201件中 41 - 50件表示
  • 網様体

    網様体から見た睡眠睡眠

    網様体は視床を介して覚醒と睡眠の調節にも深く関わっている。痛みで目が覚めるなどの反応は、痛覚線維から伝わった刺激が網様体に入り、網様体の活動を促して意識や運動機能を活発にすると説明される。この様子は脳波の測定により観察できるが、詳しい機序には不明な部分も多い。網様体 フレッシュアイペディアより)

  • ジュリオ・トノーニ

    ジュリオ・トノーニから見た睡眠睡眠

    ジュリオ・トノーニ(Giulio Tononi)はアメリカの精神科医、神経科学者。研究の対象は意識と睡眠ジュリオ・トノーニ フレッシュアイペディアより)

  • 原将明

    原将明から見た睡眠睡眠

    特技は薄っぺらいトーク、趣味は睡眠原将明 フレッシュアイペディアより)

  • 快感

    快感から見た睡眠睡眠

    快感(かいかん)は、気持ち良いと感じる事。喜び・幸せ・満足等の感情と密接に結びついている。脳科学的には、報酬系における神経伝達物質を介した神経細胞間の活動で定義される。食・摂水・睡眠など、動物としての本能に根ざした行動は、快感という報酬と不快感という罰によりコントロールされる。食欲など欲求が満たされれば快感を覚え、満たされなければ不快感を覚える。欲求とは、不快感を解消し、快感を得ることを(本能的に)希求する心のありかたと捉える事も出来るといえる。その他、大脳の高次機能の発達した人間は、長期的な目標の達成等、動物的欲求以外の状態からも快感を得る事が可能である。美しいものを見て、素晴らしい音楽を聴き、楽しい時を過ごす事によって人は快感を得る。快感 フレッシュアイペディアより)

  • アイソレーション・タンク

    アイソレーション・タンクから見た睡眠睡眠

    タンクによるフローティングは睡眠と覚醒をコントロールする技術であり、覚醒した意識の中での夢見を可能にする。前述のシータ波に近い徐波状態では、鮮やかな映像が脳内に描写され、瞑想の熟達者が体験しうる意識状態に近いといわれる。アイソレーション・タンク フレッシュアイペディアより)

  • 労働教養

    労働教養から見た睡眠睡眠

    起床は午前6時で、消灯は午後10時である。毎回15分の食事のとき以外のほとんどの時間は、無報酬の労働作業である。ノルマをこなせない者は睡眠時間がカットされる。労働教養 フレッシュアイペディアより)

  • 金子幸伸

    金子幸伸から見た睡眠睡眠

    趣味は深夜のテレビ鑑賞・睡眠・ダーツ・スキー。金子幸伸 フレッシュアイペディアより)

  • オドー

    オドーから見た睡眠睡眠

    あらゆるものに姿を変えることが出来、質量保存の法則を無視して小動物などに変身したこともある。普段は自分を見出し保護し知識を与えてくれたヒューマノイド人種に彼なりの敬意を表して人間の姿を模しているが、顔を再現することは苦手で、唇がなくやや顔立ちがのっぺりとしている。特に髪型は、彼を調査していた研究者を真似たものであることが作中で明言されている。定期的な休息(おそらく睡眠)を必要とし、16時間以上姿を変え続けることは厳しいことから、オドーの場合は液体状の姿に戻った上でベッド代わりに愛用しているバケツに入り体を休める。他の創設者と一時的に同化する「繋がり」を行うことによって、互いの知識を交換することもできる。オドー フレッシュアイペディアより)

  • メイ・ロン

    メイ・ロンから見た睡眠睡眠

    メイ・ロンは小型の獣脚類であるトロオドン科に分類される。発見された個体はまだ成長途上と見られ、全長53cmほどである。発掘されたときの化石の状態は、現生鳥類が眠るときにとる姿勢と同様に、首を後ろに回して頭部を肘の下に入れる形をとっていた。骨の脱臼がほとんどなかったことから、土砂の重みなどで死後に変形したものではなく、睡眠中または休息中の姿勢でそのまま化石化したものであると考えられている。メイ・ロン フレッシュアイペディアより)

  • 精神分析入門

    精神分析入門から見た睡眠睡眠

    フロイトは続いて夢の分析を行っている。夢をみる本人の心理には無意識の領域があると考えれば、夢と無意識との関係が問題となる。フロイトは夢を無意識的なものを歪曲した代理物として見なしており、夢を解釈する目的はこの無意識的なものを発見することと定められる。そもそも夢は願望を直接充足させるものであり、同時にそれは歪曲されて表出されるものである。つまり夢は睡眠を妨げる願望を幻覚的な充足により解決する心的作用である。精神分析入門 フレッシュアイペディアより)

201件中 41 - 50件表示

「快眠」のニューストピックワード