418件中 31 - 40件表示
  • 志村けん

    志村けんから見た宮沢りえ

    それ以外の芸能人では、ビートたけしやウッチャンナンチャン、宮沢りえやデーブ・スペクター(デブ・スペクターというデブキャラに設定されている)やダウンタウン、観月ありさ、ジミー大西、津川雅彦(当時、出演していたパナソニックのテレビ受像機「画王」CMキャラクターの王様で)、間寛平、ルー大柴、島木譲二、ラッキィ池田、タモリ、加勢大周(モチーフは加勢だが、「汗体臭」と言う名前の汗臭いキャラに設定されている)、山田邦子などのデフォルメキャラがいる。そのまんま東(現:東国原英夫)もさりげなくキャラとして描かれていた。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見た高倉健

    『古畑任三郎』の犯人役のオファーを断るなど、一貫してコントやバラエティ以外のテレビ番組や映画には出演しないことを信条としていた志村だったが、1999年には映画『鉄道員(ぽっぽや)』に俳優として出演した。自宅の留守番電話に主演の高倉健直々の出演依頼のメッセージが残されていたため、「健さんの申し出があったのに出演しないとは言えなかった」と出演の理由を明かしている。この時の録音テープは、家宝としてその後も大切に保存しているという。なお、その映画で担当した役は原作にはないシーンで原作に登場しない人物である。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見た所ジョージ

    東村山第二中学校時代は文化祭でよくコントを披露していたといい、所ジョージ(隣市・埼玉県所沢市出身)の遠戚とバンドを組んだこともあった。その後、両親の方針で「お金がかからない都立に行け」との理由から、新設された東京都立久留米高等学校に進学し、同高の第1期生となる。志村の中学校から同高を受験したのは志村を含めて13人で、教師からは「志村は無理だろう」と言われたが、合格したのは志村1人だけであった。同高ではサッカー部に所属し、GKとして在籍した。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見たいしのようこ

    1980年代から1990年代中盤にかけて、女優の太地喜和子やいしのようことの交際の噂が各メディアでたびたび報じられたものの、結婚へは辿り着かなかった。太地、いしのともに番組で共演、太地が亡くなった際には番組で追悼企画が組まれた。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見た須賀健太

    アースジェット(アース製薬、単独出演 → 須賀健太と共演、2002年 - )志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見た山田邦子

    それ以外の芸能人では、ビートたけしやウッチャンナンチャン、宮沢りえやデーブ・スペクター(デブ・スペクターというデブキャラに設定されている)やダウンタウン、観月ありさ、ジミー大西、津川雅彦(当時、出演していたパナソニックのテレビ受像機「画王」CMキャラクターの王様で)、間寛平、ルー大柴、島木譲二、ラッキィ池田、タモリ、加勢大周(モチーフは加勢だが、「汗体臭」と言う名前の汗臭いキャラに設定されている)、山田邦子などのデフォルメキャラがいる。そのまんま東(現:東国原英夫)もさりげなくキャラとして描かれていた。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見たデーブ・スペクター

    それ以外の芸能人では、ビートたけしやウッチャンナンチャン、宮沢りえやデーブ・スペクター(デブ・スペクターというデブキャラに設定されている)やダウンタウン、観月ありさ、ジミー大西、津川雅彦(当時、出演していたパナソニックのテレビ受像機「画王」CMキャラクターの王様で)、間寛平、ルー大柴、島木譲二、ラッキィ池田、タモリ、加勢大周(モチーフは加勢だが、「汗体臭」と言う名前の汗臭いキャラに設定されている)、山田邦子などのデフォルメキャラがいる。そのまんま東(現:東国原英夫)もさりげなくキャラとして描かれていた。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見たザ・ぼんち

    当時は黒澤明の映画『影武者』が話題になっており、橋幸夫も漫才コンビザ・ぼんちに物まねをされて再ブレイクしていた。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見た氷川きよし

    父親は元軍人で、戦後は小学校教諭となり教頭まで昇進した。しかし、志村が中学生の頃に、自宅前で交通事故に遭って以来、後遺症による高次脳機能障害(と思われる状態)となり、志村がドリフの付き人になろうと決意した頃には、物事の判断がほとんどできなかったという。そのため、志村が実際にドリフの付き人になった時にも、父親の反対はなかったという。志村の爺さんコントは「この時期の父親をモデルにしたもの」であると、自身の著書『変なおじさん』にて明言している。また、志村の芸名は父親の名前「憲司(けんじ)」に由来するという(なお、父親は志村が正式にドリフのメンバーになる前に亡くなった)。一方、母親の和子は踊りや芸事が好きで、自分は母親の性格を受け継いだのかもしれないと語っている。母親は氷川きよしの大ファンで、『バカ殿』のコントにも出演したことがあるが、2015年11月23日に96歳で亡くなった。志村の兄の1人である志村知之は、長年東村山市に公務員として、2017年4月まで働いていた。知之が退職する日に、東村山市長渡部尚と握手している写真が掲載され、「志村けんそっくり」と話題になった。志村けん フレッシュアイペディアより)

  • 志村けん

    志村けんから見た黒澤明

    当時は黒澤明の映画『影武者』が話題になっており、橋幸夫も漫才コンビザ・ぼんちに物まねをされて再ブレイクしていた。志村けん フレッシュアイペディアより)

418件中 31 - 40件表示

「志村けん」のニューストピックワード