418件中 91 - 100件表示
  • 志村けん

    志村けんから見たコメディアン

    志村 けん(しむら けん、1950年2月20日 - )は、日本のコメディアン、お笑いタレント、司会者。ザ・ドリフターズのメンバー。イザワオフィス所属。旧芸名および中国語での表記は、志村健。本名は、志村 康徳(しむら やすのり)。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見たさんまのまんま

    明石家さんまとの共演も多くないが、これはさんまが得意とするトーク主体の番組を苦手としているためである。ただし、さんまが司会を務める『さんまのまんま』をはじめ、『踊る!さんま御殿!!』や『恋のから騒ぎ』にゲスト出演している。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見た発掘!あるある大事典

    2004年12月7日、東京都三鷹市内の自宅に泥棒が侵入し、時計や宝石類1000万円相当と現金40万円を盗まれる被害に遭った。本人は会見で「迷惑だねぇ」と困惑の色を隠せなかったが、のちに「ちゃんと仕事して金稼いで下さい」と犯人にコメントし、最後に「だいじょうぶだぁー」と締めた。後に『天才!志村どうぶつ園』でこの事件が取り上げられた際、ペットの犬たちは人懐こいため泥棒に吠えなかったことが明かされ、「番犬にならない」と苦笑した。また、ホームセキュリティに加入していたにも関わらず、警備員が駆けつける前に盗難被害に遭ったことも話題となった。当時、志村は『発掘!あるある大事典?』の収録の為、大阪に行っている最中に起きた出来事である。似たような事件が2年前小出義雄の自宅でも起こっており、約500万円の現金が盗まれている。小出は「警察には被害届を出さない代わりに、その金を元手に商売するか、まっとうに仕事をしろ!」と犯人にアピールした。志村のコメントは小出のアピールを引用したものと思われる。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見た馬主

    1981年2月18日、仲本工事、『全員集合』プロデューサー居作昌果と共に競馬のノミ行為容疑で任意聴取を受け書類送検されたことが発覚。当時の新聞の社会面やトップを飾り、朝日新聞の見出しは「ノミ馬券だョ!全員集合」であった。賭け額が多額であった仲本と居作は略式起訴で罰金刑となったが、志村は賭けた金額が1万6千円と少額であったことから起訴猶予処分になった。この事件で仲本とともに1か月間謹慎となり、以降しばらく『全員集合』などへの出演を見合わせ、当時ドリフ全員で出演していた永谷園のふりかけのCMも、志村・仲本を除く3人のみが出演しているバージョンに改められた。また、『ドリフ大爆笑』で加藤茶とのコントで、加藤の馬を使ったボケに対して「俺あんまり馬で良い思い出ないんだよ」と語り、加藤が苦笑いで「俺随分働いたっけねあの時」と述べたことがあるなど、他のコントでも、加藤が志村に対してノミ行為のことをけしかけて笑いを取るという場面があった。この時志村が仲本・居作と同様に略式起訴され罰金刑となっていたら、競馬法の規定で馬主になることはできなかった。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見たTBSテレビ

    1998年12月30日、TBSで放送された『21世紀プロジェクト〜年越し30時間テレビ 今日だけお見せ数々の名番組大集合!〜』後半部では、加藤と共に出演する。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見た2009年

    2001年12月、盗撮事件による謹慎が解けたばかりだった田代まさしが男性宅の風呂を覗き見および覚醒剤所持で逮捕されたことに対し、田代の芸能界復帰を支援していた志村は桑野信義と共に「あいつは最低なことをしたのだから芸能界から消えてもらいたい」とコメントした(ただし、2009年11月、志村の楽屋に田代が訪れて土下座したことを自身のブログで報告し、ブログ上で田代にエールを送る。しかし田代は、2010年9月にまたも逮捕された)。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見た渥美清

    噂は尾ひれがついて拡大し、「群馬県の赤城国際カントリークラブで急性心筋梗塞を起こし急死した」「尾瀬を観光中に尾瀬沼に落ちて溺死した」「煙草の吸い過ぎが原因の肺ガンで、宇都宮のがんセンター(栃木県立がんセンター)で死んだ」「栃木県の国道で交通事故に巻き込まれて事故死した」「死んだことは四十九日法要が過ぎてからでないと公表されない(この時期に亡くなった渥美清が遺言に「四十九日法要が済むまで公表するな」と書いていたことからとされる)」「今放送している番組は生前に撮り溜めしたもの」などと具体的な内容の噂に発展。栃木県立がんセンターが「志村(康徳)さんは入院していない」という異例の声明を出すに至り、9月28日には本人がインターホン越しに記者会見し、健在をアピールする事態になった。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見た由利徹

    1968年2月、高校卒業間際に、いかりや長介の家へ直接押しかけ、弟子入りを志願する。由利徹やコント55号とザ・ドリフターズ(以下ドリフ)のいずれに弟子入りするか迷ったが、音楽性の面からドリフを選んだ。雪の降る中、いかりやの帰宅を12時間ほど待ち続けるも、門前払い同然の扱いで、容赦なく突き放されたが、それでも食い下がったため根性を買われ、「バンドボーイ」が辞めてメンバーに欠員が出たらという条件で仮採用された。いかりやは後に「帰宅すると勝手に居ただけで待っててくれと言った覚えはない」と語った。一週間後に呼び出された後楽園ホールで、いかりやから正式に採用を告げられた志村が、「じゃあ(高校)卒業したら来ます!」と答えると、「バーカ、明日から行くんだよ、青森に!」と言われ、翌日から青森巡業などへ同行させられるなど、すぐに多忙となり、高校卒業式は当日の午前中だけ時間を貰い慌ただしく式に出席し、仕事に戻ったという。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見た桂枝雀 (2代目)

    変なおじさんがコントのオチで言うセリフの「だっふんだ」は、桂枝雀の落語に出てきた「偉い人のくしゃみ」が「だっふんだ」に聞こえたのがきっかけ。「♪あはは、うふふ、えへへのおほほでだっふんだ」の歌は、四代目三遊亭金馬らの人気番組『お笑い三人組』のメロディーを使用している。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見た藤山寛美

    2006年4月、「理想のお笑い」を追求すべく、東京芸術劇場で『志村魂(しむらこん)』と銘打った舞台を上演する。前半に「バカ殿様」とコント1本、後半は藤山寛美の作品『一姫二太郎三かぼちゃ』をラサール石井がリメイクした舞台を上演した。志村けん フレッシュアイペディアより)

418件中 91 - 100件表示

「志村けん」のニューストピックワード