の斡旋、覚醒剤や麻薬などの薬物取引、窃盗、賭博(20世紀前半までは丁半、以降は闇カジノ)開帳、誘拐による身代金、闇金融、総会屋などの非合法な経済活動、何らかの理由で公に出来ない交渉事の請け負いや介入を行うことが多い。また、日本刀や銃器などを用いた団体間の抗争を行うことがあり、それによる殺人事件も発生している。刺青、指詰め、盃事(さかずきごと)などの文化を持つ。構成員は社会的には「暴力団員」と呼ばれるが、その他にも「ヤクザ」(転じて「ヤーさん」、「ヤっちゃん」等)、「極道」、「悪党」、「任侠」、「渡世人(とせいにん)」、「稼業人(かぎょうにん)」、「筋者」等、年少者の場合は「不良」、下級構成員の場合は「チンピラ」、「三下」等と呼ばれる。暴力団 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国における禁酒法

    アメリカ合衆国における禁酒法から見た窃盗窃盗

    アル・カポネとその敵対者バグズ・モランなど、シカゴの最も悪名高いギャングの多くは、違法なアルコールの売り上げを通して、何百万ドルもの大金を稼いだ。窃盗や殺人を含む犯罪の多くは、シカゴや、その他の禁酒法に関係する犯罪と関わっていた(ギャングの平均寿命が禁酒法施行前は55歳だったが、施行後には38歳にまで下がった。連邦捜査局の禁酒局捜査官も、ギャングとの銃撃戦で500名もの殉職者を生み、市民やギャングも、2千人以上が死亡したと言われている)。アメリカ合衆国における禁酒法 フレッシュアイペディアより)

  • 外国人犯罪

    外国人犯罪から見た窃盗窃盗

    犯罪内容として、1990年代初頭から叫ばれるようになった地下銀行や、不法滞在を既成事実化して不法就労を目的とした偽装結婚の犯罪傾向が2000年代に入ると、より深化・巧妙化するようになった。外国人犯罪でも1990年代中期から叫ばれ始めた自動車の窃盗事件では、犯行後に直接に外国への不正輸出というプロセスから、2000年代に入ると自動車を窃盗した後に解体というプロセスを経てから、改造後に外国に不正輸出するようになった点である。外国人犯罪 フレッシュアイペディアより)

  • メッツォコルソ

    メッツォコルソから見た泥棒窃盗

    メッツォコルソは牧牛犬として肉牛の誘導を行うほか、家畜をオオカミや泥棒から守る護畜犬として働く。通常、牧羊犬や牧牛犬は護畜犬としては働けないものが多いが、本種はマレンマ・シープドッグの血により緊急時に護畜犬として即急な対応を行うことができる。牧牛犬としてはカネ・コルソの血により大胆不敵で、リーダー格の牛の頭部に軽く攻撃を仕掛けて怒らせたり怯えさせたりして移動させ、それに従う他の牛もまとめて動かす方法で行う。メッツォコルソ フレッシュアイペディアより)

631件中 11 - 20件表示

「忍び込み窃盗」のニューストピックワード