前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
380件中 1 - 10件表示
  • 志村けん

    志村けんから見た桑野信義桑野 信義

    1985年に『全員集合』が終了する。1986年に加藤をボケ役、自らをツッコミ役とした番組『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』がスタートする(1992年まで)。その後、自身をメイン出演者とした初の冠番組『志村けんの失礼しまぁーす!』(日本テレビ)、『志村けんのだいじょうぶだぁ』(フジテレビ(現在は単発不定期で放送中))、現在も続く『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ)などで、ドリフメンバー以外(田代まさし・松本典子・桑野信義・石野陽子・ダチョウ倶楽部)などとの活動が多くなる。 この頃から「変なおじさん」に代表されるような、ドリフとは一線を画す独自のコントスタイルを確立し、第2の人気ピークとなる。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見たミニモニ。

    2001年、「けん♀♂けん」として、研ナオコとのデュエット曲「銀座あたりでギンギンギン」をリリース。2002年4月、ハロー!プロジェクト所属のミニモニ。と共に「バカ殿様とミニモニ。姫」として活動。持ちギャグの「アイーン!」を冠した曲を歌った。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見たビートたけしビートたけし

    ドリフのコントでは大概ボケ役だったのでボケのイメージが強いが、マックボンボン時代はツッコミ役であり、『全員集合』でいかりやがポリープの手術後で声を出せない時に、メインのコントでいかりやの代役としてツッコミ役を演じたこともある。『全員集合』の後半コントなどでも女性歌手や加藤をボケ役に立て、自らはツッコミ役に回るコントもあった。1980年代後半以降の自らの冠番組でもツッコミ役が相当あり、現在も『バカ殿様』でダチョウ倶楽部相手にツッコミを入れて落とすことがある。『NHK紅白歌合戦』の応援コーナーでビートたけしとコントを演じた際も、ボケ役はたけしが演じ志村はひたすらツッコんで話を展開させていた。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見たたけし軍団

    2005年、ビートたけしと組んで1時間半のコント番組『たけし☆志村 史上最強の爆笑スペシャル!!』を制作。ダチョウ倶楽部やたけし軍団の一部も参加した。番組の最後には、志村の三味線とたけしのタップダンスの競演が披露された。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見たダチョウ倶楽部ダチョウ倶楽部

    1985年に『全員集合』が終了する。1986年に加藤をボケ役、自らをツッコミ役とした番組『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』がスタートする(1992年まで)。その後、自身をメイン出演者とした初の冠番組『志村けんの失礼しまぁーす!』(日本テレビ)、『志村けんのだいじょうぶだぁ』(フジテレビ(現在は単発不定期で放送中))、現在も続く『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ)などで、ドリフメンバー以外(田代まさし・松本典子・桑野信義・石野陽子・ダチョウ倶楽部)などとの活動が多くなる。 この頃から「変なおじさん」に代表されるような、ドリフとは一線を画す独自のコントスタイルを確立し、第2の人気ピークとなる。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見た沢田研二沢田 研二

    この頃、同じ渡辺プロダクション所属の二歳先輩である沢田研二との、コント内でのやり取りと息の合ったコンビネーションが絶大な人気を呼ぶ(詳細はを参照)。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見たダウンタウン (お笑いコンビ)

    1990年代半ばあたりまでの志村は非常に照れ屋で、フリートークが苦手だったため、トーク主体のバラエティ番組への出演はほとんどなかった。トークバラエティ番組に出た時は歓迎されたが、やはりツッコミが主な仕事であった(これは他のドリフメンバーにも共通する特徴であった)。当初はほとんどがコント用のかつらにメイクをした姿(変なおじさん、バカ殿など)での出演であったが、これはそれまでコント一筋だった志村にとって、バラエティ番組に出演することは勝手が分からず気恥ずかしいという気持ちからである。「自分自身のことを語るトーク番組の出演は苦手であり、地声は低音である」と、2002年5月29日に放送された『わたしはあきらめない』(NHK制作)で語っている。しかし、その後ダウンタウンの番組に頻繁にゲスト出演する経験を経て、素顔でも出演するようになった。現在はどちらでも出演している。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見た日本テレビ放送網

    1985年に『全員集合』が終了する。1986年に加藤をボケ役、自らをツッコミ役とした番組『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』がスタートする(1992年まで)。その後、自身をメイン出演者とした初の冠番組『志村けんの失礼しまぁーす!』(日本テレビ)、『志村けんのだいじょうぶだぁ』(フジテレビ(現在は単発不定期で放送中))、現在も続く『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ)などで、ドリフメンバー以外(田代まさし・松本典子・桑野信義・石野陽子・ダチョウ倶楽部)などとの活動が多くなる。 この頃から「変なおじさん」に代表されるような、ドリフとは一線を画す独自のコントスタイルを確立し、第2の人気ピークとなる。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見た小学館

    1980年の小学館『小学一年生』のCMがモチーフ。主に場面転換で舞台から退く直前、加藤茶と並んで「俺達○○するかなぁ?」「分かりません」「ピッカピッカの、一年生、ビシッ!」とやりとり。大抵は直後2人ともいかりやにどつかれ、急かされる様に一旦退場する。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見たパナソニック

    マックロードL6O&SS(松下電器産業、仲本工事と共演、1979年)志村けん フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
380件中 1 - 10件表示

「志村けん」のニューストピックワード