前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
448件中 1 - 10件表示
  • 加藤茶

    加藤茶から見た志村けん志村けん

    この頃、付き人兼居候として志村けん、運転手としてすわしんじ(現・すわ親治)がいた。加藤茶 フレッシュアイペディアより)

  • パンくん

    パンくんから見た志村けん志村けん

    番組収録などで、志村けんに会うと、挨拶代わりにバック転をする。パンくん フレッシュアイペディアより)

  • 田代まさし

    田代まさしから見た志村けん志村けん

    その後、ザ・ドリフターズの志村けんにそのお笑いセンスを見出され、1986年(昭和61年)頃からタレント、コメディアンとしても活動開始。その独自のお笑いセンスから「ダジャレの帝王」、「ギャグの王様」、「小道具の天才」と呼ばれ、レギュラー番組を何本も持ち、大企業のテレビCMに何本も出演するなど人気を博した。さらには自伝やダジャレ語録などの著作本出版や、自らの名を冠したファミコン用ゲームソフト『田代まさしのプリンセスがいっぱい』の発売、原宿竹下通りの「マーシーズ」や清里高原へのタレントショップの開店、また映画監督としてVシネマの撮影を行うなど多彩に活躍。しかし順風満帆な人生とは裏腹に、田代自身は仕事に対し、日々プレッシャーを感じ精神を摩り減らしていたという。田代まさし フレッシュアイペディアより)

  • 電気グルーヴのオールナイトニッポン

    電気グルーヴのオールナイトニッポンから見た志村けん志村けん

    読まれた唯一のネタは「当時ドリフで唯一持ちギャグがなかった高木ブーのために、『志村!後ろ!後ろ!』(『8時だョ!全員集合』のコントにおいて、何も気付かない志村けんの後方から幽霊や猛獣などが迫ってくるというシーンで、観客の子供たちが叫ぶ言葉)を高木の持ちギャグにしよう」というもの。電気グルーヴのオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • たかしまあきひこ

    たかしまあきひこから見た志村けん志村けん

    1968年東京藝術大学作曲科卒業。山本直純門下であった事から、山本が音楽を担当していた『8時だョ!全員集合』のアシスタントを務める。後に山本から役目を引き継ぎ、『8時だョ!全員集合』や『ドリフ大爆笑』のBGMや、ザ・ドリフターズのオリジナル曲の作編曲を手がける。ザ・ドリフターズ関連のほかにも、ラジオ・テレビのテーマ曲(主にFNN系列の報道番組や志村けんメインのバラエティ番組など)のBGM、またCMソングを数多く手がけていた。たかしまあきひこ フレッシュアイペディアより)

  • じゃんけん

    じゃんけんから見た志村けん志村けん

    8時だョ!全員集合(TBS系列) - 仲本工事と志村けんが西部劇の雰囲気漂う酒場で「最初はグー! ジャンケンポン!!」と言って2人がジャンケンをし、負けた方が罰ゲームを受けていくコントが存在した。じゃんけん フレッシュアイペディアより)

  • 東村山音頭

    東村山音頭から見た志村けん志村けん

    この項目では志村けんが同曲をアレンジカヴァーした『志村けんの全員集合 東村山音頭』等、カヴァー楽曲についても述べる。東村山音頭 フレッシュアイペディアより)

  • 志村&所の戦うお正月

    志村&所の戦うお正月から見た志村けん志村けん

    『志村&所の戦うお正月』(しむらアンドところのたたかうおしょうがつ)は、テレビ朝日と朝日放送(ABC)の共同制作で1999年から毎年1月1日に放送されているバラエティ番組である。志村けんと所ジョージの冠番組である。愛称は『戦うお正月』。ステレオ放送、文字多重放送。志村&所の戦うお正月 フレッシュアイペディアより)

  • 西田一生

    西田一生から見た志村けん志村けん

    2005年:志村けん・研ナオコが出演したレダ・プチシルマのCMの振付が話題になる西田一生 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥取県水産試験場

    鳥取県水産試験場から見た志村けん志村けん

    調査船・第一鳥取丸の絵葉書やプラモデルなど多数。詳細は志村けんを参照。鳥取県水産試験場 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
448件中 1 - 10件表示

「志村けん」のニューストピックワード

  • TH...続きを読むTHE Wナイツ有吉弘行今週の注目記事・第1位