391件中 31 - 40件表示
  • 新潟県民会館

    新潟県民会館から見た志村けん志村けん

    1976年3月6日に、当時全国的に最も人気のあったテレビ番組「8時だョ!全員集合」(TBS製作)の生放送が、この大ホールから行われた(新潟県でこの番組を放送している新潟放送もこれに制作協力した)。その中の「少年少女合唱隊」のコーナーで、志村けんが独自にリメイクした「東村山音頭」を初披露。これが大ヒットし、それまで数年に渡りまったく受けなかったという志村の出世作となり、一躍スターダムに登りつめた(詳しくは「志村けん」の「東村山音頭でヒット」の項を参照のこと)。新潟県民会館 フレッシュアイペディアより)

  • 太地喜和子

    太地喜和子から見た志村けん志村けん

    私生活では、俳優座養成所時代からの同期だった秋野太作と1974年に結婚するも、短期間で離婚。その他三國連太郎、中村勘三郎、尾上菊五郎、志村けんとのロマンスが取り沙汰されたこともあったが、「私はサービス精神がある限り、見ている人にこの人は帰ったら所帯があると思わせてはいけない」というポリシーを持っており、離婚後は他界するまで独身を通した。また当時の映画界・芸能界の女性としては池波志乃らと共に大変な酒豪で鳴らした。「本当に愛したひとは三國さんだけ」と公言し映画「飢餓海峡」のロケを追い俳優座を辞め北海道に渡ったが、左幸子演ずる杉戸八重に嫉妬し、数ヶ月で俳優座に戻り女優一筋の道を選ぶ。その後文学座で加藤武に育てられる。その後、雑誌上で三國と最初で最後の対談をしているが、その場でも八重に猛烈な嫉妬心を語っている。太地喜和子 フレッシュアイペディアより)

  • 高咲里音

    高咲里音から見た志村けん志村けん

    好きな俳優は、藤木直人、織田裕二、生瀬勝久、志村けん、西島秀俊、堺雅人、森光子、尾野真千子、満島ひかり、優香、多部未華子、深田恭子、吉高由里子。また憧れの女優として劇団うわの空・藤志郎一座の小栗由加をあげている。。高咲里音 フレッシュアイペディアより)

  • ケヤキ

    ケヤキから見た志村けん志村けん

    志村けんの木(東京都東村山市) 東村山駅東口。同市出身のコメディアン、志村けん(ザ・ドリフターズ)の「東村山市の知名度を高めた」功績による感謝状授与記念と志村への激励の証として植樹された。ケヤキ フレッシュアイペディアより)

  • 8時だョ!全員集合

    8時だョ!全員集合から見た志村けん志村けん

    その後、1985年10月5日は約2時間枠で電話リクエスト形式で過去の名場面集を放送したのち、年内いっぱいは総集編番組『ドリフフェスティバル・全員集合ベスト100』でつなぎ、1986年1月から同じくドリフの加藤茶と志村けんをメインに据えた『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』が始まった。ドリフメンバーがメインの番組は1992年9月の『KATO&KENテレビバスターズ』の終了まで続いた。8時だョ!全員集合 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ドリフターズ

    ザ・ドリフターズから見た志村けん志村けん

    前期バンド時代のメンバーは、当時のバンド移籍文化もあり、移り変わりが激しかったが、新生ドリフになってからはメンバーはほぼ固定され、5人の構成が取られるようになった。初期のメンバーには、後にドンキーカルテットのメンバーとなったジャイアント吉田(現在、催眠カウンセラーの吉田かずお)が在籍していた。ただし、荒井注の脱退宣言の際には志村けんが正式見習いとして加入し、一時的に6人構成となった。また、いかりやの著書にも記述されているように、すわしんじ(現・すわ親治)の活躍ぶりにより、正メンバーではないが彼を6人目のメンバーと見なす解釈もある。他に付き人は大勢在籍していたが、メンバーとして紹介されることはない。さらには、人形ながらもジャンボマックスがメンバー扱いされる記事も見受けられる。いかりや没後には新メンバーを加入させる予定はなく、現在4人の構成となっている。ザ・ドリフターズ フレッシュアイペディアより)

  • たけし軍団

    たけし軍団から見た志村けん志村けん

    師匠であるビートたけしに対しては、「師匠」でなく「殿」と呼んでいる。師匠と呼ばれることに抵抗を感じていたたけしが、萩本欽一が大将と呼ばれていることも考えて、1984年5月から「師匠」と呼んだ場合に罰金を取るようになり、「殿」と呼ぶことをたけしが決めた。当初はバカ殿と呼ばせていた。実際たけしは元々志村けんとバカ殿の大ファン(ガダルカナル・タカが大井競馬場のトークショーで発言)で、『神出鬼没タケシムケン』でお互い尊敬しあう仲になった。たけし軍団 フレッシュアイペディアより)

  • 麒麟麦酒

    麒麟麦酒から見た志村けん志村けん

    CMキャラクターにはザ・ドリフターズのメンバーに似た外国人そっくりさん(人材探しはかなり難航したそうである)を起用したが、その後「本物」のメンバー志村けんが登場した。しばらくはこの6人で固定されていたが、2009年(平成21年)9月のCMにマドンナ役として高橋マリ子が登場し新展開を見せていた。2010年(平成22年)1月、「GREEN HEART」をキャッチフレーズにした新CMに変更され、嵐の大野智、相葉雅紀、松本潤が起用されている。麒麟麦酒 フレッシュアイペディアより)

  • 研ナオコ

    研ナオコから見た志村けん志村けん

    歌手として活動するだけではなく、数多くのCMやバラエティ番組にも出演するテレビ・タレントとしても活躍。殺虫剤のCM「飛んでれら、死んでれら」のキャッチフレーズやザ・ドリフターズ(志村けん)との共演、『カックラキン大放送』の「ナオコばぁちゃん」のキャラクターでのコントなどで人気を博した。タモリ・所ジョージ・関根勤・明石家さんまらお笑いタレントとも交友関係が深く、漫画家の赤塚不二夫は、研ナオコファンクラブの会長であった。研ナオコ フレッシュアイペディアより)

  • ダウンタウンのごっつええ感じ

    ダウンタウンのごっつええ感じから見た志村けん志村けん

    特別ゲストとして、志村けんと加藤茶のペアや、ダウンタウンのファンである甲本ヒロトと真島昌利(当時THE BLUE HEARTS)のペアが出演し、ダウンタウンと対戦した。ダウンタウンのごっつええ感じ フレッシュアイペディアより)

391件中 31 - 40件表示

「志村けん」のニューストピックワード