300件中 51 - 60件表示
  • 恐竜

    恐竜から見たカウディプテリクス

    しかし、20世紀半ばにおいてはジョン・オストロムがデイノニクスと始祖鳥の骨格を比較した結果、この鳥がコエルロサウルス類に酷似している事を指摘している。そして1990年代以降、中国の白亜紀の地層で羽毛をもった、現在の鳥類と羽毛のない恐竜の間を埋める、羽毛のある恐竜の化石が相次いで発見され、系統関係が明らかになってきた。羽毛をもった恐竜には、シノサウロプテリクス・プロターケオプテリクス・カウディプテリクス・ミクロラプトル・ディロングなどがある。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たアパトサウルス

    なお、現在でも新種の恐竜の化石が発見される、同種だと思われていた恐竜が別種だった、逆に別種だと思われていたが同種だった、骨格から体の特徴が改められるなどの新発見が相次いでおり、毎年のように最も有力な学説は変化している。すなわち恐竜研究は現在も速い速度で進展しつづけているのであり、現在最も有力な知見が将来も有力であり続ける保証は存在しない。たとえば現在アパトサウルスと呼ばれるブロントサウルスは、1980年代ころまでは必ず恐竜図鑑に登場する、代表的な恐竜とされていた。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たヴェロキラプトル

    恐竜は絶滅しており、行動を直接見ることは出来ないため、その生態は謎に満ちている。数少ない物証としては、ヴェロキラプトルとプロトケラトプスが戦っている状態で見つかった化石や、鳥類のように丸まって眠っている姿勢で発見されたメイ・ロンの化石、同種の歯型が多数残り共食いをしていたことが推定されるマジュンガサウルスの化石がある。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たコエロフィシス

    恐竜の祖先である初期主竜類は肉食性であり、エオラプトル、コエロフィシスなど最初期の恐竜も肉食の捕食者であった。しかし、原竜脚下目など比較的初期段階から草食へと移行しつつあるグループも出現している。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たアロサウルス

    アロサウルス亜科 Allosaurinae - アロサウルス、クリオロフォサウルス、サウロファガナクス恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たオルニトレステス

    ?オルニトレステス科 Ornitholestidae - プロケラトサウルス、オルニトレステス恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たステゴサウルス

    ステゴサウルス科 - ステゴサウルス、ケントロサウルス、インシャノサウルス、ダケントルルス、レクソヴィサウルス、ウエロサウルス、トゥオジャンゴサウルス恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た翼竜

    通俗的には、「恐竜」という言葉は往々にして「大昔の爬虫類」という程度の把握しやすいイメージで理解されており、同じ地質時代に生息していた翼竜や魚竜・首長竜のほかに、古生代に生息していた一部の単弓類(いわゆる哺乳類型爬虫類)なども含めた概念として呼ばれる場合が多い。いわゆる“恐竜展”や子ども向けの“恐竜図鑑”などではこれらの各種爬虫類や、さらには恐竜絶滅後の生物(マンモスなど)まで含めて展示/掲載するものがよく見られる。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た羽毛恐竜

    羽毛をもった恐竜のグループの存在から、空を飛ぶ鳥類と恐竜の進化の関係が明確になった。このように現在では、「鳥類の先祖は恐竜の獣脚類の一種である」という説がほぼ定説となった。(関連項目:羽毛恐竜恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た竜盤類

    恐竜の定義としては、寛骨(いわゆる骨盤)に大腿骨がはまり込む場所である寛骨臼(かんこつきゅう)が貫通している事、仙椎を構成する骨が3個以上である、などである。下位の分類としては、骨盤の形状により、竜盤類 Saurischiaと鳥盤類 Ornithischiaに大別される。竜盤類は恥骨が前方へと伸びる、トカゲなど他の爬虫類に似た骨盤を持っていた。対して鳥盤類は鳥類に似た、恥骨が腸骨にそってが後方へと伸びた形状であった。恐竜 フレッシュアイペディアより)

300件中 51 - 60件表示

「恐竜」のニューストピックワード