1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
74件中 71 - 74件表示
  • 睡眠

    睡眠から見た成長ホルモン

    睡眠の目的は、心身の休息、記憶の再構成など高次脳機能にも深く関わっているとされる。下垂体前葉は、睡眠中に2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する。放出間隔は睡眠によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は睡眠時に特に促進される。その他、免疫力の向上やストレスの除去などがあるが、完全に解明されていない部分も多い。睡眠 フレッシュアイペディアより)

  • 睡眠

    睡眠から見たグレリン

    睡眠時間が短い人は、血中の食欲を抑えるレプチンが少なく食欲を増進させるグレリンが多い。 その結果、睡眠時間が短くなるほど食欲が亢進しやすく肥満になるリスクが高くなる。睡眠 フレッシュアイペディアより)

  • 睡眠

    睡眠から見た

    またヒトをはじめとする大脳の発達したいくつかの動物では、睡眠中にと呼ばれるある種の幻覚を体験することがある。睡眠 フレッシュアイペディアより)

  • 睡眠

    睡眠から見た脳細胞

    必要な睡眠時間は種ごとの体の大きさに依存する。例えば小型の齧歯類では15時間 - 18時間、ネコでは12 - 13時間、イヌでは10時間、ゾウでは3 - 4時間、キリンではわずか30分 - 1時間である。これは大型動物ほど代謝率が低く、脳細胞の傷害を修復する必要が少なくなるためとも考えられている。また草食動物は睡眠をする間は無防備で捕食者に狙われやすいので睡眠時間は短い傾向がある。睡眠 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
74件中 71 - 74件表示

「快眠」のニューストピックワード