631件中 81 - 90件表示
  • 葛飾区窃盗放火事件

    葛飾区窃盗放火事件から見た窃盗窃盗

    葛飾区窃盗放火事件(かつしかくせっとうほうかじけん)とは、2009年9月に東京都葛飾区で発生した窃盗及び放火事件。葛飾区窃盗放火事件 フレッシュアイペディアより)

  • 日常活動理論

    日常活動理論から見た窃盗窃盗

    日常活動理論は、犯罪は社会的な原因によるものと信じる社会学者との間で論争を引き起こしている。しかし、いくつかの種類の犯罪は、日常活動理論により非常に良く説明される。たとえば、P2Pファイル共有による著作権侵害、業務上の窃盗、ある種のヘイトクライムや企業犯罪などが該当する。日常活動理論 フレッシュアイペディアより)

  • 下着泥棒

    下着泥棒から見た窃盗窃盗

    下着泥棒 フレッシュアイペディアより)

  • スクラップ (テレビドラマ)

    スクラップ (テレビドラマ)から見た窃盗窃盗

    結婚詐欺師の女性(石田えり)と詐欺・窃盗罪の男性(世良公則)が身寄りのない万引き常習犯の幼い男児と暮らすことになった、「模擬家族」をテーマにした作品。スクラップ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • アルサラスの贖罪

    アルサラスの贖罪から見た泥棒窃盗

    幸運の女神に愛されているような強運により、次々と獲物を手にする手練れの泥棒・アルサラス。 しかしそんな彼にもツキに見放される時がやってきた。過去にも失敗はあっても、すぐにツキが回復していたが、今回ばかりはそうはいかなかった。次々に降りかかる不運と危険をかいくぐりつつ、諸国を渡ったアルサラスはヒュール国に逃れる。そこには旧知の男・ナブジョルの野営地があった。アルサラスの贖罪 フレッシュアイペディアより)

  • マレンマ・シープドッグ

    マレンマ・シープドッグから見た泥棒窃盗

    マレンマーノは2000年以上の歴史を持つと考えられている古い犬種である。グレート・ピレニーズのような大きくて白くもこもことした犬種のなかまで、マレンマーノはグレート・ピレニーズの先祖にあたる。ホワイトのコートが好まれたのは、夜間でもよく見えて不審者や狼との区別がつけやすいからである。羊を泥棒や狼から守る家畜護身犬として働く他、夏には羊と一緒にその厚いコートを刈り取ってセーターなどの衣服の材料にもなった。作業犬として働いている個体は、丈夫な皮製で鉄の釘がついた首輪をつけて首の急所を守っている。2度の世界大戦が起こったときは力強くて体力のある犬種であったため伝令犬として使われたこともあった。そのため、世界各地で多くの犬種が絶滅していく中でも生き残る事が出来た。マレンマ・シープドッグ フレッシュアイペディアより)

  • スロヴェンスキー・チュヴァック

    スロヴェンスキー・チュヴァックから見た泥棒窃盗

    チュヴァックは他の親せき犬種と同じく家や家畜を狼や家畜泥棒から守るのに使われ、夜間も警戒を怠ることなく警備を行えたため重宝されていた。ホワイトのコートが好まれているのはちゃんとした理由があり、夜間に泥棒や狼を取り押さえたり戦っている時にそれらと間違えられて射殺されないように見分けるために改良された。ホワイトのコートは暗夜でも見やすく、それらの外敵とチュヴァックを区別するのに非常に都合が良いのである。スロヴェンスキー・チュヴァック フレッシュアイペディアより)

  • タトラ・シェパード・ドッグ

    タトラ・シェパード・ドッグから見た泥棒窃盗

    14世紀には既に犬種として存在していた。ルーツはハンガリーのクーヴァーズで、イタリアのマレンマ・シープドッグの血も入っているのではないかとする説もある。親せき種と同じく、タトラも羊の群れを家畜泥棒から守るのに使われた。あらゆる天候下でも活動する事が出来、夜間も優秀に見張りを行っていた。ホワイトのコートのため、夜間でも部外者との区別がつけやすいというりてんも持っている。又、第二の用途として夏になると羊と一緒にコートを刈られて、その毛を織物に使ってセーターなどの衣類を作るのにも役立っていた。タトラ・シェパード・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • グリーク・シープドッグ

    グリーク・シープドッグから見た泥棒窃盗

    16世紀ごろに出来たとされる犬種で、17世紀にはこれの小型版犬種であるスパルタ・シープドッグが作出された。専ら作業犬として羊の群を狼や泥棒から守るために使われていて、スパルタ・シープドッグが作出されてからも人気を維持し続けた。かつては羊と同じ毛色であり、夜も簡単に見つけることが出来るホワイト若しくはクリームの毛色が好まれていて有色のものは処分されていたが、ショードッグとして飼われるものが出てくると有色のものもスタンダードとして認められるようになっていき、作業用のものも次第に有色個体に対する偏見が無くなっていった。しかし、ほとんどが作業犬として使われているため、海外での知名度はあまり高くない。グリーク・シープドッグ フレッシュアイペディアより)

  • 制裁棒

    制裁棒から見た窃盗窃盗

    アイヌ社会において一番の悪事とは、窃盗である。窃盗犯を処分するに当たり、コタンの長や長老は、この棍棒を用いて罪人を杖刑に処すか、あるいはアキレス腱切断に処した。制裁棒の形状は多様であり、ギザギザ状の(歯車を重ねたような)もの、そろばん玉のような玉をいくつも連ねたようなものなど個性がある(児玉コレクションに数点所蔵されており、柄頭には紐が結ばれている)。制裁棒 フレッシュアイペディアより)

631件中 81 - 90件表示

「忍び込み窃盗」のニューストピックワード