300件中 31 - 40件表示
  • 恐竜

    恐竜から見たナマケモノ

    もっとも、恐竜が変温動物か恒温動物かという議論そのものが、哺乳類と鳥類が恒温動物でありそれ以外は変温動物という、古い考え方に基づくものである。現在ではそのような単純な区別はできないとされ、例えば哺乳類のナマケモノや鳥類のカッコウは体温変動が大きく、一方で魚類のクロマグロや爬虫類のアカウミガメは体温を一定に保っている。動物の恒温性と変温性は、それぞれの動物の種ごとのそれぞれの進化において選択されたものであり、そういう意味では恐竜の恒温動物説そのものが無意味と言える。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たテリジノサウルス

    テリジノサウルス科 Therizinosauridae - テリジノサウルス、セグノサウルス、アラシャサウルス恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た三畳紀

    恐竜(きょうりゅう)は、脊椎動物亜門の分類群の一つである。爬虫綱 - 双弓亜綱 - 主竜形下綱に属し、分類階級は上目とされる。中生代三畳紀に現れ、中生代を通じて繁栄した。多様な形態と習性のものに適応放散し、非常に大きくなったものもあったが、約6,550万年前の白亜紀末期に絶滅した(アラモサウルスなどのごく一部の属については、この後も暫しばらく生き延びていた可能性を主張する研究者もいる)。なお、恐竜から分岐進化した鳥類は現在でも繁栄している。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た酸性雨

    当初の衝突による「衝突の冬」(寒冷化)が原因では、なぜ同時期に存在した両生類や爬虫類などが絶滅を免れたかという疑問が残ったが、現在でも二酸化炭素による濃度上昇に伴う気温上昇、塵による太陽光の遮断、硫酸エアロゾルによる太陽光遮断と酸性雨などについては確証がなく良く分らないのが現状であるとする意見も強い。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た2009年

    2000年〜2003年、アメリカ・モンタナ州の約6800万年前の地層で見つかった恐竜化石から、ティラノサウルス・レックスの化石化していない軟組織が発見された。ただし2009年頃には、それが現代のバクテリアの粘液に由来するものではないかという疑惑が浮上している。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たインダストリアル・ライト&マジック

    1990年には、作家マイケル・クライトンが遺伝子工学により恐竜を現代に蘇えらせるという小説『ジュラシック・パーク』を発表、スティーヴン・スピルバーグによる映画版ではILMの製作したリアルなCG恐竜が話題を呼び、世界中に恐竜ブームを巻き起こした。以後その続編や『ダイナソー』『ウォーキングwithダイナソー〜驚異の恐竜王国』などのCG恐竜映画が製作され、他にもCMやPVなど3DCG作品において恐竜(特にティラノサウルス)は定番のキャラクターのひとつとなっている。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た爬虫類

    恐竜(きょうりゅう)は、脊椎動物亜門の分類群の一つである。爬虫綱 - 双弓亜綱 - 主竜形下綱に属し、分類階級は上目とされる。中生代三畳紀に現れ、中生代を通じて繁栄した。多様な形態と習性のものに適応放散し、非常に大きくなったものもあったが、約6,550万年前の白亜紀末期に絶滅した(アラモサウルスなどのごく一部の属については、この後も暫しばらく生き延びていた可能性を主張する研究者もいる)。なお、恐竜から分岐進化した鳥類は現在でも繁栄している。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た哺乳類

    古生代ペルム紀末(P-T境界)の大量絶滅により、陸上でそれまで繁栄していた単弓類などは大半のグループは絶滅し、生き残ったものは小型のものだけであった。そうして大半が空白地帯となった陸上の生態系に、様々なグループが競って進出し、ニッチを埋めていった。その中の一つが恐竜の祖先であった。他の競合者となったのが、鳥頸類の姉妹群でワニの祖先を含むクルロタルシ類及び、前時代からの残存勢力で哺乳類の祖先を含む単弓類であった。出現当初の恐竜は比較的小型であり、ほぼ同時期に現れた哺乳類共々、陸上生態系においては主流派たり得なかった。しかし、進行する乾燥と低酸素化の環境の中に両者は適応していく。哺乳類は横隔膜を使った肺呼吸をより発達させ、効率的な酸素交換を実現している。一方の恐竜は、それよりも更に高効率の呼吸システムを獲得していく。それが、現在の鳥類にも見られる気嚢である。この気嚢を獲得した事で、恐竜は高い運動能力を獲得する事になる。また、この気嚢が骨の中に入り込む事で中空の含気骨となり、骨格自体の軽量化にも貢献する事となった。これは、竜脚類などの他に類を見ない巨大化の一因ともなっている。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た鳥類

    恐竜(きょうりゅう)は、脊椎動物亜門の分類群の一つである。爬虫綱 - 双弓亜綱 - 主竜形下綱に属し、分類階級は上目とされる。中生代三畳紀に現れ、中生代を通じて繁栄した。多様な形態と習性のものに適応放散し、非常に大きくなったものもあったが、約6,550万年前の白亜紀末期に絶滅した(アラモサウルスなどのごく一部の属については、この後も暫しばらく生き延びていた可能性を主張する研究者もいる)。なお、恐竜から分岐進化した鳥類は現在でも繁栄している。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た単弓類

    通俗的には、「恐竜」という言葉は往々にして「大昔の爬虫類」という程度の把握しやすいイメージで理解されており、同じ地質時代に生息していた翼竜や魚竜・首長竜のほかに、古生代に生息していた一部の単弓類(いわゆる哺乳類型爬虫類)なども含めた概念として呼ばれる場合が多い。いわゆる“恐竜展”や子ども向けの“恐竜図鑑”などではこれらの各種爬虫類や、さらには恐竜絶滅後の生物(マンモスなど)まで含めて展示/掲載するものがよく見られる。恐竜 フレッシュアイペディアより)

300件中 31 - 40件表示

「恐竜」のニューストピックワード