94件中 61 - 70件表示
  • 怒髪天

    怒髪天から見たハードコア・パンク

    メンバー全員が北海道の出身である。自らの音楽をJAPANESE R&E(リズム&演歌)と称している。結成は1984年で、当時高校生だった増子直純を除くと、全員現在とは違うメンバーだった。当初はハードコア・パンクバンドであったが、1986年に一時解散。同年増子と上原子友康を中心にメンバーを一新して再スタート。2人の共通の趣味であったローリング・ストーンズやブルースを基調としながらも、RCサクセションやアナーキー、憂歌団などの国内のグループや、歌謡曲や演歌の影響も強く受けている。1991年日本クラウンよりメジャーデビューするが、その後1996年に活動を一時休止。1999年にインディーズに戻り活動再開、2004年にテイチクエンタテインメントのレーベルインペリアルレコードより再メジャーデビューした。怒髪天 フレッシュアイペディアより)

  • 怒髪天

    怒髪天から見た演奏会

    ライブのMCでは、ドラムでありながら積極的にしゃべる。ライブDVD「リズム&ダンディー “Dメン2010 日比谷より愛をこめて”」では、特典として坂さんドッキリ企画が収録されている。また2014年7月2日には、「今夜も始まっているだろう」というシングルで事実上のソロデビューを果たした。怒髪天 フレッシュアイペディアより)

  • 怒髪天

    怒髪天から見たぶっちゃけRock'n はっちゃけRoll/ベイビーステップ

    ベイビーレイズ「ぶっちゃけRock'n はっちゃけRoll」(2014年5月14日)怒髪天 フレッシュアイペディアより)

  • 怒髪天

    怒髪天から見たブルース

    メンバー全員が北海道の出身である。自らの音楽をJAPANESE R&E(リズム&演歌)と称している。結成は1984年で、当時高校生だった増子直純を除くと、全員現在とは違うメンバーだった。当初はハードコア・パンクバンドであったが、1986年に一時解散。同年増子と上原子友康を中心にメンバーを一新して再スタート。2人の共通の趣味であったローリング・ストーンズやブルースを基調としながらも、RCサクセションやアナーキー、憂歌団などの国内のグループや、歌謡曲や演歌の影響も強く受けている。1991年日本クラウンよりメジャーデビューするが、その後1996年に活動を一時休止。1999年にインディーズに戻り活動再開、2004年にテイチクエンタテインメントのレーベルインペリアルレコードより再メジャーデビューした。怒髪天 フレッシュアイペディアより)

  • 怒髪天

    怒髪天から見た西日暮里

    父親は新潟県出身、母親は東京都荒川区西日暮里の商家の出身。そのため子供の頃から東京に行く機会は多く、メジャーデビューで上京する際もさほどのカルチャーショックは受けなかった。ただ、本州の桜の見事さには驚いたという。怒髪天 フレッシュアイペディアより)

  • 怒髪天

    怒髪天から見た魚津市

    The BERICH(富山県魚津市在住のアニメクリエイターユニット) - 「Merry X'mas Mr.Lonelyman」ミュージックビデオ怒髪天 フレッシュアイペディアより)

  • 怒髪天

    怒髪天から見た演歌

    メンバー全員が北海道の出身である。自らの音楽をJAPANESE R&E(リズム&演歌)と称している。結成は1984年で、当時高校生だった増子直純を除くと、全員現在とは違うメンバーだった。当初はハードコア・パンクバンドであったが、1986年に一時解散。同年増子と上原子友康を中心にメンバーを一新して再スタート。2人の共通の趣味であったローリング・ストーンズやブルースを基調としながらも、RCサクセションやアナーキー、憂歌団などの国内のグループや、歌謡曲や演歌の影響も強く受けている。1991年日本クラウンよりメジャーデビューするが、その後1996年に活動を一時休止。1999年にインディーズに戻り活動再開、2004年にテイチクエンタテインメントのレーベルインペリアルレコードより再メジャーデビューした。怒髪天 フレッシュアイペディアより)

  • 怒髪天

    怒髪天から見た怒髪天・増子直純の月刊★ロック判定

    怒髪天・増子直純の月刊★ロック判定(2014年4月- 最終土曜のみ、増子)怒髪天 フレッシュアイペディアより)

  • 怒髪天

    怒髪天から見たロック (音楽)

    怒髪天(どはつてん)は、日本のロックバンド。2014年にバンド結成30周年を迎えた。所属レコード会社はテイチクエンタテインメント。所属事務所はバッド・ミュージック・グループ。怒髪天 フレッシュアイペディアより)

  • 怒髪天

    怒髪天から見たインペリアルレコード (日本)

    メンバー全員が北海道の出身である。自らの音楽をJAPANESE R&E(リズム&演歌)と称している。結成は1984年で、当時高校生だった増子直純を除くと、全員現在とは違うメンバーだった。当初はハードコア・パンクバンドであったが、1986年に一時解散。同年増子と上原子友康を中心にメンバーを一新して再スタート。2人の共通の趣味であったローリング・ストーンズやブルースを基調としながらも、RCサクセションやアナーキー、憂歌団などの国内のグループや、歌謡曲や演歌の影響も強く受けている。1991年日本クラウンよりメジャーデビューするが、その後1996年に活動を一時休止。1999年にインディーズに戻り活動再開、2004年にテイチクエンタテインメントのレーベルインペリアルレコードより再メジャーデビューした。怒髪天 フレッシュアイペディアより)

94件中 61 - 70件表示

「怒髪天」のニューストピックワード