前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
121件中 1 - 10件表示
  • 日本共産党

    日本共産党から見た志位和夫志位和夫

    2001年12月22日の九州南西海域工作船事件では当初は態度を表明しなかったが、委員長志位和夫は「日本への主権侵害に対応するのは第一義的に警察力である海上保安庁だ。その機能を充実させることは必要だ」と発言し、後に海上での攻撃を可能とする海上保安庁法改定案に賛成した。日本共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 赤旗まつり

    赤旗まつりから見た志位和夫志位和夫

    幹部会委員長志位和夫の演説赤旗まつり フレッシュアイペディアより)

  • 第3次安倍内閣 (第1次改造)

    第3次安倍内閣 (第1次改造)から見た志位和夫志位和夫

    八幡和郎は、知事公選が始まって以降で、鳥越が千葉県の加納久朗や岐阜県の武藤嘉門以来約半世紀ぶりとなる高齢新人候補であり、厳しい主張をせずいい加減だから統一候補として好都合だったと分析した。共産党委員長の志位和夫も「都知事選で勝利すれば次への計り知れないステップになる」と衆院選を視野に入れた擁立であることを認めている。第3次安倍内閣 (第1次改造) フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の政治

    2017年の政治から見た志位和夫志位和夫

    15日 - 日本共産党第27回大会が開催され、志位和夫委員長が次期衆院選に向け、野党共闘の結束を呼び掛けた。なお、党大会には野党共闘のパートナーである民進党・社民党・自由党の党首級幹部が来賓として招待される。ちなみに、他党の幹部が共産党の最高意思決定機関である党大会に参加するのは初めて。2017年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 民共共闘

    民共共闘から見た志位和夫志位和夫

    2015年夏、国会は平和安全法制審議一色に染まり、共産党をはじめ野党の反対派はピケ戦術を行った。院外でもSEALDs主催の抗議デモが連日活発に行われ、野党議員も応援弁士として駆け付けるなど、法制への反対運動が連日大々的に報じられた。法制の成立後、共産党委員長の志位和夫は反対派の各党(民主党・維新の党・社会民主党・生活の党と山本太郎となかまたち)に対し、同法制廃止の一点のみに絞って5党が協力して政権を樹立させる国民連合政府構想を提案した。しかしこの提案は、野党間での政策の違いなどを理由に民主党内部で反対され、実現しそうになかった。民共共闘 フレッシュアイペディアより)

  • 特定秘密保護法案反対運動

    特定秘密保護法案反対運動から見た志位和夫志位和夫

    「秘密保護法」大集会実行委員会主催のもと、2013年11月21日に日比谷野外音楽堂で特定秘密保護法案に反対する集会が開かれ、約1万人が集まった。この中には弁護士(社民党福島瑞穂と事実婚関係の海渡雄一ら)や民主党・共産党・社民党などの政治家(有田芳生・山本太郎・辻元清美・志位和夫・吉田忠智・照屋寛徳・糸数慶子ら)や作家(落合恵子ら)など著名人も多数含まれていた。集会の終了後には参加者は国会議事堂に向かって声を上げて行進をした。特定秘密保護法案反対運動 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島中国漁船衝突事件

    尖閣諸島中国漁船衝突事件から見た志位和夫志位和夫

    日本共産党は9月20日に「日本の領有は正当」との見解を提出している。志位和夫委員長も9月25日の第2回中央委員会総会にて、「日本の領海で、外国漁船の不法な操業を海上保安庁が取り締まるのは当然」と述べた。尖閣諸島中国漁船衝突事件 フレッシュアイペディアより)

  • 天皇特例会見

    天皇特例会見から見た志位和夫志位和夫

    2009年12月14日、日本共産党の志位和夫委員長は記者会見で、「一定のルールがあったようなので、丁寧な対応がのぞましい」と述べた。12月15日には、記者会見で「こういう国事行為以外の天皇の公的行為については、政治的性格を与えてはならないというのが憲法のさだめるところなのです。」「日本政府がその問題に関与することによって政治的性格を与えてしまった。」「外国賓客と天皇との会見は国事行為ではない。小沢さんこそ憲法をよく読むべきだ」と批判した。天皇特例会見 フレッシュアイペディアより)

  • 自由と民主主義のための学生緊急行動

    自由と民主主義のための学生緊急行動から見た志位和夫志位和夫

    公安調査庁の『内外情勢の回顧と展望』(平成28年1月版)では「平和安全法制の整備をめぐっては(中略)学生団体「SEALDs」(自由と民主主義のための学生緊急行動)を始めとする若者グループの結成が相次いだ」とSEALDsについての言及がなされている。また同資料では中核派が機関紙『前進』で「(SEALDsは)警察権力と一体で国会前行動を仕切り,『過激派排除』を叫んで敵対している」とSEALDsを批判しつつ、SEALDsなどの運動に参加した学生・青年に対して自派への結集を呼び掛けたことや、日本共産党の志位和夫がSEALDsなどが主催する集会に自身が参加しかつ党員を参加させ、無党派・青年層などとの連携姿勢をアピールしたことなどが紹介された。また、日本共産党は公式ウェブサイトにおいて、SEALDsのデモの日時を告知し、デモに参加する行動予定を明らかにしていた。自由と民主主義のための学生緊急行動 フレッシュアイペディアより)

  • 池内沙織

    池内沙織から見た志位和夫志位和夫

    原発は日本に必要でないとしており、2015年3月8日に国会議事堂前で行われたNo Nukes Day 反原発??統一行動に志位和夫委員長・吉良よし子参院議員・藤野やすふみ衆院議員と共に参加し、壇上で挨拶した。池内沙織 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
121件中 1 - 10件表示

「志位和夫」のニューストピックワード