391件中 91 - 100件表示
  • 東八郎

    東八郎から見た志村けん志村けん

    しかしテレビの台頭と共に浅草の演劇街が衰退してきたため、1964年に小島三児、原田健二と共にトリオ・ザ・スカイラインを結成し、テレビに進出。コントを行い、人気を博した。トリオ・ザ・スカイラインは1971年に解散し、以降は単独で芸能活動を行う。三波伸介とともに、NHK『お笑いオンステージ』にレギュラー出演し、全国区の有名なコメディアンとなった。その後、東八郎劇団を結成して後進の育成にも力を注ぎ、全国各地で喜劇を演じていた。晩年では、志村けん主演の『バカ殿様』の家老役や、おでこに「光」のシールを貼り、BGMにメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲が流れる「ヨード卵光」のコマーシャルが有名であった。なお、萩本欽一は東の一番弟子である。東八郎 フレッシュアイペディアより)

  • 志村けんの失礼しまぁーす!

    志村けんの失礼しまぁーす!から見た志村けん志村けん

    『志村けんの失礼しまぁーす!』(しむらけんのしつれいしまぁーす)は、日本テレビ系列局ほかで放送された日本テレビ製作のバラエティ番組(制作著作はイザワオフィスが所有)。志村けんメインのレギュラー番組では初の冠番組である。製作局の日本テレビでは1986年10月17日から1987年9月まで、毎週金曜 19:30 - 20:00 (JST) に放送。志村けんの失礼しまぁーす! フレッシュアイペディアより)

  • 中村京子

    中村京子から見た志村けん志村けん

    ドリフ大爆笑 - コントで志村けん相手に胸を披露した。中村京子 フレッシュアイペディアより)

  • アースノーマット

    アースノーマットから見た志村けん志村けん

    志村けん(荒井の後任、1980年代後半?1990年代前半)アースノーマット フレッシュアイペディアより)

  • BLOG of the year

    BLOG of the yearから見た志村けん志村けん

    お笑い部門:志村けん「Ken's Blog」BLOG of the year フレッシュアイペディアより)

  • 集まれ!ナンデモ笑学校

    集まれ!ナンデモ笑学校から見た志村けん志村けん

    志村けんのゴールデンタイムでのレギュラー番組は、1996年にフジテレビで放送されていた『けんちゃんのオーマイゴッド』以来2年ぶりであり、同番組と同じく金曜19時枠で放送されていた。途中から『志村けん・ヒロミの〜』をサブタイトルに冠するようになったことから、志村がテレビ東京で初めて持った冠番組となった。集まれ!ナンデモ笑学校 フレッシュアイペディアより)

  • 加ト・けん・たけしの世紀末スペシャル!!

    加ト・けん・たけしの世紀末スペシャル!!から見た志村けん志村けん

    加藤茶と志村けんとビートたけしの3人が共演した特別番組で、世紀末の大予想や1998年の出来事などを紹介するコントを放送した。キャッチコピーは「爆裂!笑いの三巨頭本気(マジ)で大激突」。オープニングでは加藤がハゲカツラにチョビヒゲ(加藤茶太郎)に、志村が変なおじさんに、たけしがタケちゃんマンに扮し、痛快なトークを繰り広げた。加ト・けん・たけしの世紀末スペシャル!! フレッシュアイペディアより)

  • 春秋のスペシャル決定版・テレビまるごと大集合

    春秋のスペシャル決定版・テレビまるごと大集合から見た志村けん志村けん

    司会は当初ザ・ドリフターズの加藤茶と志村けんが担当していたが、後に『クイズダービー』『世界まるごとHOWマッチ』の大橋巨泉と、『HOWマッチ』『痛快なりゆき番組 風雲!たけし城』のビートたけしが加わった。そしてこの巨泉・たけしのコンビが好評だった事から、1987年秋よりこの2人と関口宏を加えて、クイズ番組形式の『クイズまるごと大集合』へとリニューアルする事となる。春秋のスペシャル決定版・テレビまるごと大集合 フレッシュアイペディアより)

  • アイ〜ン体操/アイ〜ン!ダンスの唄

    アイ〜ン体操/アイ〜ン!ダンスの唄から見た志村けん志村けん

    志村けんが志村けんのバカ殿様で演じるバカ殿様と、ミニモニ。によるコラボレーション・シングルである。「バカ殿様とミニモニ姫。」名義で発売された。アイ〜ン体操/アイ〜ン!ダンスの唄 フレッシュアイペディアより)

  • 平田満 (歌手)

    平田満 (歌手)から見た志村けん志村けん

    「『東村山音頭』は、志村けんに先駆けて正調でリリースするもヒットせず」との説が流布しているが、これは誤り。平田ヴァージョンの発売は1976年6月21日、志村ヴァージョンの発売は9月1日と確かにリリースは平田が先だが、バラエティ番組「8時だョ!全員集合」における同曲の登場は1976年3月6日であり、志村のほうがやはり早かった。いずれにしても、近田春夫のハルヲフォンのデビュー盤が『FUNKYダッコNo.1』(1975年)であったことにも象徴される、当時のキングレコードの得意とする企画盤である。平田満 (歌手) フレッシュアイペディアより)

391件中 91 - 100件表示

「志村けん」のニューストピックワード