前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
300件中 1 - 10件表示
  • 恐竜

    恐竜から見たスティーヴン・スピルバーグ

    1990年には、作家マイケル・クライトンが遺伝子工学により恐竜を現代に蘇えらせるという小説『ジュラシック・パーク』を発表、スティーヴン・スピルバーグによる映画版ではILMの製作したリアルなCG恐竜が話題を呼び、世界中に恐竜ブームを巻き起こした。以後その続編や『ダイナソー』『ウォーキングwithダイナソー〜驚異の恐竜王国』などのCG恐竜映画が製作され、他にもCMやPVなど3DCG作品において恐竜(特にティラノサウルス)は定番のキャラクターのひとつとなっている。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たマイケル・クライトン

    1990年には、作家マイケル・クライトンが遺伝子工学により恐竜を現代に蘇えらせるという小説『ジュラシック・パーク』を発表、スティーヴン・スピルバーグによる映画版ではILMの製作したリアルなCG恐竜が話題を呼び、世界中に恐竜ブームを巻き起こした。以後その続編や『ダイナソー』『ウォーキングwithダイナソー〜驚異の恐竜王国』などのCG恐竜映画が製作され、他にもCMやPVなど3DCG作品において恐竜(特にティラノサウルス)は定番のキャラクターのひとつとなっている。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たトカゲ

    は 「恐ろしい」 + 「とかげ」の合成であり、1841年、それまでに発見されていた3種の化石爬虫類(イグアノドン、メガロサウルス、ヒラエオサウルス)の新しい分類名として、リチャード・オーウェンによって命名されたものである (ただし、オーウェンは:en:wikt:δεινός の語を英語で(「恐ろしいほど大きな」)という意味で用いたという)。「とかげ」を1字で表現できる漢字がないため、語根 -saur- には「竜」をあてるのが通例である。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たジョン・オストロム

    しかし、20世紀半ばにおいてはジョン・オストロムがデイノニクスと始祖鳥の骨格を比較した結果、この鳥がコエルロサウルス類に酷似している事を指摘している。そして1990年代以降、中国の白亜紀の地層で羽毛をもった、現在の鳥類と羽毛のない恐竜の間を埋める、羽毛のある恐竜の化石が相次いで発見され、系統関係が明らかになってきた。羽毛をもった恐竜には、シノサウロプテリクス・プロターケオプテリクス・カウディプテリクス・ミクロラプトル・ディロングなどがある。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た竜脚類

    その身体のサイズも、ニワトリほど大きさのものから、陸上においては最大級のものまで様々であった。最大のものは竜脚類で、その中でも判明している範囲ではスーパーサウルスが最も大きい。これら竜脚類は、クジラ類を除けば地球の歴史上最も大きな動物である。さらに、アンフィコエリアスはクジラより大きかったとされる。ただし、こちらは実在が疑問視されている。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たワニ

    古生代ペルム紀末(P-T境界)の大量絶滅により、陸上でそれまで繁栄していた単弓類などは大半のグループは絶滅し、生き残ったものは小型のものだけであった。そうして大半が空白地帯となった陸上の生態系に、様々なグループが競って進出し、ニッチを埋めていった。その中の一つが恐竜の祖先であった。他の競合者となったのが、鳥頸類の姉妹群でワニの祖先を含むクルロタルシ類及び、前時代からの残存勢力で哺乳類の祖先を含む単弓類であった。出現当初の恐竜は比較的小型であり、ほぼ同時期に現れた哺乳類共々、陸上生態系においては主流派たり得なかった。しかし、進行する乾燥と低酸素化の環境の中に両者は適応していく。哺乳類は横隔膜を使った肺呼吸をより発達させ、効率的な酸素交換を実現している。一方の恐竜は、それよりも更に高効率の呼吸システムを獲得していく。それが、現在の鳥類にも見られる気嚢である。この気嚢を獲得した事で、恐竜は高い運動能力を獲得する事になる。また、この気嚢が骨の中に入り込む事で中空の含気骨となり、骨格自体の軽量化にも貢献する事となった。これは、竜脚類などの他に類を見ない巨大化の一因ともなっている。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たフクイサウルス

    イグアノドン科 - イグアノドン、オウラノサウルス、フクイサウルス恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たロバート・T・バッカー

    初めて恐竜が見つかった時には、爬虫類であることも踏まえて変温動物と考えられていた。それに異を唱え、「恐竜は恒温動物である」とした研究者にはジョン・オストロムや彼の弟子のロバート・T・バッカーなどがいる。彼らを含む研究者の一部は、恐竜を含む主竜類、特に小型の獣脚類は温血動物であったと主張している。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たエドウィン・ハリス・コルバート

    またエドウィン・ハリス・コルバートらがアメリカアリゲーターの総排泄口に温度計を差し込み、体温を計測する実験を行った結果、大型の個体程体温の変化が緩やかであるという結論が得られた。ゆえに、「大型の竜脚類などでは容積が大きいので結果的に体温を体内に保つことが出来る「慣性恒温性」で体温を保っていた」とする主張もあり、現在も研究が続けられている。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たジャック・ゴーティエ

    恐竜の分類はジャック・ゴーティエが1986年に分岐分析法により作成した系統樹により大きく変貌している。鳥類が恐竜(獣脚類)から分岐したこともこのときに示されている。恐竜 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
300件中 1 - 10件表示

「恐竜」のニューストピックワード