前へ 1 2 3 4 5 6 7
63件中 1 - 10件表示
  • 日本共産党

    日本共産党から見た志位和夫志位和夫

    2001年12月22日の九州南西海域工作船事件では当初は態度を表明しなかったが、委員長志位和夫は「日本への主権侵害に対応するのは第一義的に警察力である海上保安庁だ。その機能を充実させることは必要だ」と発言し、後に海上での攻撃を可能とする海上保安庁法改定案に賛成した。日本共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 天皇特例会見

    天皇特例会見から見た志位和夫志位和夫

    2009年12月14日、日本共産党の志位和夫委員長は記者会見で、「一定のルールがあったようなので、丁寧な対応がのぞましい」と述べた。12月15日には、記者会見で「こういう国事行為以外の天皇の公的行為については、政治的性格を与えてはならないというのが憲法のさだめるところなのです。」「日本政府がその問題に関与することによって政治的性格を与えてしまった。」「外国賓客と天皇との会見は国事行為ではない。小沢さんこそ憲法をよく読むべきだ」と批判した。天皇特例会見 フレッシュアイペディアより)

  • 赤旗まつり

    赤旗まつりから見た志位和夫志位和夫

    幹部会委員長志位和夫の演説赤旗まつり フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島中国漁船衝突事件

    尖閣諸島中国漁船衝突事件から見た志位和夫志位和夫

    日本共産党は9月20日に「日本の領有は正当」との見解を提出している。志位和夫委員長も9月25日の第2回中央委員会総会にて、「日本の領海で、外国漁船の不法な操業を海上保安庁が取り締まるのは当然」と述べた。尖閣諸島中国漁船衝突事件 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田睦夫

    柴田睦夫から見た志位和夫志位和夫

    1972年の衆院選で千葉1区から立候補し初当選。以後衆議院議員を5期務めるが、1990年の衆院選にて落選したのを機に政界を引退する。地盤は現党幹部会委員長の志位和夫に譲る。柴田睦夫 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年問題

    2009年問題から見た志位和夫志位和夫

    他にトヨタのグループ企業であるトヨタ車体は、対策として最小の職場単位である生産ラインの2交代勤務の『直』ごとに3ヶ月と1日、派遣を受け入れない期間をつくり、最初の3ヶ月と1日は、派遣をすべてA直に集めて、B直は派遣をゼロとして、その後に続く3ヶ月と1日は、派遣をすべてB直に集めて、A直は派遣をゼロとするという方法でクーリングが成立し、法律がクリアできるとの判断の元、全社(富士松、刈谷、吉原、いなべ)で実施し、来年五月までに全社で完了する予定であることが2008年10月7日の衆議院予算委員会にて日本共産党の志位和夫議員がおこなった質疑により明らかとなった。2009年問題 フレッシュアイペディアより)

  • 日本共産党第22回大会

    日本共産党第22回大会から見た志位和夫志位和夫

    今期党大会では志位和夫が幹部会委員長に、不破哲三が中央委員会議長に就任した。日本共産党第22回大会 フレッシュアイペディアより)

  • さざ波通信

    さざ波通信から見た志位和夫志位和夫

    日本共産党の不破哲三・志位和夫指導部が、党の革命的伝統や階級的原則を裏切っているとの認識に立ち、日本共産党の革命的再生を目指した。「さざ波通信」のウェブサイトでは「このホームページは、複数の現役の日本共産党員によって開設され運営されるもので、日本共産党の政策、綱領、規約、歴史、理論、政治行動、イデオロギーについて、および現代日本政治における日本共産党の役割、位置、課題について、批判的見地から検討し議論するサイトです。」と掲示されている。さざ波通信 フレッシュアイペディアより)

  • 伊里一智

    伊里一智から見た志位和夫志位和夫

    1985年の日本共産党第17回大会に際して、東京都大会に自ら代表となり中央委員会への批判を公表することで、減少していた共産党の党勢を「立て直そう」と提案する。これが所属の支部で可決され都大会の代議員として選出されるべく、東大大学院の他の支部にも働きかけ、6割の支持を得て可決された。これに対し、当時党中央委員会青年学生対策委員だった志位和夫は宮本顕治の直接の指示を受け、党の規律に背いて他の代議員に対し働きかけた分派活動と断定した。伊里一智 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年自由民主党総裁選挙

    2008年自由民主党総裁選挙から見た志位和夫志位和夫

    議員票に無効票が2票存在した。1票は立候補をしていない中川秀直、もう1票は白票であった。なお、地方票にも無効票がいくつかあり、「どうせすぐやめるんだろう」「小沢一郎」「志位和夫」「あきがきた 何度も聞くぞ 党再生」などと候補者達を小馬鹿にしたようなものもあった。2年続けて「投げ出し」と呼ばれる形で相次いで首相が変わったことに対する不満が自民党員の間にも増えていたことが伺える。2008年自由民主党総裁選挙 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
63件中 1 - 10件表示

「志位和夫」のニューストピックワード