333件中 61 - 70件表示
  • 恐竜

    恐竜から見たプロトケラトプス

    恐竜は絶滅しており、行動を直接見ることは出来ないため、その生態は謎に満ちている。数少ない物証としては、ヴェロキラプトルとプロトケラトプスが戦っている状態で見つかった化石や、鳥類のように丸まって眠っている姿勢で発見されたメイ・ロンの化石、同種の歯型が多数残り共食いをしていたことが推定されるマジュンガサウルスの化石がある。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たアラモサウルス

    恐竜(きょうりゅう)は、脊椎動物の分類群の一つである。中生代三畳紀に現れ、中生代を通じて繁栄した。多様な形態と習性のものに適応放散し、陸上動物としては非常に大きくなったものもあったが、約6,600万年前の白亜紀と新生代との境に多くが絶滅した(アラモサウルスなどの一部の属については、この後もしばらく生き延びていた可能性を主張する研究者もいる)。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たコエロフィシス

    恐竜の祖先である初期主竜類は肉食性であり、エオラプトル、コエロフィシスなど最初期の恐竜も肉食の捕食者であった。しかし、原竜脚下目など比較的初期段階から草食へと移行しつつあるグループも出現している。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たオルニトレステス

    ?オルニトレステス科 Ornitholestidae -オルニトレステス恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た腸骨

    腸骨、恥骨、坐骨で構成された骨盤に、大腿骨がはまり込む場所である寛骨臼(かんこつきゅう)が貫通している。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たヘテロドントサウルス

    ヘテロドントサウルス科 Heterodontosauridae - ヘテロドントサウルス、ピサノサウルス恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た系統樹

    古典的分類では爬虫綱 - 双弓亜綱 - 主竜形下綱に属し、分類階級は上目とされてきた。なお、系統樹に基づく分岐学的観点から、単に「恐竜」と呼んだ場合、学術的には「鳥類」を含めることが多くなっている(後述)。このため、上記の分類群(恐竜から鳥類を除いたグループ)を指す上では、より厳密な「非鳥類型恐竜(non-avian dinosaur)」の使用が、学術論文を中心に見られる。ただし一般に「恐竜」と言えば鳥類を除いたものを指すケースが多く、依然分類群としても簡便で有用である。よって本項では特に言及のない限り、「恐竜」と言えば「非鳥類型恐竜」を指すものとする。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た恥骨

    腸骨、恥骨、坐骨で構成された骨盤に、大腿骨がはまり込む場所である寛骨臼(かんこつきゅう)が貫通している。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た哺乳類型爬虫類

    通俗的には、「恐竜」という言葉は往々にして「大昔の爬虫類」という程度の把握しやすいイメージで認識されており、同じ地質時代に生息していた翼竜や魚竜・首長竜のほかに、古生代に生息していた一部の非哺乳類型の単弓類(いわゆる哺乳類型爬虫類)なども含めた概念として呼ばれる場合が少なくない。「恐竜展」や子ども向けの「恐竜図鑑」などではこれらの各種爬虫類や、さらには恐竜絶滅後の生物(マンモスなど)まで含めて展示・掲載するものがよく見られる。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たマジュンガサウルス

    恐竜は絶滅しており、行動を直接見ることは出来ないため、その生態は謎に満ちている。数少ない物証としては、ヴェロキラプトルとプロトケラトプスが戦っている状態で見つかった化石や、鳥類のように丸まって眠っている姿勢で発見されたメイ・ロンの化石、同種の歯型が多数残り共食いをしていたことが推定されるマジュンガサウルスの化石がある。恐竜 フレッシュアイペディアより)

333件中 61 - 70件表示

「恐竜」のニューストピックワード