894件中 21 - 30件表示
  • 南極ゴジラ

    南極ゴジラから見た恐竜恐竜

    目撃談によれば、その大きさも形態も、現在知られる動物とは異なる。南極近海にはクジラ類の他、攻撃性が強く大形のヒョウアザラシもいるが、いずれにも該当しない。ゴジラという名称からは恐竜のような動物が連想されるが、突出した耳介や体毛が事実であるなら、恐竜とは考えられない。南極ゴジラ フレッシュアイペディアより)

  • エウクネメサウルス

    エウクネメサウルスから見た恐竜恐竜

    エウクネメサウルス(Eucnemesaurus)は、中生代三畳紀のアメリカ合衆国に生息していた原竜脚類に分類される恐竜。発見当初は大型肉食恐竜のものと考えられており、断片的な大腿骨の化石標本は100年前に見つかっていたが、1985年にガルトンによって「アリワリア(アリワル(南アフリカの地名「アリワルノース」のもの)」と記載された。 名称はそのがっしりした脛骨から「すごい脛骨のとかげ」の意。エウクネメサウルス フレッシュアイペディアより)

  • ノアサウルス

    ノアサウルスから見た恐竜恐竜

    ノアサウルス(Noasaurus leali)は、白亜紀後期の南米(アルゼンチン)に生息していた竜盤目-獣脚亜目-ケラトサウルス下目ノアサウルス科の小型肉食恐竜である。後足の第2指にはドロマエオサウルス科のようなかぎ爪を持っている小型肉食恐竜で、南半球に生息していたノアサウルスは背骨などの骨の構造が南半球の大陸で独自の進化をしたアベリサウルスなどに似ている。ノアサウルスは北半球に生息していた小型獣脚類、ドロマエオサウルス科の姿そっくりに収斂進化した恐竜である。ノアサウルス フレッシュアイペディアより)

  • バリオニクス

    バリオニクスから見た恐竜恐竜

    バリオニクス (Baryonyx) は、中生代白亜紀前期(約1億2,500万年前)の現イギリスに生息していた獣脚類(肉食恐竜)。属名は「重々しいツメ」を意味する。魚食傾向の強い恐竜だったのではないかとされている。バリオニクス フレッシュアイペディアより)

  • 新潟県立自然科学館

    新潟県立自然科学館から見た恐竜恐竜

    このほか、日本海側最大級のプラネタリウム、実物大の恐竜が動く「マイアサウラ劇場」、迫力ある立体映像が楽しめる「バーチャル・リアリティ劇場」、科学館オリジナル二足歩行ロボットがいる「生活を豊かにするロボット」などがあり、さらに館内では様々な実験・実演を行っている。新潟県立自然科学館 フレッシュアイペディアより)

  • 竜弓類

    竜弓類から見た恐竜恐竜

    竜弓類(りゅうきゅうるい、Sauropsida )は四肢動物有羊膜類の分類群の一つ。蜥形類とも。有羊膜類の二大グループの一方で、哺乳類よりもワニやトカゲに近縁な生物の総称。他にカメ、恐竜、鳥類、ヘビなどを含む。中竜類(絶滅)と爬虫類に分岐。竜弓類 フレッシュアイペディアより)

  • エルンスト・シュトローマー

    エルンスト・シュトローマーから見た恐竜恐竜

    シュトローマーはエジプトサウルス、バハリアサウルス、カルカロドントサウルス、および現在知られるなかで最大の獣脚類、スピノサウルスといった、エジプトにて発掘された白亜紀の恐竜について学名の記載を行った。エルンスト・シュトローマー フレッシュアイペディアより)

  • 阪田 佳代

    阪田佳代から見た恐竜恐竜

    恐竜博2005(ポウター)阪田佳代 フレッシュアイペディアより)

  • マイアサウラ

    マイアサウラから見た恐竜恐竜

    マイアサウラ (Maiasaura) は、中生代白亜紀後期の北アメリカ大陸に生息していた鳥脚類の恐竜恐竜の中では初めて、子育てを本格的に行なっていたという可能性が指摘されたため、「良い母親トカゲ」という意味の属名がつけられた。マイアサウラ フレッシュアイペディアより)

  • エピデンドロサウルス

    エピデンドロサウルスから見た恐竜恐竜

    エピデンドロサウルス(Epidendrosaurus)は、中生代ジュラ紀に生息した獣脚類の恐竜。全長などは不明で謎の多い恐竜である。中国の内モンゴル自治区で発見された。エピデンドロサウルス フレッシュアイペディアより)

894件中 21 - 30件表示

「恐竜」のニューストピックワード