418件中 111 - 120件表示
  • 志村けん

    志村けんから見たラサール石井

    2006年4月、「理想のお笑い」を追求すべく、東京芸術劇場で『志村魂(しむらこん)』と銘打った舞台を上演する。前半に「バカ殿様」とコント1本、後半は藤山寛美の作品『一姫二太郎三かぼちゃ』をラサール石井がリメイクした舞台を上演した。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見た上妻宏光

    近年は津軽三味線を趣味としており、上妻宏光の指導を受けて短期間で上達、舞台(『志村魂』など)の後半で度々披露するようになっている。きっかけは、上妻の楽曲「紙の舞」を聴いて感銘を受けた志村が、その曲が弾けるようになりたいと上妻に指導を頼み込んだことにある。当初、上妻は「紙の舞」は非常に高度な技術が要求されるため、志村には基礎的なじょんから節から教えようと思っていたにもかかわらず、予想を超えるスピードで志村が「紙の舞」を習得してしまったという逸話がある。志村は、この上妻の楽曲「紙の舞」を舞台で度々演奏する。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見たルロイ・アンダーソン

    上記の夫婦コントの中などでも、たびたび行われていたギャグ。食事の前に「何かいい音楽ないの?」と志村が切り出し、相方がテープレコーダーのスイッチを入れると、ルロイ・アンダーソンの楽曲「タイプライター」が流れてくる。最初は普通に食べているが、余りのテンポの速さにせわしない食べ方になってしまい、「チーン、サッ」の音とともに、素早くカメラ目線をしては元に戻るという動作を繰り返す。最後には「やめろよ! 落ち着いて食事ができないじゃないか!」と志村が怒ってオチがつく。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見た花の中三トリオ

    桜田淳子との夫婦コント。『全員集合』の後半戦で、桜田がゲスト出演するたび毎回のように披露された。何をやっても駄目な新妻・桜田を、夫・志村が事細かく叱りまくり、叱られるたびに桜田が「私って駄目な女ね。あなたの妻でいる資格なんかないわ」と泣き崩れる(切ない音楽と共に照明が暗くなる)。そのたび、志村がなだめて桜田をおだて、(軽やかな音楽と共に照明が明るいピンク色になり)明るい表情に一変した桜田が「淳子、しあわせ…」と愛される幸せをかみしめる…というパターンを何度か繰り返す(例:桜田「お帰りなさい、あなた。ご飯にする?それともお風呂にする?」志村「じゃ、お風呂」というと桜田がお風呂に水を入れておくのを忘れていた。あるいは、ご飯炊くの忘れていた等)。ところが、志村の背広のポケットから“おさわりバー・百恵”という文字の入ったマッチが出てきて(“百恵”は山口百恵のこと。桜田と同じ花の中三トリオで親友かつライバル)、逆に桜田が志村を徹底的に糾弾。志村が「私って駄目な男ね。あなたの夫でいる資格なんかないわ」と泣き崩れてオチがつく。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見た小出義雄

    2004年12月7日、東京都三鷹市内の自宅に泥棒が侵入し、時計や宝石類1000万円相当と現金40万円を盗まれる被害に遭った。本人は会見で「迷惑だねぇ」と困惑の色を隠せなかったが、のちに「ちゃんと仕事して金稼いで下さい」と犯人にコメントし、最後に「だいじょうぶだぁー」と締めた。後に『天才!志村どうぶつ園』でこの事件が取り上げられた際、ペットの犬たちは人懐こいため泥棒に吠えなかったことが明かされ、「番犬にならない」と苦笑した。また、ホームセキュリティに加入していたにも関わらず、警備員が駆けつける前に盗難被害に遭ったことも話題となった。当時、志村は『発掘!あるある大事典?』の収録の為、大阪に行っている最中に起きた出来事である。似たような事件が2年前小出義雄の自宅でも起こっており、約500万円の現金が盗まれている。小出は「警察には被害届を出さない代わりに、その金を元手に商売するか、まっとうに仕事をしろ!」と犯人にアピールした。志村のコメントは小出のアピールを引用したものと思われる。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見たバッファロー吾郎A

    岡村隆史は、「アイーン」という音の考案者は木村明浩(バッファロー吾郎)であると語っている。過去に木村が、上記の志村のポーズにオリジナルで「アイーン」と音を付けて披露していた。これを覚えていた岡村が、志村との競演時に木村同様に音をつけて「アイーン」を行い、志村が逆にそれ取り入れたことで、現在のものになったという。また、人気番組『進ぬ!電波少年』(日本テレビ)で、なすびが志村の真似をした際に「アイーン」と声を発したことで、全国的に認知されるようになった。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見た竹村よしひこ

    わ〜お!ケンちゃん(作:竹村よしひこ、小学館コロコロコミックス、全6巻、1991年 - 1995年)志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見たハナ肇とクレージーキャッツ

    ハナ肇とクレージーキャッツのメンバーであった植木等のカバーだが、歌詞と振り付けの一部がオリジナルとは異なる。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見た北天佑勝彦

    そこまで言う!? 早見優、北天佑、しょうゆ、ラー油、アイラブユー。仲直り!(いしのようことのコンビ)志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見た田代まさし

    1985年に『全員集合』が終了。1986年に『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』がスタート。加藤がボケで、志村がツッコミを担当する。その後、自身をメイン出演者とした初の冠番組『志村けんの失礼しまぁーす!』(日本テレビ)、『志村けんのだいじょうぶだぁ』(フジテレビ、現在は単発不定期で放送中)、現在も続く『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ)などで、ドリフメンバー以外(田代まさし・松本典子・桑野信義・石野陽子・ダチョウ倶楽部)との活動が多くなる。この頃から「変なおじさん」に代表される、ドリフとは一線を画した独自のコントスタイルを確立し、第2の人気ピークとなる。志村けん フレッシュアイペディアより)

418件中 111 - 120件表示

「志村けん」のニューストピックワード