380件中 91 - 100件表示
  • 志村けん

    志村けんから見たコナミ

    ハイパーオリンピック殿様版(ファミリーコンピュータ、コナミ、1985年。『8時だョ!全員集合』のバカ殿様コントで使用されたものが後に市販された)志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見たコニカミノルタ

    宮崎美子が出演したミノルタカメラのCMのパロディ。CMソング(いまのキミはピカピカに光って)をBGMに服を脱ぎビキニ姿になり、腹の贅肉をつかんで「みやざきよしこー!」と一言。仲本や加藤が背景の木を持って補助。なお志村は宮崎のファンで、初対面の際には真っ赤になって照れて一言も話せなくなった。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見たビートルズ

    中学以来のビートルズファン。このためか、中学時代に畑でバンドをやっていたという(兄談)。ビートルズの日本公演を観に行った際、持参したカメラで1枚のみ隠し撮りをしており、その写真をパネル化してテレビ番組で公開したことがある。その写真ではジョン・レノンが丸いサングラスをかけており、1966年7月2日公演と分かる。同日の公演は、音源・映像とも、公式には一切収録されていない。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見た居作昌果

    1981年2月18日、仲本工事・『全員集合』番組プロデューサーの居作昌果と共に競馬のノミ行為の容疑で任意聴取を受け書類送検されたことが発覚。当時の新聞の社会面やトップを飾り、朝日新聞の見出しは「ノミ馬券だョ!全員集合」であった。賭け額が多額であった仲本と居作は略式起訴で罰金刑となったが、志村は賭けた金額が1万6千円と少額であったことから起訴猶予処分となった。とはいえ、この事件で1か月間謹慎となり、以降しばらく『全員集合』などへの出演を見合わせ、当時ドリフ全員で出演していた永谷園のふりかけのCMも、志村・仲本を除く3人のみが出演しているバージョンに改められた。また、『ドリフ大爆笑』で加藤茶とのコントで、加藤の馬を使ったボケに対して「俺あんまり馬で良い思い出ないんだよ」と語り、加藤が苦笑いで「俺随分働いたっけねあの時」と述べたことがあるなど、他のコントでも、加藤が志村に対してノミ行為のことをけしかけて笑いを取るという場面があった。ずっと後になり『ダウンタウンDX』に出演した際にもこのことに触れ、事件当時いかりやも賭けに加わっていたことを暗に仄めかしたものの、真相は明らかにしなかった。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見たマックボンボン

    1972年、22歳の時に井山淳とお笑いコンビ・マックボンボンを結成し、芸能界デビュー。井山のボケに対して、志村が立ったままの姿勢から足で顔面にツッコミを入れるなど、身体を張ったネタを披露し、歌謡ショーの前座で人気を獲得していく。10月には早くもコンビの名前を冠したテレビ番組『ぎんぎら!ボンボン!』(『シャボン玉ホリデー』の後番組で、後に『シャボン玉ボンボン』に改題)に出演が決まり、幸運なテレビデビューとなるが、知名度の低さ、ネタの少なさもあり人気は低迷(いかりやはテレビのレギュラーが決まる前からその事を危惧していた)。12月31日放送分で番組は打ち切りとなり、この時点で井山が脱退(失踪)。コンビはその後、自衛隊出身の福田正夫を相方に迎え心機一転を図るが、福田はそもそも芸能界志望ではなく、ネタ合わせも全く身が入らない有様で、結局、自然消滅へと向かう(この頃の芸名は「志村健」の表記が多かった。なお「志村健」の芸名は、現在台湾で使用されている)。志村はその後ドリフターズの付き人に戻り、1973年12月、「メンバー見習い」の扱いでドリフに加入する。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見たテディ・ペンダーグラス

    ソウル・ミュージック、ファンク、ジャズなどの音楽にも造詣が深い。「ヒゲダンス」で使用されたBGMがテディ・ペンダーグラスの「Do Me」のリフをループしたものであったり、「ドリフの早口ことば」が当時、渡辺音楽出版が発売権を買い付けたシュガーヒル・ギャングの「ラッパーズ・ディライト」の印象に、ウィルソン・ピケットの「Don't Knock My Love」のバックトラックをはめ込んだものであったりしたが、これは当時ソウル・ミュージックを好んで聴いていた志村が探し出して推薦したものである。更に志村加入後に発売されたドリフターズのシングル「ドリフのバイのバイのバイ」では、志村によるソウルフルな合いの手も聞かれる。また、かつて音楽誌『jam』でソウル・アルバムのレビューを書いていたこともある。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見たコメディアン

    志村 けん(しむら けん、1950年2月20日 - )は、日本のお笑いタレント、コメディアン、司会者。本名、志村 康徳(しむら やすのり)。旧芸名および台湾での表記は志村健。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見た桂枝雀 (2代目)

    変なおじさんがコントのオチで言うセリフの「だっふんだ」は、桂枝雀の落語に出てきた「偉い人のくしゃみ」が「だっふんだ」に聞こえたのがきっかけ。「♪あはは、うふふ、えへへのおほほでだっふんだ」の歌は、四代目三遊亭金馬らの人気番組『お笑い三人組』のメロディーを使用している。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見た藤山寛美

    「理想のお笑い」を追求すべく、2006年4月に東京芸術劇場で『志村魂(しむらこん)』と銘打って公演。前半に「バカ殿様」とコント1本、後半は藤山寛美の作品『一姫二太郎三かぼちゃ』をラサール石井がリメイクした舞台を上演した。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見た渥美清

    噂は尾ひれがついて拡大し、「群馬県の赤城国際カントリークラブで急性心筋梗塞を起こし急死した」、「尾瀬を観光中に尾瀬沼に落ちて溺死した」、「煙草の吸いすぎが原因の肺ガンで、宇都宮のがんセンター(栃木県立がんセンター)で死んだ」、「栃木県の国道で交通事故に巻き込まれて事故死した」、「死んだことは四十九日法要が過ぎてからでないと公表されない(この時期に亡くなった渥美清が、遺言に四十九日法要が済むまで公表するなと書いていたことからと言われている)」、「今放送している番組は生前に撮り溜めしたもの」などと具体的な内容の噂に発展。栃木県立がんセンターが「志村さんは入院していない」という異例の声明を出すに至り、9月28日には本人がインターホン越しに記者会見し健在をアピールする事態になった。志村けん フレッシュアイペディアより)

380件中 91 - 100件表示

「志村けん」のニューストピックワード