144件中 101 - 110件表示
  • 睡眠

    睡眠から見たハッカー文化

    2000年代に入って米国などでも、Lifehack(ハッカー文化の一端にある仕事術)の延長で、短時間の昼寝が注目されている。昼寝をすることで、大切な頭脳の働きが良くなるのであり、頭脳労働をする人々のあいだではそれが重視されている。その一方で、労働時間の増加により地中海地方の国々に於いてもシエスタを行わない企業が増加しつつある。睡眠 フレッシュアイペディアより)

  • 睡眠

    睡眠から見たショートスリーパー

    稀にではあるが、遺伝的に睡眠時間が短い人間(ショートスリーパー)は存在する。睡眠 フレッシュアイペディアより)

  • 睡眠

    睡眠から見た仏教

    仏教思想と結び付けて、頭を北に、足を南に配置する形で寝ることは北枕と呼ばれ、忌避されている。睡眠 フレッシュアイペディアより)

  • 睡眠

    睡眠から見たニューヨークタイムズ

    「まったく睡眠を取らずに健康に生活している」と主張する者がいるのは事実である。一例を挙げると、アメリカ・ニュージャージー州で暮らしていたアル・ハーピン(1862? - 1947)という人物は「生涯で一度も眠ったことのない男」として『ニューヨークタイムズ』誌が少なくとも2度にわたって記事で紹介しており、比較的よく知られている。睡眠 フレッシュアイペディアより)

  • 睡眠

    睡眠から見たルクス

    入眠ニューロンは体温の上昇によって活動が亢進するため、入眠前に入浴をすることや入眠時に寝室を暖かくすることは有効である。また睡眠にはメラトニンが関わっており、メラトニンを脳にある松果体で生成するには起床中に2500ルクス以上の光を浴びる必要がある。睡眠 フレッシュアイペディアより)

  • 睡眠

    睡眠から見た地中海

    スペインを初めとする地中海地方などに於いては昼食の後に睡眠を含む一休みをする「午睡(シエスタ)」の風習がある。健康増進の効果がある。睡眠 フレッシュアイペディアより)

  • 睡眠

    睡眠から見たオレイン酸アミド

    オレイン酸アミド が脳脊髄液中に増加。この物質は、東京大学大学院/キリン/小岩井乳業の共同研究によれば、認知症の原因となるアミロイドβの沈着を防止するとされる。睡眠 フレッシュアイペディアより)

  • 睡眠

    睡眠から見た風呂

    風呂に入浴中の居眠りは溺死の危険性がある。睡眠 フレッシュアイペディアより)

  • 睡眠

    睡眠から見た冬眠

    ヒトと異なり、生物の中には、長い期間覚醒しない種もある。これは冬眠と呼ばれる。冬眠する生物の例として、クマ、リス、カエルなどが挙げられる。睡眠 フレッシュアイペディアより)

  • 睡眠

    睡眠から見たカリフォルニア大学サンディエゴ校

    ヒトに必要な睡眠量には個体差があり、7 - 8時間の場合が多い。カリフォルニア大学サンディエゴ校のDaniel KripkeらのSleep medicine掲載論文や名古屋大学医学部大学院玉腰暁子の研究によれば、1日の睡眠時間が7時間の人は他の人たちに比べて死亡リスクが低い。ただし、睡眠時間が短い人や長い人が睡眠時間を7時間にすれば死亡しにくくなるのかどうかはわかっていない。睡眠 フレッシュアイペディアより)

144件中 101 - 110件表示

「快眠」のニューストピックワード