631件中 31 - 40件表示
  • ホファヴァルト

    ホファヴァルトから見た泥棒窃盗

    犬種の歴史については不明であるが、1220年の記録には既に犬種として記されている古い犬である。主に農場や倉庫、主人の家を泥棒から守る番犬として使われていた。不審者を見つけると激しく吠えて主人に知らせるが、そのとき以外はあまり吠えず優しい性格であるためペットとしてもよく飼われていた。ホファヴァルト フレッシュアイペディアより)

  • カオ・デ・カストロ・ラボレイロ

    カオ・デ・カストロ・ラボレイロから見た泥棒窃盗

    主に牛を熊や狼、家畜泥棒から守るのに使われている。普段は大人しいが、いざという時には相手と命を懸けて勇敢に戦う。又、ある程度の牛の管理も行うことができ、いうことを聞かない牛を群れの中に戻すことができた。カオ・デ・カストロ・ラボレイロ フレッシュアイペディアより)

  • マヨルカン・シェパード

    マヨルカン・シェパードから見た泥棒窃盗

    主に護畜犬として羊を野獣や泥棒から守るのに使われているが、牧羊犬として羊を誘導させる仕事も併せて担っていた。又、農地や家を見張る番犬としても働き、万能であることから現地では作業犬として重宝されていた。マヨルカン・シェパード フレッシュアイペディアより)

  • ダッチ・パートリッジ・ドッグ

    ダッチ・パートリッジ・ドッグから見た泥棒窃盗

    主にキジや鶉、イワシャコ、ライチョウ、ノウサギを狩るために多目的に使われた。嗅覚で獲物を捜索し、発見すると主人に知らせるためにポインティングを行う。この際、必要に応じて主人の指示により獲物を茂みから飛び立たせるフラッシングを行うこともある。飛び出した獲物は主人が猟銃によって仕留め、それを回収して狩猟は完了する。この他にも、農場や家を見張る番犬や、家禽を泥棒などから見張る護禽犬(ごきんけん:護畜犬の禽バージョン)などとしても使われている。ダッチ・パートリッジ・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • オーストリアン・ショートヘアード・ピンシャー

    オーストリアン・ショートヘアード・ピンシャーから見た泥棒窃盗

    主に農地での作業を全般的にこなす、万能な犬種である。農場の番犬として見張りをしたり、ネズミを駆除したり、ウサギやキツネをセントハント(嗅覚猟)によって仕留めたり、地中に潜ったこれらを引きずり出して仕留めたりなどした。そのような猟犬としての働きだけでなく、羊や牛を誘導する牧羊犬・牧牛犬として走り回ったり、夜間にそれらを泥棒から守る護畜犬として働くことなどが仕事の全容である。オーストリアン・ショートヘアード・ピンシャー フレッシュアイペディアより)

  • スパニッシュ・ウォーター・ドッグ

    スパニッシュ・ウォーター・ドッグから見た泥棒窃盗

    農場では泥棒や害獣から作物を守るため、番犬として働いた。猟犬種ではないため狩猟能力は決して高くはないが、ネズミやなめてかかるウサギであれば仕留めることができる。スパニッシュ・ウォーター・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • ラフェイロ・ド・アレンティジョ

    ラフェイロ・ド・アレンティジョから見た泥棒窃盗

    主に牛や羊を狼や家畜泥棒などから守る護畜犬として使われていた。家畜に害を与えると見なしたものに対しては、排除の鉄槌を下す。この防衛本能の高さは後に本種自身を絶滅の危機から守ることにつながり、放牧が縮小され、天敵がほぼいなくなって仕事が減った現在も警備犬として使われるようになり、需要が減ることは無かった。ラフェイロ・ド・アレンティジョ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマラヤン・シープドッグ

    ヒマラヤン・シープドッグから見た泥棒窃盗

    主に家畜を泥棒から守る護畜犬として使われるが、牧羊犬や番犬として用いられる。昼間は牧羊犬として羊を誘導し、夜間は護畜犬として家畜の護身を行うか、主人と共に帰宅してその家を番犬として見張る。不審者が現れた場合は命をかけて戦い、必ず撃退させようと鉄槌を下した。ヒマラヤン・シープドッグ フレッシュアイペディアより)

  • ムクチェス

    ムクチェスから見た泥棒窃盗

    主に家畜を泥棒などから守る護畜犬などとして使われていた。家畜を盗んだり命を脅かそうとするものに対しては容赦なく攻撃を行い、命をかけて戦い、徹底的に排除した。この他、牛を誘導する牧牛犬としても使われた。ムクチェス フレッシュアイペディアより)

  • ブラジリアン・テリア

    ブラジリアン・テリアから見た泥棒窃盗

    用途が多く、作業犬としても人気の高い犬種である。テリアとしては地中に潜って害獣と戦って倒す他、ミニチュア・ピンシャーの血によりネズミ狩りの能力にも長けていた。又、番犬としても優秀で、農場や家の見張りを行った。見張りは一匹で行う他、原産地ブラジルではフィラ・ブラジレイロとコンビを組んで2匹で家の番をすることも行われている。フィラ・ブラジレイロは泥棒を怪我させること無く確保する、優れたガードドッグとしての能力を持っているが、その反面やや ものぐさ で夜には熟睡してしまうこともあり、その際にはガードドッグとしての役割を果たすことが出来なくなってしまう。このため、力こそ強くはないが、不審な侵入者を察知してよく吠えるブラジリアン・テリアが協力し、吠え声によってフィラを起こして不審者を捕らえさせる、という役割も果たす。その他初期の段階からよくドッグスポーツに使われたり、芸を仕込ませて見世物にするといった事にも使われた。もちろん、ペットやショードッグとしても飼育されている。ブラジリアン・テリア フレッシュアイペディアより)

631件中 31 - 40件表示

「忍び込み窃盗」のニューストピックワード