201件中 91 - 100件表示
  • グーフィーの催眠療法

    グーフィーの催眠療法から見た睡眠睡眠

    不眠症に陥ったグーフィーのストーリーを交えながら、ナレーターが睡眠について説明する。グーフィーの催眠療法 フレッシュアイペディアより)

  • Mie

    Mieから見た睡眠睡眠

    ストレス解消法 : 運動、マッサージ、睡眠 Mie フレッシュアイペディアより)

  • 中学受験

    中学受験から見た睡眠睡眠

    一般的に、中学受験をする場合、学習塾に通う生徒の割合は高いとされている。一方、学習塾通いが要因で学校の授業や行事を軽視する、遊び時間や睡眠時間が削られる、夜道を歩くのが危険など子供の生活や安全が蝕まれるとする意見もある。中学受験 フレッシュアイペディアより)

  • 仮眠

    仮眠から見た睡眠睡眠

    仮眠(かみん)とは短時間の睡眠を取ることである。成人しているヒトは一日7?8時間の睡眠が必要と言われるが、満足な睡眠時間を得られない場合にそれを補足する形で仮眠を取ったり一日の生活における睡眠そのものが仮眠であったり、生活リズムに昼寝を取り入れそれがあたりまえの生活になるなど各人の生活により仮眠の有無や頻度が大きく異なる。仮眠 フレッシュアイペディアより)

  • ネコ

    ネコから見た睡眠睡眠

    ネコの語源が「寝子」であるという説もあるほどにイエネコの睡眠時間は人間に比べて長い。一般的に、ネコは一日の大半を寝て過ごすと言われている。ネコの飼い方の本(獣医師による解説)などでは、一般に「14時間程度」とか「16時間程度」と解説されていることが多い。また「長いネコでは20時間程度眠る」といった解説も多い。ネコ フレッシュアイペディアより)

  • 視床下部

    視床下部から見た睡眠睡眠

    視床下部(ししょうかぶ、Hypothalamus)とは、間脳(視床の前下方で、第三脳室下側壁)に位置し、自律機能の調節を行う総合中枢である。中脳以下の自律機能を司る中枢がそれぞれ呼吸運動や血管運動などの個々の自律機能を調節するのに対して、視床下部は交感神経・副交感神経機能及び内分泌機能を全体として総合的に調節している。視床下部には、体温調節中枢、下垂体ホルモンの調節中枢、浸透圧受容器などがある。また、視床下部は摂食行動や飲水行動、性行動、睡眠などの本能行動の中枢、及び怒りや不安などの情動行動の中枢でもある。視床下部 フレッシュアイペディアより)

  • 仮面高血圧

    仮面高血圧から見た睡眠睡眠

    仮面高血圧は、高血圧の指摘を受けたことがない未治療の人でみられる場合と、高血圧治療を受けているが降圧薬の持続が短いために生じる場合とがある。前者は、職場でストレスの多い中では高血圧となっているのに、健康診断ではストレスから解放されて正常血圧となってしまう、いわゆる職場高血圧がこれに属する。また睡眠中の血圧が下降せず高いまま早朝まで持続する、ノン・デイッパーとよばれる人たちもこれに属する。ノン・デイッパーは睡眠時無呼吸症候群の人に多いとされる。仮面高血圧 フレッシュアイペディアより)

  • 時間生物学

    時間生物学から見た睡眠睡眠

    睡眠周期(すいみんしゅうき)とは人間の睡眠において観察されるレム睡眠・ノンレム睡眠の繰り返し周期をさす。約90分とされるが、個人差があり、同一人物でも日によって差がある。時間生物学 フレッシュアイペディアより)

  • おかしな刑事

    おかしな刑事から見た居眠り睡眠

    東王子署刑事課刑事。階級は警部補。愛称は「鴨志田さん、カモさん」。岡崎真実の父。ただし、真実との親子関係は同僚には隠している。妻とは真実が小さい時に離婚している。事件現場で、起こったと思われることを身振り手振りで再現しようとする仕草をよくやっていて、部下は「踊り」と称する。捜査会議に居眠りをし、単独行動をよくする。おかしな刑事 フレッシュアイペディアより)

  • アイマスク

    アイマスクから見た睡眠睡眠

    アイマスクとは、特に明るい場所で睡眠をとりやすくするため目を覆い光を遮るために用いるものをいう。アイマスク フレッシュアイペディアより)

201件中 91 - 100件表示