894件中 41 - 50件表示
  • ざわざわ森のがんこちゃん

    ざわざわ森のがんこちゃんから見た恐竜恐竜

    環境汚染の影響で一部の地域を除いて地球は砂漠と化し、人類は既に絶滅していた。そこではかつて人間による遺伝子操作によってつくられた高度な知能を持つ恐竜などの動物達(サソリやカタツムリ、キノコや木、あるいは河童などの架空の動物をベースにした生物もいる)が、人類に代わり、地球で文明を営んでいた。「ざわざわ森のがんこちゃん」は都会から、まだ自然が残る「ざわざわ森」へ引っ越してきた恐竜一家と、その仲間達の物語である。毎回のストーリーは子供向けの作品であるだけに分かりやすいものであるが、深い設定がある。ざわざわ森のがんこちゃん フレッシュアイペディアより)

  • ペルシダー・シリーズ

    ペルシダー・シリーズから見た恐竜恐竜

    地球空洞説を採用したSF作品ではあるが、冒険小説としての面が強い。原始人や恐竜などの古生物も登場するが、オリジナルのモンスターも登場する。バローズの4大シリーズでは3番目に開始された。ペルシダー・シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • キルル

    キルルから見た恐竜恐竜

    キルル誕生の経緯は恐竜が絶滅した頃の6500万年前に遡る。そもそもキルルはケロン軍が地球侵略のために製造したもので、当時、夏美や冬樹たちのような現在の地球人類は出現しておらず(人類の祖先は数百万年前の誕生)、そこに住んでいた恐竜が地球人類だと認識していたため彼らをターゲットに定め、さらに恐竜たちが狂暴性の高い種族であったため、キルルの戦闘力がこれに合わせて設定された。彼等の同化により、一部の恐竜は思惑通りの暴走を始める。キルル フレッシュアイペディアより)

  • ワイト島

    ワイト島から見た恐竜恐竜

    ワイト島はヴィクトリア朝にリゾート地として大衆化した場所で、自然が美しく、毎年世界でも有名なレガッタが行われるカウズの王立ヨット隊の本拠地として知られている。ここは住民が普段「島」と呼んでいる。15世紀に一時イングランドに支配されたことや詩人アルフレッド・テニスンの自宅やヴィクトリア女王が好んだ避暑地であり、女王が晩年を過ごしたオズボーン・ハウスなど豊富な歴史がある。海運では飛行艇や世界最初のホーヴァークラフトが作られるなどの産業がある。1970年には前年のウッドストックを上回る約60万人が集まった過去最大のロック音楽祭のひとつワイト島祭の拠点になった。ワイト島祭は2002年にメッセージ性のない形で復活し、2006年の呼び物は、コールドプレイ、フー・ファイターズ、プロディジーであった。ワイト島はヨーロッパで恐竜の化石が最も豊富な場所のひとつでもある。ワイト島 フレッシュアイペディアより)

  • K-T境界

    K-T境界から見た恐竜恐竜

    K-T境界(ケイ・ティーきょうかい)とは地質年代区分の用語で、約6550万年前の中生代と新生代の境目に相当する。顕生代において5回発生した大量絶滅のうちの最後の事件。恐竜を代表とする大型爬虫類やアンモナイトが絶滅したことで有名であるが、海洋のプランクトンや植物類にも多数の絶滅種があった。種のレベルで最大約75%の生物が絶滅した。K-T境界 フレッシュアイペディアより)

  • 尾

    から見た恐竜恐竜

    小泉吉宏のマンガ、『ドッポたち』では、主人公の恐竜の小学生青山ドッポの尻尾を触ると、気持ちが和らぐためよく同級生に触れられる。ドッポは尻尾に触れられると冗談で「力が抜ける」と言ったりすることがある。 フレッシュアイペディアより)

  • キノドン類

    キノドン類から見た恐竜恐竜

    ペルム紀末から三畳紀初頭にかけ(P-T境界)、パンゲア大陸の完成の影響により発生した超大型のホットプルーム「スーパー・プルーム」がドーム状の押し上げとなって地上に達することでシベリアに大噴火が起こり、これによって大規模な環境破壊が引き起こされた。地上は高温にさらされ、それまで30%近くあった酸素濃度が大きく低下した。この大量絶滅によって地球上の生命の9割が淘汰された。高温を避け、低酸素の環境にも耐え得る能力を持った生物のみ(気嚢システムを持つ鳥の祖先である恐竜のさらなる祖先含む)が地上では生きながらえる事が出来たのだった。それには穴居性が大きく関わっていると思われる。同じく生き延びたディキノドン類も、こうした性質を持つものがいた。キノドン類 フレッシュアイペディアより)

  • アンパンマン

    アンパンマンから見た恐竜恐竜

    恐竜の骸骨を模した自律歩行タイプのロボット。肋骨が檻になっていて、口から吸い込んで閉じ込めてしまう。バラバラになってもすぐに再生するが、頭蓋骨が弱点。アンパンマン フレッシュアイペディアより)

  • 竜

    から見た恐竜恐竜

    ドラゴンの訳語として「竜」が用いられるように、巨大な爬虫類を思わせる伝説上の生物全般を指す場合もある。さらに、恐竜を始めとする化石爬虫類の種名や分類名に用いられる saurus (、トカゲ) の訳語としても「竜」が用いられている。このように、今日では広範な意味を持つに至った「竜」であるが、本項では、中国の伝説に起源を持つ竜を説明する。 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥類

    鳥類から見た恐竜恐竜

    現存している鳥類の大きさの範囲はマメハチドリの5cmからダチョウの2.75mにおよぶ。化石記録によれば、鳥類は年から年前ごろのジュラ紀のあいだに、獣脚類恐竜から進化したことが示されている。そして最も初期の鳥類として知られているのが、ジュラ紀後期の始祖鳥 (Archaeopteryx lithographica) で、おおよそ年から前である。現在では、大部分の古生物学者が、鳥類を約年前のK-T境界絶滅イベントを生き延びた、恐竜の唯一の系統群であると見なしている。鳥類 フレッシュアイペディアより)

894件中 41 - 50件表示

「恐竜」のニューストピックワード