300件中 21 - 30件表示
  • 恐竜

    恐竜から見た中国

    しかし、20世紀半ばにおいてはジョン・オストロムがデイノニクスと始祖鳥の骨格を比較した結果、この鳥がコエルロサウルス類に酷似している事を指摘している。そして1990年代以降、中国の白亜紀の地層で羽毛をもった、現在の鳥類と羽毛のない恐竜の間を埋める、羽毛のある恐竜の化石が相次いで発見され、系統関係が明らかになってきた。羽毛をもった恐竜には、シノサウロプテリクス・プロターケオプテリクス・カウディプテリクス・ミクロラプトル・ディロングなどがある。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た夕張市

    北海道夕張市…ノドサウルス類恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た鉄腕DASH

    恐竜発掘project(鉄腕DASH恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たティラノサウルス

    いわゆる怪物、怪獣は空想上の化け物であるが、特に爬虫類の姿をモチーフにした大型の怪物は洋の東西を問わずポピュラーであり、竜やドラゴンがその例である。これに近世になって知られるようになった恐竜を見て取る声もある。「恐竜が現在に姿を現したら?」という想像は多くの人々を魅了した。そのごく初期の例がコナン・ドイルの『失われた世界』である。同様の発想から作られた映像作品は特撮にひとつの流れを作り、怪獣映画を生み出した。いわゆる怪獣には恐竜をモチーフにしたものが多く知られる。日本の怪獣のうち、たとえばゴジラはティラノサウルスの背中にステゴサウルスの背びれを付けたものとされている。他にもアンギラスはアンキロサウルス、ゴロザウルスはアロサウルスと、それぞれ実在の恐竜に由来するという設定である。更にはドラマや玩具・ゲームでは『ポケットモンスターシリーズ』のオノノクス、『ゾイドシリーズ』のジェノザウラー、『デジタルモンスターシリーズ』のグレイモン、『モンスターハンターシリーズ』のティガレックス等、恐竜を意識してデザインされたキャラクターも多い。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たアカウミガメ

    もっとも、恐竜が変温動物か恒温動物かという議論そのものが、哺乳類と鳥類が恒温動物でありそれ以外は変温動物という、古い考え方に基づくものである。現在ではそのような単純な区別はできないとされ、例えば哺乳類のナマケモノや鳥類のカッコウは体温変動が大きく、一方で魚類のクロマグロや爬虫類のアカウミガメは体温を一定に保っている。動物の恒温性と変温性は、それぞれの動物の種ごとのそれぞれの進化において選択されたものであり、そういう意味では恐竜の恒温動物説そのものが無意味と言える。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たジュラ紀

    最初期の鳥類の始祖鳥は、19世紀にドイツのジュラ紀後期の地層で発見された。しかしこの後、長らく初期鳥類の化石はほとんど発見されなかった為、鳥類の起源については諸説が乱立していた。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た

    恐竜(きょうりゅう)は、脊椎動物亜門の分類群の一つである。爬虫綱 - 双弓亜綱 - 主竜形下綱に属し、分類階級は上目とされる。中生代三畳紀に現れ、中生代を通じて繁栄した。多様な形態と習性のものに適応放散し、非常に大きくなったものもあったが、約6,550万年前の白亜紀末期に絶滅した(アラモサウルスなどのごく一部の属については、この後も暫しばらく生き延びていた可能性を主張する研究者もいる)。なお、恐竜から分岐進化した鳥類は現在でも繁栄している。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た骨盤

    恐竜の定義としては、寛骨(いわゆる骨盤)に大腿骨がはまり込む場所である寛骨臼(かんこつきゅう)が貫通している事、仙椎を構成する骨が3個以上である、などである。下位の分類としては、骨盤の形状により、竜盤類 Saurischiaと鳥盤類 Ornithischiaに大別される。竜盤類は恥骨が前方へと伸びる、トカゲなど他の爬虫類に似た骨盤を持っていた。対して鳥盤類は鳥類に似た、恥骨が腸骨にそってが後方へと伸びた形状であった。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た

    いわゆる怪物、怪獣は空想上の化け物であるが、特に爬虫類の姿をモチーフにした大型の怪物は洋の東西を問わずポピュラーであり、やドラゴンがその例である。これに近世になって知られるようになった恐竜を見て取る声もある。「恐竜が現在に姿を現したら?」という想像は多くの人々を魅了した。そのごく初期の例がコナン・ドイルの『失われた世界』である。同様の発想から作られた映像作品は特撮にひとつの流れを作り、怪獣映画を生み出した。いわゆる怪獣には恐竜をモチーフにしたものが多く知られる。日本の怪獣のうち、たとえばゴジラはティラノサウルスの背中にステゴサウルスの背びれを付けたものとされている。他にもアンギラスはアンキロサウルス、ゴロザウルスはアロサウルスと、それぞれ実在の恐竜に由来するという設定である。更にはドラマや玩具・ゲームでは『ポケットモンスターシリーズ』のオノノクス、『ゾイドシリーズ』のジェノザウラー、『デジタルモンスターシリーズ』のグレイモン、『モンスターハンターシリーズ』のティガレックス等、恐竜を意識してデザインされたキャラクターも多い。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たクジラ

    その身体のサイズも、ニワトリほど大きさのものから、陸上においては最大級のものまで様々であった。最大のものは竜脚類で、その中でも判明している範囲ではスーパーサウルスが最も大きい。これら竜脚類は、クジラ類を除けば地球の歴史上最も大きな動物である。さらに、アンフィコエリアスはクジラより大きかったとされる。ただし、こちらは実在が疑問視されている。恐竜 フレッシュアイペディアより)

300件中 21 - 30件表示