63件中 41 - 50件表示
  • インターネットスラング

    インターネットスラングから見た志位和夫志位和夫

    「厨房」(中坊=中学生の坊や)、「池沼」(知障=知的障害)、「倒壊」(東海)、「湖沼」「胡椒」「故障」(呼称)などが代表的。また、「羨ましい」→「裏山しい」の誤変換が派生して「裏山C」、「裏山しいねちゃん」、「裏山しぃ」、「裏山四位」(志位の場合もあり)、「裏山椎名」(後ろに「へきる」「林檎」「誠」などを付加)などのように「元の言葉の誤変換+有名人やアニメなどのキャラクター」の形とするもの、また単に「裏山」とするものもある。インターネットスラング フレッシュアイペディアより)

  • 日本共産党中央委員会

    日本共産党中央委員会から見た志位和夫志位和夫

    赤嶺政賢(議)/有坂哲夫/石灰睦夫/和泉重行/市田忠義(書記局長・議)/今井誠/岩井鐵也/岩中正巳/植木俊雄/上田均/浮揚幸裕/浦田宣昭/大内田和子/大久保健三/太田善作/大幡基夫(元)/岡宏輔/岡正信/緒方靖夫(副委員長・元)/岡野隆/笠井亮(議)/金子逸/紙智子(議)/上岡辰夫/河邑重光/小池晃(副委員長・元)/小池潔/小木曽陽司/穀田恵二(議)/小松崎久仁夫/佐々木憲昭(議)/佐々木陸海(元)/志位和夫(委員長・議)/高橋千鶴子(議)/棚橋裕一/田村守男/寺沢亜志也/中井作太郎/西口光/西野敏郭/長谷川忠通/浜野忠夫(副委員長)/林通文/土方明果/広井暢子(副委員長)/不破哲三(元)/紅谷有二/増子典男/水谷定男/森原公敏/柳浦敏彦/山口勝利/山口富男(元)/山下芳生(書記局長代行・議)/山谷富士雄/若林義春/渡辺和俊日本共産党中央委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 第43回衆議院議員総選挙

    第43回衆議院議員総選挙から見た志位和夫志位和夫

    小泉純一郎(自民党)-281票 菅直人(民主党)-186票 志位和夫(共産党)-9票 無効-3票第43回衆議院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た志位和夫志位和夫

    天皇特例会見問題について、2009年12月14日の記者会見で記者の質問に対し「君も少し憲法をもう一度読み直しなさい、天皇陛下の国事行為・行動は国民の代表である内閣・政府の助言と承認で行う事なんですよ」という表現を行ったが、15日に共産党の志位和夫委員長から記者団に対し「憲法で定める天皇の国事行為の中に、外国の要人と会う事は含まれていません。小沢さんこそ憲法をよく読むべきだ」と反論される。また、「小沢氏は内閣に入閣していないでしょう?」との指摘もあった。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 日本における外国人参政権

    日本における外国人参政権から見た志位和夫志位和夫

    共産党は党として賛成で、これまでに参政権付与法案を8回提出している。2009年1月には志位和夫委員長が民団中央本部の新年会において、「日本共産党は永住外国人に選挙権だけでなく、被選挙権も付与する立場でがんばっています」と党の方針を述べ、永住外国人に対する被選挙権を与えると表明した。同年5月には、塩川鉄也総務部会長が在日韓国人の集会に参加、付与を訴えた。日本における外国人参政権 フレッシュアイペディアより)

  • 原発ゼロの会

    原発ゼロの会から見た志位和夫志位和夫

    河野太郎・永岡桂子(以上、自由民主党)泉健太・奥野総一郎・近藤昭一・篠原孝・福田昭夫・横路孝弘(以上、民主党)柿澤未途・杉本和巳・山内康一(以上、みんなの党)鈴木克昌・玉城デニー(以上、生活の党)赤嶺政賢・笠井亮・穀田恵二・佐々木憲昭・志位和夫・塩川鉄也・高橋千鶴子・宮本岳志(以上、日本共産党)阿部知子(日本未来の党)亀井静香(みどりの風)原発ゼロの会 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本顕治

    宮本顕治から見た志位和夫志位和夫

    現在の日本共産党幹部会委員長志位和夫は宮本の家族の家庭教師であった。その教え子は長男・太郎である。宮本顕治 フレッシュアイペディアより)

  • 労働者派遣事業

    労働者派遣事業から見た志位和夫志位和夫

    2008年2月8日の衆議院予算委員会で日本共産党の志位和夫が行った質問で、労働者派遣事業の現状の問題を取り上げた。質疑の詳細は志位和夫を参照。労働者派遣事業 フレッシュアイペディアより)

  • 安倍晋三

    安倍晋三から見た志位和夫志位和夫

    「所信表明直後の辞任は前代未聞」(共産党・志位和夫委員長)安倍晋三 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚英志

    大塚英志から見た志位和夫志位和夫

    東京都田無市(現西東京市)生まれ。父は満州からの引揚者で、貧しい都営住宅で育つ。父は元日本共産党員(路線対立で離党)であり、不定期刊雑誌『新現実』誌上では志位和夫委員長と対談した。中学生の時に漫画同人集団「作画グループ」に入会したのがきっかけで、高校1年生よりみなもと太郎のアシスタントを始める。その後、みなもとの紹介で高校2年生の時にギャグ漫画家としてデビュー。学研の学習誌や『漫画ギャンブル王国』(海潮社)にギャグ漫画を発表するが、大学受験を機に自分の才能の無さに見切りを付けて1年で漫画家を引退。大塚英志 フレッシュアイペディアより)

63件中 41 - 50件表示

「志位和夫」のニューストピックワード