488件中 31 - 40件表示
  • チケット詐欺

    チケット詐欺から見た窃盗窃盗

    詐欺という犯罪自体の捜査優先度が低い(窃盗よりも下である)チケット詐欺 フレッシュアイペディアより)

  • チッピパライ・ハウンド

    チッピパライ・ハウンドから見た泥棒窃盗

    そのように猟犬として使われる他、家の番犬や敷地・農地を泥棒から守る警備犬としても使われている。家の番をするときは首輪を杭などにつながれているが、屋敷や敷地、農地などを見張る際には夜間になると自由に敷地内を歩き回ることが許される。サイトハウンド犬種の自慢である視覚を生かして侵入者を発見し、加速のある俊足でそれを捕らえるのが得意である。だが始めからむやみやたらに飛び掛るのではなく、まずは激しく吠えて相手を威嚇させ、追い払おうとする。それにも相手が応じない場合に限って飛び掛り、攻撃を行うのである。このように番犬・警備犬としての高い能力を買われ、しつけの飲み込みもよいことなどから、近年はチッピパライを警察犬として育成するという動きも進行中である。この試みが成功するかは明らかではないが、成功すれば外国から警察犬を輸入する(若しくは訓練師を招き入れる)ための費用など諸コストを軽減させることが出来るため、熱心に調教が行われているといわれている。もし正式に使われるようになればインド産犬種、及びサイトハウンド犬種では初の警察犬ということになる。チッピパライ・ハウンド フレッシュアイペディアより)

  • アークトゥルス (ゲーム)

    アークトゥルス (ゲーム)から見た窃盗窃盗

    窃盗であれ殺人であれ、金になる仕事は何でもする集団。アビタース・ヘリテッジの実態を知るものは、誰一人としていない。数多くの訓練を受けているため、戦闘のプロフェッショナルになっている。アークトゥルス (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 五味武

    五味武から見た窃盗窃盗

    22歳のとき、窃盗・暴行・公文書偽造・同行使詐欺未遂・銃砲刀所持禁止令違反・進駐軍の財物の不法所持の罪で3年6ヶ月の実刑判決を受け、宮城刑務所で服役。五味武 フレッシュアイペディアより)

  • 不動産侵奪罪

    不動産侵奪罪から見た窃盗窃盗

    従来、不動産窃盗は窃盗罪とならないとされてきたが、戦後不動産の価値が高騰したため、不動産に対する占有奪取行為も犯罪とする必要が生じたため新設された。不動産侵奪罪 フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・カマルゴ・バルボサ

    ダニエル・カマルゴ・バルボサから見た窃盗窃盗

    1958年、カマルゴはボゴタにて窃盗の罪で最初に逮捕されている。ダニエル・カマルゴ・バルボサ フレッシュアイペディアより)

  • カラカハン・ドッグ

    カラカハン・ドッグから見た泥棒窃盗

    カラカハン・ドッグは狼とは切っても切れないかかわりを持っている犬種である。このかかわりは本種の作出の際に狼の血が加えられたことだけではない。狼は通常の野生の獲物(鹿などの哺乳類)を得る事が出来なくなる位に頭数が増加すると、カラカハン・ドッグが守るべき存在である羊を襲うことがある。これをカラカハン・ドッグが追い払う事により頭数を正常なものに戻し、生態系を維持するという大切な役割を担っていたのである。しかし、もとよりカラカハン人は生態系についての知識を深く持っていなかったため、このような生態系の維持が行われていたことを近年になるまで知らなかった。そのため、狼はむやみに羊を襲う泥棒・害獣としてのみとらえられ、毒薬の開発が行われると多くの狼が毒殺されるようになり、頭数が一気に減少し絶滅寸前になってしまった。狼の頭数が減少したことにより羊を守る必要が無くなり、これに伴いカラカハン・ドッグの頭数も劇的に減少して、こちらも絶滅の危機に追いやられてしまった。カラカハン・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • モンゴリアン・フォアアイド・ドッグ

    モンゴリアン・フォアアイド・ドッグから見た泥棒窃盗

    チベタン・マスティフのモンゴル版の犬種で、紀元の遥か前から遊牧民とゲルの守り神として飼育されてきた。特別な超能力を持つ犬種であると信じられていて、通常の目の上にあるもう一つの「目」(タンのマーキング)は千里眼で、ある程度の未来を予知したり、悪霊や災いを追い払うことが出来るといわれる。超能力だけでなく力や防衛心も非常に優れていて、泥棒などが家畜や家族に襲い掛かってくると命を懸けて戦い、倒すことが出来る。モンゴリアン・フォアアイド・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • 富士高校放火事件

    富士高校放火事件から見た窃盗窃盗

    1973年10月26日、東京都中野区弥生町にある都立富士高校の三か所から出火する事件が発生。非常ベルが鳴ったこともあり、被害はそれほど大きなものにはならなかったものの、六十七平方メートル余りが焼けた。捜査では同校に所属している生徒への聞きこみが開始された。そして容疑者として同高校定時制に在籍しているAが浮上した。Aは住居侵入の前科があった。Aはまず別件の警察の制服を盗んだ窃盗の容疑で逮捕。Aは窃盗についてはすぐに認めた。家宅捜査によって他に十二件の窃盗が発覚してこれについては中野簡易裁判所に起訴され有罪が確定。放火については当初否認した後、自白、否認を繰り返したのち、現住建造物等放火罪で起訴された。富士高校放火事件 フレッシュアイペディアより)

  • ヤン・ギィユー

    ヤン・ギィユーから見た窃盗窃盗

    ヤン・ギィユーはストックホルムのヴァーサ・レアル(Vasa Real)に入学したが 暴力、窃盗、脅迫といった理由で放校となり、次に2年間セーデルマンランド県にあるソルバッカ(Solbacka)・ ボーディングスクールに通ったがここからも放校処分にされた。ギィユーは1964年にヴィグビュホルム(Viggbyholm)にあるボーディングスクールのヴィグビュホルム校(Viggbyholmsskolan)で卒業試験(studentexamen)を受け、学業を終えた。ギィユーは、残虐な継父からの絶え間ない虐待とサルバッカ校での苛めの中での自身の成長を半自伝的小説『エリックの青春』(原題 Ondskan:悪魔、1981年)の中で記している。ギィユーの母親、姉妹とサルバッカ校時代の教師と学友達はギィユーの告白に異を唱え、この本のことを法螺話だとしている。ヤン・ギィユー フレッシュアイペディアより)

488件中 31 - 40件表示

「忍び込み窃盗」のニューストピックワード