1309件中 31 - 40件表示
  • 気嚢

    気嚢から見た恐竜恐竜

    気嚢(きのう)/()は、鳥類が備えている呼吸器官である。鳥類の祖たる恐竜にもほぼ同様の器官が存在したことが研究によって示唆されている。気嚢 フレッシュアイペディアより)

  • オヴィラプトル

    オヴィラプトルから見た恐竜恐竜

    オヴィラプトル (Oviraptor) は中生代白亜紀後期(約9,900万年前 - 約6,500万年前)に現在のモンゴルに生息していたマニラプトル形類の恐竜での属の一つである。属名は「卵泥棒」を意味する。オヴィラプトル フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜ルネッサンス

    恐竜ルネッサンスから見た恐竜恐竜

    19世紀中盤以降、進化論についての議論の発展とともに、多くの科学者が鳥類と恐竜の系統的な関係について注目した。1859年に種の起原が発刊されてすぐに、トーマス・ハックスリーは鳥類が恐竜の子孫であるとの考えを示した。彼は一部の恐竜と始祖鳥と現在の鳥類との間に認められる骨格の類似点を詳細に示した。恐竜ルネッサンス フレッシュアイペディアより)

  • エルンスト・シュトローマー

    エルンスト・シュトローマーから見た恐竜恐竜

    シュトローマーはエジプトサウルス、バハリアサウルス、カルカロドントサウルス、および現在知られるなかで最大の獣脚類、スピノサウルスといった、エジプトにて発掘された白亜紀の恐竜について学名の記載を行った。エルンスト・シュトローマー フレッシュアイペディアより)

  • 龍神の艦隊

    龍神の艦隊から見た恐竜恐竜

    6400万年前の白亜紀、知的生物に進化した一部の恐竜たちは超古代文明を築き上げていた。しかし小惑星落下による種の滅亡が迫り、彼ら恐竜人は巨大な岩塊をくり抜いて恐竜帝国を建造。昭和11年の日本にむけて時空跳躍を敢行した。龍神の艦隊 フレッシュアイペディアより)

  • 単弓類

    単弓類から見た恐竜恐竜

    三畳紀後期初頭、中規模な大量絶滅が地球を襲い、再び多数の系統が姿を消した。獣弓類では、テロケファルス類の姿は既になく、ディキノドン類もゴンドワナ大陸にわずかに生き残っているだけになってしまった。キノドン類も例外でなく、トリティロドン類、トリテレドン類、そして哺乳形類の三グループが生き延びただけであった。これらはいずれも小型のグループであった。トリテレドン科は肉食、トリティロドン科は草食のグループであった。三畳紀後期は既に獣弓類の時代ではなく、恐竜をはじめとする主竜類に陸上生態系の大半を占められていた。トリテレドン類はジュラ紀前期、トリティロドン科は白亜紀前期まで生き延びた。トリティロドン科は後に現れる多丘歯類あるいは齧歯類に似た生物であったが、多丘歯類との競合の末、石川県手取層群で発見された歯の化石を最後に、その化石記録は途絶えている。単弓類 フレッシュアイペディアより)

  • 羽毛恐竜

    羽毛恐竜から見た恐竜恐竜

    羽毛恐竜(うもうきょうりゅう)とは羽毛の痕跡が化石記録で確認されている恐竜を指す言葉である。とくに1990年代以降、中国の遼寧省から多数の羽毛恐竜の化石が発見され、鳥類の起原や羽毛の発生に関する議論の中で大きな役割を果たした。羽毛恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・オーウェン

    リチャード・オーウェンから見た恐竜恐竜

    その比較解剖学の深い知識によりキュヴィエの後継者と目され(師弟関係はない)、「イギリスのキュヴィエ」とも呼ばれた。科学史においては「恐竜」という語の創設と、ダーウィン進化論への熱烈な反論で知られる。英国科学界の頂点であったことから王室との個人的なつながりもあったが、妻と息子には先立たれ学界でも孤立し、公私ともに孤独な晩年であった。一般的に、有能で科学への寄与も大きいが、人間性は高く評価されることが少ない。1842年に騎士の称号を一度辞退しているが、1884年の退官時にあらためてバス二等勲爵士として騎士に列せられた。リチャード・オーウェン フレッシュアイペディアより)

  • ウンババ

    ウンババから見た恐竜恐竜

    『スーパーマリオワールド』で初登場。赤い恐竜のような姿をしていて、溶岩の中から目だけを出して地上を見渡し、マリオが来ると上半身だけ出して突進してまた溶岩に潜る。マリオの攻撃で倒す事は出来ないのだが、ヨッシーに食べさせる事が可能。ウンババ フレッシュアイペディアより)

  • 竜

    から見た恐竜恐竜

    英語の (や他の西洋諸語におけるこれに相当する単語)の訳語として「竜」が用いられるように、巨大な爬虫類を思わせる伝説上の生物を広く指す場合もある。さらに、恐竜をはじめとする化石爬虫類の種名や分類名に用いられる saurus(、トカゲ)の訳語としても「竜」が用いられている。このように、今日では広範な意味を持つに至っている。 フレッシュアイペディアより)

1309件中 31 - 40件表示

「恐竜」のニューストピックワード