333件中 21 - 30件表示
  • 恐竜

    恐竜から見た中国

    そして1990年代以降、中国の白亜紀の地層で羽毛をもった、現在の鳥類と羽毛のない恐竜の間を埋める、羽毛のある恐竜の化石が相次いで発見され、系統関係が明らかになってきた。羽毛をもった恐竜には、シノサウロプテリクス・プロターケオプテリクス・カウディプテリクス・ミクロラプトル・ディロングなどがある。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た夕張市

    北海道夕張市…ノドサウルス類恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たティラノサウルス

    File:Tyrannosaurus pelvis left.jpg|ティラノサウルスの骨盤(左側面図)恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た

    古典的分類では爬虫綱 - 双弓亜綱 - 主竜形下綱に属し、分類階級は上目とされてきた。なお、系統樹に基づく分岐学的観点から、単に「恐竜」と呼んだ場合、学術的には「鳥類」を含めることが多くなっている(後述)。このため、上記の分類群(恐竜から鳥類を除いたグループ)を指す上では、より厳密な「非鳥類型恐竜(non-avian dinosaur)」の使用が、学術論文を中心に見られる。ただし一般に「恐竜」と言えば鳥類を除いたものを指すケースが多く、依然分類群としても簡便で有用である。よって本項では特に言及のない限り、「恐竜」と言えば「非鳥類型恐竜」を指すものとする。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た彗星

    短時間で滅んだとする激変説(隕石衝突説・彗星遭遇説など)恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たテリジノサウルス

    テリジノサウルス科 Therizinosauridae - テリジノサウルス、セグノサウルス、アラシャサウルス恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た三畳紀

    恐竜(きょうりゅう)は、脊椎動物の分類群の一つである。中生代三畳紀に現れ、中生代を通じて繁栄した。多様な形態と習性のものに適応放散し、陸上動物としては非常に大きくなったものもあったが、約6,600万年前の白亜紀と新生代との境に多くが絶滅した(アラモサウルスなどの一部の属については、この後もしばらく生き延びていた可能性を主張する研究者もいる)。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たイリジウム

    そのうち、確定的とされているのは巨大隕石の衝突である。1980年、地質学者のウォルター・アルバレスとその父で物理学者のルイス・アルバレスは、世界的に分布が見られる中生界白亜系と新生界古第三系を境する粘土層(通称K-T境界層)に含まれるイリジウムの濃度が他の地層の数十倍であり、かつ、イリジウムは地殻にはほとんど存在しないことから、これが隕石の衝突によってもたらされたものであると考え、大量絶滅の原因を隕石の衝突に求めた。その後、1991年メキシコ・ユカタン半島に、直径180キロメートルの巨大クレーター(チチュルブ・クレーター)が再発見され、このクレーターを形成した隕石の衝突が恐竜絶滅の原因だとする説が提唱されたこの説では、地球規模の大火災で生態系が破壊され、衝突後に生じた塵埃が大気中に舞い、日光を遮断することで起きた急速な寒冷化が絶滅の原因であると主張された(ただし異論を唱える学者もいる)。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た進化

    恐竜は、祖先的な双弓類から進化した群で、直接的祖先は初期主竜類(かつては槽歯目としてまとめられていた)中の一群、鳥頸類の一群とされる。このグループには恐竜の他には翼竜などが含まれている。このグループは、初期段階から二足歩行へと移行しつつある形態を持っており、最初期の恐竜は既に二足歩行を獲得していた。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たオックスフォード大学

    学術的な記録としては1677年、イギリス、オックスフォード大学のアシュモリアン博物館にてロバート・プロット(Robert Plot)による大腿骨の膝関節部分の記載が最初と思われる。これはオックスフォード州中期ジュラ紀の地層より発掘されたもので、おそらくメガロサウルスのものと推測される(詳細なスケッチを残し、標本は現存していない)が、この時代に恐竜は知られておらず、プロット自身はゾウのような大型の動物の骨と考えていた。恐竜 フレッシュアイペディアより)

333件中 21 - 30件表示

「恐竜」のニューストピックワード