894件中 91 - 100件表示
  • 白水の滝 (群馬県)

    白水の滝 (群馬県)から見た恐竜恐竜

    漣岩 - 白亜紀の漣痕と恐竜の足跡白水の滝 (群馬県) フレッシュアイペディアより)

  • マンアフターマン

    マンアフターマンから見た恐竜恐竜

    5000万年後の地球の生態系を描いた『アフターマン』、6500万年前に滅亡せずに進化を続けた恐竜を扱った『新恐竜』に続き、今作では『500万年後の人類の姿』を描写している。マンアフターマン フレッシュアイペディアより)

  • 三笠市立博物館

    三笠市立博物館から見た恐竜恐竜

    1階部分には、来館者が直接手で触れることのできる約1メートル程のサイズのアンモナイトの化石がフロア中に展示されており、巻貝や二枚貝のイノセラムスの化石も手でじかに触れることが可能な展示品である。そのほかにも、恐竜を再現したジオラマや爬虫類の骨格の化石標本、白亜紀に存在した大型の肉食爬虫類であるエゾミカサリュウが展示されている。特にこのエゾミカサリュウの展示品は、1976年6月21日に採取された標本で、翌1977年に文部省から天然記念物の指定を受けたものである。三笠市立博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 志賀坂峠

    志賀坂峠から見た恐竜恐竜

    漣岩(さざなみいわ 白亜紀の海辺の波の跡と恐竜の足跡の化石)志賀坂峠 フレッシュアイペディアより)

  • バリオニクス亜科

    バリオニクス亜科から見た恐竜恐竜

    バリオニクス亜科 (-あか) は、恐竜の一分類群で、獣脚亜目スピノサウルス科に分類される亜科。バリオニクス、スコミムス、を含む。バリオニクス亜科 フレッシュアイペディアより)

  • ヌーロサウルス

    ヌーロサウルスから見た恐竜恐竜

    ヌーロサウルス (Nurosaurus ) は、白亜紀前期に生息していた草食恐竜で、アジア最大級の竜脚類である。推定体長は約25m。発見後しばらくはヌオエロサウルス (Nuoerosaurus ) という名前で知られていたが、現在の呼称は「ヌーロサウルス(Nurosaurus )」である。名称改変の理由は後述する。ただし、名称は発表されたが肝心の記載論文はまだ発表されていないので、どちらも正式な学名ではない。ヌーロサウルス フレッシュアイペディアより)

  • クリプトバータル

    クリプトバータルから見た恐竜恐竜

    絶滅目である多丘歯目のキモロドン亜目ジャドクタテリウム科に属する。恐竜と同時期に生きている。頭長はおよそ3cm。クリプトバータル フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド地質調査所地質博物館

    ポーランド地質調査所地質博物館から見た恐竜恐竜

    入り口から展示ホールに向かうと、最初にジュラ紀の恐竜 ディロフォサウルスのリアルな実物大模型が口を開けて見学者を出迎える。このディロフォサウルスは最初アメリカで発見されたが、後にポーランドの山地でも足跡の化石が発見されたため、かつて実際にポーランドの地を闊歩していた恐竜として足跡化石とともに中央ホールのメイン展示の一つになっており、羽毛に被われた姿で復元されている。そこから奥に進むと、やはりポーランド国内で発見されたマンモスの一種のケナガマンモス、 ケブカサイ、 ホラアナグマなどの全身骨格などが展示されている。ポーランド地質調査所地質博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮中央歴史博物館

    朝鮮中央歴史博物館から見た恐竜恐竜

    恐竜のジオラマに始まり、古代、原始時代の土器や青銅器、鉄器、装飾品などや、李氏朝鮮時代の朝鮮絵画や陶磁器など約10万点の文化遺産が所蔵、展示されており、朝鮮半島北部の歴史を通覧できるようになっている。朝鮮中央歴史博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 動物フィギュア

    動物フィギュアから見た恐竜恐竜

    顕著な傾向としては、「家畜及び愛玩動物」、「野生動物」、「海洋生物」、「恐竜及び先史時代の動物」にシリーズを分ける傾向があり、特に高い人気を誇る恐竜のフィギュア(ミニチュア)に関しては独自にカテゴリーを形成している。動物フィギュア フレッシュアイペディアより)

894件中 91 - 100件表示

「恐竜」のニューストピックワード