1309件中 21 - 30件表示
  • 胃石

    胃石から見た恐竜恐竜

    絶滅動物、例えば竜脚下目の恐竜も、硬い植物をすり潰すため胃石を持っていたことが判明している。獣脚類の化石と共に胃石が発見されることは希であり、肉食恐竜が食物の粉砕に胃石を用いたとは考えづらい。胃石 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥頸類

    鳥頸類から見た恐竜恐竜

    鳥頸類(ちょうけいるい、学名:)は、翼竜、恐竜(含鳥類)、そして両者の共通祖先に極近縁なラゴスクス類を含む動物群であり、三畳紀から現世まで生存している。オルニソディラ類ともいう。鳥頸類 フレッシュアイペディアより)

  • ノアサウルス

    ノアサウルスから見た恐竜恐竜

    ノアサウルス(Noasaurus)は、白亜紀後期の南米(アルゼンチン)に生息していた竜盤目-獣脚亜目-ケラトサウルス下目ノアサウルス科の小型肉食恐竜である。後足の第2指にはドロマエオサウルス科のようなかぎ爪を持っている小型肉食恐竜で、南半球に生息していたノアサウルスは背骨などの骨の構造が南半球の大陸で独自の進化をしたアベリサウルスなどに似ている。ノアサウルスは北半球に生息していた小型獣脚類、ドロマエオサウルス科の姿そっくりに収斂進化した恐竜である。(しかし両者は完全に隔絶して生息していたわけでもない。南米で発掘されたウネンラギアのように南半球にもドロマエオサウルス類が進出していたことが、明らかになってきている)ノアサウルス フレッシュアイペディアより)

  • マッソスポンディルス

    マッソスポンディルスから見た恐竜恐竜

    マッソスポンディルス(Massospondylus)はジュラ紀前期に棲息していた小型?中型の植物食恐竜の一種。古竜脚類のひとつ。全長4m程度。マッソスポンディルス フレッシュアイペディアより)

  • ヒサクニヒコ

    ヒサクニヒコから見た恐竜恐竜

    ヒサ クニヒコ(1944年2月3日 - )は、日本の漫画家、イラストレーター、恐竜研究家。本名、久 邦彦(読み同じ)。東京都出身。慶應義塾大学法学部卒。息子に漫画家の久正人、義弟(妹の夫)にイラストレーターの小林弘隆。ヒサクニヒコ フレッシュアイペディアより)

  • マイアサウラ

    マイアサウラから見た恐竜恐竜

    マイアサウラ (Maiasaura) は、中生代白亜紀後期の北アメリカ大陸に生息していた鳥脚類の恐竜恐竜の中では初めて、子育てを本格的に行なっていたという可能性が指摘されたため、「良い母親トカゲ」という意味の属名がつけられた。マイアサウラ フレッシュアイペディアより)

  • キノドン類

    キノドン類から見た恐竜恐竜

    ペルム紀末から三畳紀初頭にかけ(P-T境界)、パンゲア大陸の完成の影響により発生した超大型のホットプルーム「スーパー・プルーム」がドーム状の押し上げとなって地上に達することでシベリアに大噴火が起こり、これによって大規模な環境破壊が引き起こされた。地上は高温にさらされ、それまで30%近くあった酸素濃度が大きく低下した。この大量絶滅によって地球上の生命の9割が淘汰された。高温を避け、低酸素の環境にも耐え得る能力を持った生物のみ(気嚢システムを持つ鳥の祖先である恐竜のさらなる祖先含む)が地上では生きながらえる事が出来たのだった。それには穴居性が大きく関わっていると思われる。同じく生き延びたディキノドン類も、こうした性質を持つものがいた。キノドン類 フレッシュアイペディアより)

  • 南極ゴジラ

    南極ゴジラから見た恐竜恐竜

    目撃談によれば、その大きさも形態も、現在知られる動物とは異なる。南極近海にはクジラ類の他、攻撃性が強く大形のヒョウアザラシもいるが、いずれにも該当しない。ゴジラという名称からは恐竜のような動物が連想されるが、突出した耳介や体毛が事実であるなら、恐竜とは考えられない。南極ゴジラ フレッシュアイペディアより)

  • 竜弓類

    竜弓類から見た恐竜恐竜

    竜弓類(りゅうきゅうるい、Sauropsida )は四肢動物有羊膜類の分類群の一つ。蜥形類とも。有羊膜類の二大グループの一方で、哺乳類よりもワニやトカゲに近縁な生物の総称。他にカメ、恐竜、鳥類、ヘビなどを含む。中竜類(絶滅)と爬虫類に分岐。竜弓類 フレッシュアイペディアより)

  • くちばし

    くちばしから見た恐竜恐竜

    鳥類以外にも、哺乳類のカモノハシや爬虫類の一部に見られ、恐竜にもくちばしを持ったものがいた(後述)。くちばし フレッシュアイペディアより)

1309件中 21 - 30件表示

「恐竜」のニューストピックワード