121件中 81 - 90件表示
  • 一川保夫

    一川保夫から見た志位和夫志位和夫

    2011年11月16日、国賓として訪日中のブータン国王ジグミ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク夫妻を歓迎する宮中晩餐会を欠席して日本・ブータン友好議員連盟副会長を務める高橋千秋民主党議員の政治資金パーティーに参加。この中で、「ブータン国王が来て宮中で催し物があるが、私はこちらの方が大事だ」とスピーチした。翌17日の参議院予算委員会で「軽率だった。申し訳なく思い、反省している」と陳謝したが、志位和夫日本共産党委員長は「国賓がお見えになっている外交上の行事での、そういう対応は閣僚としては大きな問題行動だ」と批判した。山口那津男公明党代表も「非常識であり閣僚の資質が欠けている」と批判した。11月22日に一川大臣は在京のブータン総領事館に訪れて謝罪した。一川保夫 フレッシュアイペディアより)

  • スパイ

    スパイから見た志位和夫志位和夫

    志位正二 - 外務省アジア局調査員。KGBのエージェント。日本共産党の志位和夫の叔父。スパイ フレッシュアイペディアより)

  • グエン・クオック・クオン

    グエン・クオック・クオンから見た志位和夫志位和夫

    建国以来ベトナムでは共産党が一党独裁体制を敷いており、日本共産党との関係も良好である。両国の共産党同士の友好関係はクオン大使による会談にも表れており、まだ彼が駐日大使として就任して日の浅い2015年9月7日に日本共産党の党本部を訪問しており、志位和夫委員長と意見を交換して、両党関係の一層の強化に加えて日越関係の強化について確認し合い、また、志位委員長からは関係強化に加えてドイモイ(刷新。ベトナム共産党領導による経済開放政策)の成功を期待しているとの表明を受けた。グエン・クオック・クオン フレッシュアイペディアより)

  • 市川正一 (社会運動家)

    市川正一 (社会運動家)から見た志位和夫志位和夫

    本籍地の山口県光市光井鮎帰の県道沿いに、没後27周年記念・日本共産党創立50周年記念で1972年3月15日、市川正一記念碑が建立された。現在も命日の3月15日には日本共産党山口県委員会による「碑前祭」が開かれている。以前は志位和夫書記局長(当時)が来訪したこともある。市川正一 (社会運動家) フレッシュアイペディアより)

  • 吉良佳子 (政治家)

    吉良佳子 (政治家)から見た志位和夫志位和夫

    原発は日本に必要でないとしており、2015年3月8日に国会議事堂前で行われたNo Nukes Day 反原発??統一行動に志位和夫委員長・池内さおり衆院議員・藤野保史衆院議員と共に参加し、壇上で挨拶した。吉良佳子 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 2017年東京都議会議員選挙

    2017年東京都議会議員選挙から見た志位和夫志位和夫

    志位和夫委員長は翌3日、東京都内で行った街頭演説の中で「安倍自民を歴史的な敗北に導いたことが、最も大きい」と胸を張り、安倍政権に対して臨時国会の開催や解散総選挙を要求した。2017年東京都議会議員選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た志位和夫志位和夫

    2014年夏、インパール作戦で殉職した日本兵の慰霊のため、古賀誠と伴に訪れたミャンマーで倒れ、タイ王国の病院に入院した後、東京都内の病院で療養を続けていたが、2016年9月9日0時45分頃に、肺炎のため東京都内の病院で死去した。同月15日に自民党・加藤家合同葬が執り行われ、YKKのメンバーだった山崎拓・小泉純一郎、第3次安倍第2次改造内閣からは安倍晋三・麻生太郎・菅義偉・岸田文雄・石原伸晃・丸川珠代、加藤の乱の当事者だった森喜朗・青木幹雄・野中広務・古賀誠、野党の小沢一郎・志位和夫・辻元清美の他、駐日中国大使の程永華ら1,300人が参列した。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間基地移設問題

    普天間基地移設問題から見た志位和夫志位和夫

    これは政府部内で検討されたものではないが、基地の無条件撤去論も、左翼・革新勢力を中心に存在し、鳩山政権下でも根強く主張された。日本共産党の志位和夫委員長は訪米し、2010年5月7日、ケヴィン・メア国務省日本部長、多国間核安全部のジョナサン・サンボアとの会談で、「普天間問題解決の唯一の道は、移設条件なしの撤去しかない」と主張した。しかし双方の見解は平行線に終わった。普天間基地移設問題 フレッシュアイペディアより)

  • 7月29日

    7月29日から見た志位和夫志位和夫

    1954年 - 志位和夫、政治家7月29日 フレッシュアイペディアより)

  • 内部留保

    内部留保から見た志位和夫志位和夫

    日本共産党の志位和夫委員長は、「自動車産業は2万人近い人員削減を進めているが、業界の内部留保の0.2%を取り崩しただけで、雇用は維持できる」と訴えている。労働組合の連合も同様の主張をしており、さらに政府でも河村建夫元官房長官が「企業はこういうことに備えて内部留保を持っている」と表明し、共産党の主張する内部留保の活用に同意した麻生太郎副総理は「共産党と自民党が一緒になって賃上げをやろうっていうのは、たぶん歴史上始まって以来」と答弁した。内部留保 フレッシュアイペディアより)

121件中 81 - 90件表示

「志位和夫」のニューストピックワード