631件中 41 - 50件表示
  • フィラ・ブラジレイロ

    フィラ・ブラジレイロから見た泥棒窃盗

    15世紀にマスティフ種の犬、オールド・イングリッシュ・ブルドッグ、ブラッドハウンドを交配させて作出した犬種である。もともとは大型獣を狩るために作出されたのだが、獲物に怪我をさせずに生け捕る事が出来るため、番犬とガードドッグとして使われる事になり、敷地に入ってきた泥棒や逃げ出した奴隷を無傷で生け捕りにした。マスティフの力強さ、オールド・イングリッシュ・ブルドッグの粘り強さ、ブラットハウンドの鋭い嗅覚を持ち合わせているため、アメリカ合衆国やヨーロッパなどにも輸出され、ガードドッグとして人気が出てきている。20世紀にはFCIにも公認犬種として登録された。フィラ・ブラジレイロ フレッシュアイペディアより)

  • 自動車盗

    自動車盗から見た窃盗窃盗

    自動車盗(じどうしゃとう)は、自動車の窃盗のことを指し、警察白書では窃盗の一形態に分類される。自動車等の積荷や車両内から現金や品物を盗むことは車上狙いにあたるので同記事を参照のこと。自動車盗 フレッシュアイペディアより)

  • カルパチアン・シェパード・ドッグ

    カルパチアン・シェパード・ドッグから見た泥棒窃盗

    カルパチアン・シェパード・ドッグは主に羊などをオオカミや泥棒から守るために使われている。羊や家族を襲うものに対しては勇敢に戦いを挑み、場合によっては命を落とすまで戦う。又、副業としてある程度牧羊犬に似た働きを行うこともある。それは羊を移動させる際にそれの後ろから吠えて進ませることであるが、通常の牧羊犬のように羊を自由自在に操ることは出来ない。通常その仕事は専門の犬種の任せるのが主流である。カルパチアン・シェパード・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • 早川一家

    早川一家から見た泥棒窃盗

    一見平和な早川家は実は、泥棒、殺し屋、弁護士、詐欺師、警察官という大変な構成の一家。家族の裏の顔を知っているのは次男の圭介(けいすけ)のみ。早川一家 フレッシュアイペディアより)

  • ピカルディ・シープドッグ

    ピカルディ・シープドッグから見た泥棒窃盗

    主に牧羊犬として羊を誘導するが、牧牛犬として牛の誘導も行うことが出来る。この他、家畜や家禽をオオカミや泥棒から守る護畜犬や、家を見張る番犬などとしても用いられた。ピカルディ・シープドッグ フレッシュアイペディアより)

  • 西村博之

    西村博之から見た窃盗窃盗

    。東京都立北園高等学校在学中はフジテレビ系『アインシュタインTV』が好きで、物理学専攻を志望していたが、代数の教師と相性が悪く、単位を落として理系進学を断念。高校時代は万引きや自転車のサドルの窃盗を行い、マジックマッシュルームを摂取したことがある他、泥酔して警察に連行され説諭されたので派出所でウィスキーをばら撒いたことがあると語っている。同校を卒業した時の成績は、下から10番以内だったという。代々木ゼミナール池袋校での1年間の浪人を経て、1996年4月、中央大学文学部教育学科心理学コース入学。文化連盟犯罪科学研究会というサークルに所属するも、会計を担当した際、帳簿をつけない等のずさんな事務を問われ退会した。在学中、原付バイクで交通事故に遭い、その慰謝料で1998年夏には米国アーカンソー州のアーカンソー中央大学(University of Central Arkansas)へ一年間留学(学内選抜による給費留学)した。西村博之 フレッシュアイペディアより)

  • 呼べど叫べど

    呼べど叫べどから見た泥棒窃盗

    ある西部の町の保安官とドルーピーは大金を預かる仕事をしていた。保安官は事務所の金庫に金をしまうと、ドルーピーに「金庫に何かあったら音で知らせろ。そしたらワシの出番だ。」とドルーピーに金庫の番を任せ、隣室に行く。それを見ていた2人組の泥棒は、金を盗もうと手を替え品を替えて金庫破りを試みるが、2人より数段上手(うわて)なドルーピーはことごとくそれをはねのけ、翻弄する。すなわち、泥棒たちは音を立てて保安官に気付かれないようにあれこれ手を尽くすが、それを逆手に取ったドルーピーに、灼熱したドリルを握らされたりダイナマイトを渡されたりと、痛い目に遭わされ続け、音や声を聞かれてはならないので、事務所を飛び出しては山の中で悲鳴を上げ、爆発させる。こうしたギャグの繰り返しが息つく間もなく続き、テンポもよく、二人の泥棒の掛け合いも巧みで、話を盛り上げている。呼べど叫べど フレッシュアイペディアより)

  • カラカハン・ドッグ

    カラカハン・ドッグから見た泥棒窃盗

    カラカハン・ドッグは狼とは切っても切れないかかわりを持っている犬種である。このかかわりは本種の作出の際に狼の血が加えられたことだけではない。狼は通常の野生の獲物(鹿などの哺乳類)を得る事が出来なくなる位に頭数が増加すると、カラカハン・ドッグが守るべき存在である羊を襲うことがある。これをカラカハン・ドッグが追い払う事により頭数を正常なものに戻し、生態系を維持するという大切な役割を担っていたのである。しかし、もとよりカラカハン人は生態系についての知識を深く持っていなかったため、このような生態系の維持が行われていたことを近年になるまで知らなかった。そのため、狼はむやみに羊を襲う泥棒・害獣としてのみとらえられ、毒薬の開発が行われると多くの狼が毒殺されるようになり、頭数が一気に減少し絶滅寸前になってしまった。狼の頭数が減少したことにより羊を守る必要が無くなり、これに伴いカラカハン・ドッグの頭数も劇的に減少して、こちらも絶滅の危機に追いやられてしまった。カラカハン・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • 盗難事件

    盗難事件から見た窃盗窃盗

    盗難事件 フレッシュアイペディアより)

  • スパニッシュ・マスティフ

    スパニッシュ・マスティフから見た泥棒窃盗

    紀元前2000年頃に、フェニキア人がもたらしたモロサスタイプの犬種が基になっていて、これを護蓄用の犬種として改良し、土着の犬種と交配させて作られたと考えられている。主に家畜を狼や泥棒から守るのに使われていたが、力が強いため、イノシシ狩りにもよく使われた。第二次世界大戦が起こった際には大きな被害を受けたが、愛好家の手によって保護されていたために、絶滅せずに生き残ることが出来た。スパニッシュ・マスティフ フレッシュアイペディアより)

631件中 41 - 50件表示

「忍び込み窃盗」のニューストピックワード