300件中 61 - 70件表示
  • 恐竜

    恐竜から見たメイ・ロン

    恐竜は絶滅しており、行動を直接見ることは出来ないため、その生態は謎に満ちている。数少ない物証としては、ヴェロキラプトルとプロトケラトプスが戦っている状態で見つかった化石や、鳥類のように丸まって眠っている姿勢で発見されたメイ・ロンの化石、同種の歯型が多数残り共食いをしていたことが推定されるマジュンガサウルスの化石がある。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たシノサウロプテリクス

    しかし、20世紀半ばにおいてはジョン・オストロムがデイノニクスと始祖鳥の骨格を比較した結果、この鳥がコエルロサウルス類に酷似している事を指摘している。そして1990年代以降、中国の白亜紀の地層で羽毛をもった、現在の鳥類と羽毛のない恐竜の間を埋める、羽毛のある恐竜の化石が相次いで発見され、系統関係が明らかになってきた。羽毛をもった恐竜には、シノサウロプテリクス・プロターケオプテリクス・カウディプテリクス・ミクロラプトル・ディロングなどがある。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たメガロサウルス

    は 「恐ろしい」 + 「とかげ」の合成であり、1841年、それまでに発見されていた3種の化石爬虫類(イグアノドン、メガロサウルス、ヒラエオサウルス)の新しい分類名として、リチャード・オーウェンによって命名されたものである (ただし、オーウェンは:en:wikt:δεινός の語を英語で(「恐ろしいほど大きな」)という意味で用いたという)。「とかげ」を1字で表現できる漢字がないため、語根 -saur- には「竜」をあてるのが通例である。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たマジュンガサウルス

    恐竜は絶滅しており、行動を直接見ることは出来ないため、その生態は謎に満ちている。数少ない物証としては、ヴェロキラプトルとプロトケラトプスが戦っている状態で見つかった化石や、鳥類のように丸まって眠っている姿勢で発見されたメイ・ロンの化石、同種の歯型が多数残り共食いをしていたことが推定されるマジュンガサウルスの化石がある。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た首長竜

    通俗的には、「恐竜」という言葉は往々にして「大昔の爬虫類」という程度の把握しやすいイメージで理解されており、同じ地質時代に生息していた翼竜や魚竜・首長竜のほかに、古生代に生息していた一部の単弓類(いわゆる哺乳類型爬虫類)なども含めた概念として呼ばれる場合が多い。いわゆる“恐竜展”や子ども向けの“恐竜図鑑”などではこれらの各種爬虫類や、さらには恐竜絶滅後の生物(マンモスなど)まで含めて展示/掲載するものがよく見られる。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た鳥盤類

    恐竜の定義としては、寛骨(いわゆる骨盤)に大腿骨がはまり込む場所である寛骨臼(かんこつきゅう)が貫通している事、仙椎を構成する骨が3個以上である、などである。下位の分類としては、骨盤の形状により、竜盤類 Saurischiaと鳥盤類 Ornithischiaに大別される。竜盤類は恥骨が前方へと伸びる、トカゲなど他の爬虫類に似た骨盤を持っていた。対して鳥盤類は鳥類に似た、恥骨が腸骨にそってが後方へと伸びた形状であった。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見たイグアノドン

    は 「恐ろしい」 + 「とかげ」の合成であり、1841年、それまでに発見されていた3種の化石爬虫類(イグアノドン、メガロサウルス、ヒラエオサウルス)の新しい分類名として、リチャード・オーウェンによって命名されたものである (ただし、オーウェンは:en:wikt:δεινός の語を英語で(「恐ろしいほど大きな」)という意味で用いたという)。「とかげ」を1字で表現できる漢字がないため、語根 -saur- には「竜」をあてるのが通例である。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た古生代

    通俗的には、「恐竜」という言葉は往々にして「大昔の爬虫類」という程度の把握しやすいイメージで理解されており、同じ地質時代に生息していた翼竜や魚竜・首長竜のほかに、古生代に生息していた一部の単弓類(いわゆる哺乳類型爬虫類)なども含めた概念として呼ばれる場合が多い。いわゆる“恐竜展”や子ども向けの“恐竜図鑑”などではこれらの各種爬虫類や、さらには恐竜絶滅後の生物(マンモスなど)まで含めて展示/掲載するものがよく見られる。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た大量絶滅

    古生代ペルム紀末(P-T境界)の大量絶滅により、陸上でそれまで繁栄していた単弓類などは大半のグループは絶滅し、生き残ったものは小型のものだけであった。そうして大半が空白地帯となった陸上の生態系に、様々なグループが競って進出し、ニッチを埋めていった。その中の一つが恐竜の祖先であった。他の競合者となったのが、鳥頸類の姉妹群でワニの祖先を含むクルロタルシ類及び、前時代からの残存勢力で哺乳類の祖先を含む単弓類であった。出現当初の恐竜は比較的小型であり、ほぼ同時期に現れた哺乳類共々、陸上生態系においては主流派たり得なかった。しかし、進行する乾燥と低酸素化の環境の中に両者は適応していく。哺乳類は横隔膜を使った肺呼吸をより発達させ、効率的な酸素交換を実現している。一方の恐竜は、それよりも更に高効率の呼吸システムを獲得していく。それが、現在の鳥類にも見られる気嚢である。この気嚢を獲得した事で、恐竜は高い運動能力を獲得する事になる。また、この気嚢が骨の中に入り込む事で中空の含気骨となり、骨格自体の軽量化にも貢献する事となった。これは、竜脚類などの他に類を見ない巨大化の一因ともなっている。恐竜 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜

    恐竜から見た主竜類

    恐竜は、祖先的な双弓類から進化した群で、直接的祖先は初期主竜類(かつては槽歯目としてまとめられていた)中の一群、鳥頸類とされる。このグループには恐竜の他には翼竜などが含まれている。このグループは、初期段階から二足歩行へと移行しつつある形態を持っており、最初期の恐竜は既に二足歩行を獲得していた。恐竜 フレッシュアイペディアより)

300件中 61 - 70件表示