333件中 41 - 50件表示
  • 恐竜

    恐竜から見た大腿骨

    腸骨、恥骨、坐骨で構成された骨盤に、大腿骨がはまり込む場所である寛骨臼(かんこつきゅう)が貫通している。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たトリケラトプス

    分岐学の観点から、「現生鳥類とトリケラトプス(Triceratops)を含むグループの最も近い共通祖先より分岐したすべての子孫」が定義として頻繁に用いられる。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たペルム紀

    古生代ペルム紀末(P-T境界)の大量絶滅により、陸上で多様化や大型化を遂げていた単弓類の一群など、数多くのグループが絶滅した。こうして空白地帯となった陸上の生態系に、さまざまなグループが競って進出し、ニッチを埋めていったと思われる。その中の一つが恐竜の祖先であった。他の競合者となったのが、鳥頸類の姉妹群でワニの祖先を含むクルロタルシ類及び、前時代からの残存勢力で哺乳類の祖先を含む単弓類であった。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たイグアノドン

    は 「恐ろしい」 + 「とかげ」の合成であり、1842年、それまでに発見されていた3種の化石爬虫類(イグアノドン、メガロサウルス、ヒラエオサウルス)の新しい分類名として、リチャード・オーウェンによって命名されたものである(ただし、オーウェンは:en:wikt:δεινός の語を英語で(「恐ろしいほど大きな」)という意味で用いたという)。語根 -saur- には「竜」をあてるのが通例である。「○○サウルス」といえば「恐竜の名前」として認識されがちだが、実際にはトカゲ型の動物や爬虫類には、現生のものであっても「-saurus」と学名の付いたものが少なくない(例えばエリマキトカゲの学名はChlamydosaurus kingiiであり、カタカナに直せば"クラミドサウルス・キンギイ"となる)。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た哺乳類

    また、過去には伝染病説、裸子植物から被子植物への植物相の変化(草食恐竜の食物が無くなった)、原始的な哺乳類による恐竜の卵乱獲説など諸説もあったが、現在ではかえりみられない。これら諸説は、恐竜のみの絶滅の原因を考察したものであり、白亜紀末期の恐竜を含めた数多くの動植物の絶滅の原因の説明になっていないからである。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た翼竜

    大衆的に恐竜の一群としてイメージされやすい翼竜・首長竜・魚竜などは恐竜には含まれない。ただし翼竜は恐竜やワニと同じく主竜類に属し、恐竜とは「姉妹群」の関係にあたる。その一方、首長竜や魚竜は恐竜とは遠縁の水棲爬虫類である。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たメガロサウルス

    は 「恐ろしい」 + 「とかげ」の合成であり、1842年、それまでに発見されていた3種の化石爬虫類(イグアノドン、メガロサウルス、ヒラエオサウルス)の新しい分類名として、リチャード・オーウェンによって命名されたものである(ただし、オーウェンは:en:wikt:δεινός の語を英語で(「恐ろしいほど大きな」)という意味で用いたという)。語根 -saur- には「竜」をあてるのが通例である。「○○サウルス」といえば「恐竜の名前」として認識されがちだが、実際にはトカゲ型の動物や爬虫類には、現生のものであっても「-saurus」と学名の付いたものが少なくない(例えばエリマキトカゲの学名はChlamydosaurus kingiiであり、カタカナに直せば"クラミドサウルス・キンギイ"となる)。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た首長竜

    大衆的に恐竜の一群としてイメージされやすい翼竜・首長竜・魚竜などは恐竜には含まれない。ただし翼竜は恐竜やワニと同じく主竜類に属し、恐竜とは「姉妹群」の関係にあたる。その一方、首長竜や魚竜は恐竜とは遠縁の水棲爬虫類である。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た主竜類

    大衆的に恐竜の一群としてイメージされやすい翼竜・首長竜・魚竜などは恐竜には含まれない。ただし翼竜は恐竜やワニと同じく主竜類に属し、恐竜とは「姉妹群」の関係にあたる。その一方、首長竜や魚竜は恐竜とは遠縁の水棲爬虫類である。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た福島県

    福島県南相馬市…足跡(ジュラ紀)恐竜 フレッシュアイペディアより)

333件中 41 - 50件表示

「恐竜」のニューストピックワード