63件中 21 - 30件表示
  • 日本共産党中央委員会幹部会委員長

    日本共産党中央委員会幹部会委員長から見た志位和夫志位和夫

    幹部会委員長の志位和夫は、日常的な最高指導機関である中央委員会常任幹部会委員に就任している。中央委員会常任幹部会の議事を担当する等の中心人間が事実上の党首と目されるが、中央委員会常任幹部会に委員長・議長などの役職はなく、公開される委員はあいうえお順で表記されており、中央委員会常任幹部会委員の中で誰が中央委員会常任幹部会の議事を担当する等の中心人間かは外部からは不明である。なお、委員長代行は通常置かれていないが、委員長の不破哲三が入院時には副委員長の村上弘が、委員長の村上が入院時には書記局長の金子満広がそれぞれ委員長代行に就任している。日本共産党中央委員会幹部会委員長 フレッシュアイペディアより)

  • 郵政解散

    郵政解散から見た志位和夫志位和夫

    この解散を、元郵政相の自見庄三郎は「自爆解散」、前首相の森喜朗は「花火解散」、元自民党幹事長の加藤紘一は「干からびたチーズ解散」、前農水相の島村宜伸は「驚き解散」、民主党代表の岡田克也は「日本刷新解散」、公明党幹事長代行の太田昭宏は「突発解散」、共産党委員長の志位和夫は「ゆきづまり解散」、社民党党首の福島瑞穂は「八つ当たり解散・わがまま解散」と呼んだが、総選挙後は「郵政解散」が定着した。郵政解散 フレッシュアイペディアより)

  • 市川正一

    市川正一から見た志位和夫志位和夫

    本籍地の山口県光市光井鮎帰の県道沿いに、没後27周年記念・日本共産党創立50周年記念で1972年3月15日、市川正一記念碑が建立された。現在も命日の3月15日には日本共産党山口県委員会による「碑前祭」が開かれている。以前は志位和夫書記局長(当時)が来訪したこともある。市川正一 フレッシュアイペディアより)

  • 代々木派

    代々木派から見た志位和夫志位和夫

    各々の新左翼党派は「我等こそが日本を代表する共産主義政党である」という強い自負がある。しかしながら、日本国の共産党を意味する「日本共産党」の名称は、志位和夫が党首を務めるあの政党の名称として内外ともに認知されているのが現状である。代々木派 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎市長射殺事件

    長崎市長射殺事件から見た志位和夫志位和夫

    また、久間章生防衛相は「投票日3日前を過ぎたら補充がきかず、共産党と一騎打ちだと共産党(推薦)の候補者が当選することになる。法律はそういうことを想定していない」と公職選挙法における補充立候補の不備を指摘した。この発言に対しては塩崎恭久官房長官が不適切との認識を示したほか、志位和夫共産党委員長、小沢一郎民主党代表ら野党も批判を示した。長崎市長射殺事件 フレッシュアイペディアより)

  • 年越し派遣村

    年越し派遣村から見た志位和夫志位和夫

    当時の与党からは自由民主党の大村秀章厚生労働副大臣と片山さつきが、野党からは民主党の菅直人、日本共産党の志位和夫、社会民主党の福島瑞穂、国民新党の亀井久興、新党大地の鈴木宗男などが派遣村を視察、スピーチする。これに関しては賛否両論がある。年越し派遣村 フレッシュアイペディアより)

  • 情報保全隊

    情報保全隊から見た志位和夫志位和夫

    自衛隊による違憲・違法の国民監視活動を告発する(志位和夫・日本共産党幹部会委員長声明)情報保全隊 フレッシュアイペディアより)

  • 後期高齢者医療制度

    後期高齢者医療制度から見た志位和夫志位和夫

    日本共産党委員長の志位和夫(衆議院議員)は「この制度に対する高齢者の怒りは、負担増への怒りだけではなく、75歳という年齢で差別されることとや、別枠の制度に囲い込まれ、過酷な保険料徴収が行われ、診療報酬も別建てとされ保険医療が制限されるなど、人間としての存在が否定されたような扱いを受けることへの深い憤りである」と指摘。後期高齢者医療制度 フレッシュアイペディアより)

  • 第21回参議院議員通常選挙

    第21回参議院議員通常選挙から見た志位和夫志位和夫

    幹部会委員長=志位和夫、幹部会副委員長=石井郁子/緒方靖夫/浜野忠夫、中央委員会書記局長=市田忠義、政策委員会責任者=小池晃、国会対策委員長=穀田恵二、参議院議員団長=吉川春子第21回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 不破哲三

    不破哲三から見た志位和夫志位和夫

    日本共産党をセクハラ問題などで離党した筆坂秀世が、不破に関して宮本顕治に退任を迫ったことや、常任幹部会において志位和夫との確執の存在、一時の委員長職降板を病気は口実で実は宮本との確執が原因などと、『日本共産党』(新潮新書)で主張した。不破は「ガセネタ」であると批判、反論した。筆坂は2009年9月20日のたかじんのそこまで言って委員会で、不破を「マルクスを食い物にする男」・「共産党の改革の妨害者」と名指しで批判した。不破哲三 フレッシュアイペディアより)

63件中 21 - 30件表示

「志位和夫」のニューストピックワード