106件中 31 - 40件表示
  • 東通ビデオセンター事業部

    東通ビデオセンター事業部から見た恋空恋空

    恋空(TBS、ドリマックス・テレビジョン 2008年7月〜9月、土曜20時)東通ビデオセンター事業部 フレッシュアイペディアより)

  • 渋谷シネフロント

    渋谷シネフロントから見た恋空恋空

    2007年 - どろろ、女帝 [エンペラー]、ラッシュアワー3、恋空、AVP2渋谷シネフロント フレッシュアイペディアより)

  • 月曜ゴールデン

    月曜ゴールデンから見た恋空恋空

    2008年12月22日放送分は三億円事件を題材にした映画『昭和事件史スペシャル 「初恋」』が、翌週の29日は映画『恋空』がそれぞれ放送された。月曜ゴールデン フレッシュアイペディアより)

  • 純愛

    純愛から見た恋空恋空

    恋空』『赤い糸』などのケータイ小説純愛 フレッシュアイペディアより)

  • 天使がくれたもの

    天使がくれたものから見た恋空恋空

    ケータイ小説としてはYoshiの『Deep Love』に続くヒット作であり、『恋空』『赤い糸』へと続くいわゆる素人系ケータイ小説の流行(第2次ケータイ小説ブーム)のきっかけとなった。天使がくれたもの フレッシュアイペディアより)

  • データベース消費

    データベース消費から見た恋空恋空

    社会学者の宮台真司や作家の鏡裕之は、2006年から2007年にかけて大ブームとなった『恋空』をはじめとするケータイ小説群は、データベース消費モデルでは説明がつかないとしている。他方、評論家の宇野常寛はケータイ小説について、データベース消費が浸透した社会では「文体」という国家的な機能(大きな物語)が失効するため代替としてプロットを肥大化させることによって強度を獲得したものだと解釈しており、ライトノベルブームにせよケータイ小説ブームにせよ実用書的小説ブームにせよ、テクスト自体の内容よりもそれを媒介として背景にあるデータベースにどれだけ効率的にアクセスできるかが重要になっているということを示していると述べている。批評家・社会学者の濱野智史は、ケータイ小説の愛好者がしばしば口にする「感動」を、東浩紀がデータベース消費を論じるときに例として挙げた動物化したオタクの「萌え」と同様の感覚への刺激として捉えている。データベース消費 フレッシュアイペディアより)

  • 葵 (女優)

    葵 (女優)から見た恋空恋空

    恋空(2008年8月2日 - 9月13日、TBS) - 亜矢 役葵 (女優) フレッシュアイペディアより)

  • 廣田朋菜

    廣田朋菜から見た恋空恋空

    恋空(2007年11月3日、今井夏木監督)廣田朋菜 フレッシュアイペディアより)

  • 坂田直貴

    坂田直貴から見た恋空恋空

    恋空(2007年11月3日公開、東宝)坂田直貴 フレッシュアイペディアより)

  • BLOODY MONDAY

    BLOODY MONDAYから見た恋空恋空

    Season2の視聴率はSeason1は二桁台だったことに対し、Season2はこの枠では『恋空』以来全てにおいて一桁台となり伸び悩んだ(Season2は録画率はトップ)。BLOODY MONDAY フレッシュアイペディアより)

106件中 31 - 40件表示

「恋空」のニューストピックワード