前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
333件中 1 - 10件表示
  • 恐竜

    恐竜から見たワニ

    大衆的に恐竜の一群としてイメージされやすい翼竜・首長竜・魚竜などは恐竜には含まれない。ただし翼竜は恐竜やワニと同じく主竜類に属し、恐竜とは「姉妹群」の関係にあたる。その一方、首長竜や魚竜は恐竜とは遠縁の水棲爬虫類である。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たトカゲ

    は 「恐ろしい」 + 「とかげ」の合成であり、1842年、それまでに発見されていた3種の化石爬虫類(イグアノドン、メガロサウルス、ヒラエオサウルス)の新しい分類名として、リチャード・オーウェンによって命名されたものである(ただし、オーウェンは:en:wikt:δεινός の語を英語で(「恐ろしいほど大きな」)という意味で用いたという)。語根 -saur- には「竜」をあてるのが通例である。「○○サウルス」といえば「恐竜の名前」として認識されがちだが、実際にはトカゲ型の動物や爬虫類には、現生のものであっても「-saurus」と学名の付いたものが少なくない(例えばエリマキトカゲの学名はChlamydosaurus kingiiであり、カタカナに直せば"クラミドサウルス・キンギイ"となる)。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たジャック・ゴーティエ

    1861年、ドイツのゾルンホーフェンにおける後期ジュラ紀の地層より発掘された化石に基づき、Archaeopteryx(始祖鳥)が初めて報告された。始祖鳥は、それまで鳥に特有とされていた羽毛を持ちながら、発達した歯や手指、長い尾を持つなど、爬虫類のような特徴を多く保持していた。1868年には、トマス・ハクスリーがこの化石に基づき、鳥の祖先が恐竜であったと述べている。しかし論争は続き、20世紀にはゲルハルト・ハイルマン(Gerhard Heilmann)により、鳥は恐竜ではなく、より祖先的な主竜類から分岐したと述べられた。この説は一時、よく受け入れられたが、1969年にジョン・オストロムらがデイノニクスを記載し(次項で詳述)、ふたたび鳥の祖先として恐竜が挙げられるようになった。その後もジャック・ゴーティエによる分岐学的手法の発達や、新たな祖先的鳥類やマニラプトラ類をはじめとする化石の発見が相次ぎ、現在では(本記事で幾度も述べられた通り)恐竜と鳥との関係はほとんど疑いのないものとなっている。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たジョン・オストロム

    初めて恐竜が見つかったときには、爬虫類であるとして変温動物と考えられていた。それに異を唱え、「恐竜は恒温動物である」とした研究者にはジョン・オストロムやその弟子のロバート・T・バッカーなどがいる。彼らを含む研究者の一部は、恐竜を含む主竜類、特に小型の獣脚類は温血動物であったと主張している。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たリチャード・オーウェン

    は 「恐ろしい」 + 「とかげ」の合成であり、1842年、それまでに発見されていた3種の化石爬虫類(イグアノドン、メガロサウルス、ヒラエオサウルス)の新しい分類名として、リチャード・オーウェンによって命名されたものである(ただし、オーウェンは:en:wikt:δεινός の語を英語で(「恐ろしいほど大きな」)という意味で用いたという)。語根 -saur- には「竜」をあてるのが通例である。「○○サウルス」といえば「恐竜の名前」として認識されがちだが、実際にはトカゲ型の動物や爬虫類には、現生のものであっても「-saurus」と学名の付いたものが少なくない(例えばエリマキトカゲの学名はChlamydosaurus kingiiであり、カタカナに直せば"クラミドサウルス・キンギイ"となる)。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た竜脚類

    その身体のサイズも、ニワトリほど大きさのものから、陸上においては最大級のものまでさまざまであった。最大のものは竜脚類で、その中でも判明している範囲ではスーパーサウルスが最も大きい。これら竜脚類は、水棲のクジラ類を除けば地球の歴史上最も大きな動物であり、陸棲動物では地球史上最大である。さらに、アンフィコエリアスはクジラより大きかったとされる。ただし、こちらは現存するものが曖昧な化石の発掘時の記録しかないため、実在が疑問視されている。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たジュラ紀

    酸素濃度35%のペルム紀以降は、リグニンの分解能を獲得した菌類による木材の分解により酸素濃度は低下しジュラ紀後期の2億年前には酸素濃度は12%まで低下した。気嚢は、横隔膜方式よりも効率的に酸素を摂取できる機能があり、低酸素下でもその機能を維持し繁栄することができた。競合する哺乳類型爬虫類は低酸素下でその種の大部分が絶滅することとなった。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たフクイサウルス

    イグアノドン科 - イグアノドン、オウラノサウルス、フクイサウルス恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た骨盤

    腸骨、恥骨、坐骨で構成された骨盤に、大腿骨がはまり込む場所である寛骨臼(かんこつきゅう)が貫通している。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たエドウィン・ハリス・コルバート

    またエドウィン・ハリス・コルバートらがアメリカアリゲーターの総排泄口に温度計を差し込み、体温を計測する実験を行った結果、大型の個体程体温の変化が緩やかであるという結論が得られた。故に、「大型の竜脚類などでは容積が大きいので結果的に体温を体内に保つことが出来る「慣性恒温性」で体温を保っていた」とする主張もあり、研究が続けられている。恐竜 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
333件中 1 - 10件表示

「恐竜」のニューストピックワード