前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
155件中 1 - 10件表示
  • 古村徹

    古村徹から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    、ドラフト8位で横浜ベイスターズ(現:横浜DeNAベイスターズ)へ入団。に育成選手となったのち、に戦力外通告を受けたのを機に現役を引退。から同球団の打撃投手を務めていたが、に四国アイランドリーグplusの愛媛マンダリンパイレーツへ入団し、現役復帰を果たした。古村徹 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイズリーグ

    ボーイズリーグから見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    中谷翼:仙台育英高 - 立命館大(中途退学)- 愛媛マンダリンパイレーツ - 広島東洋カープ - 読売ジャイアンツブルペン捕手ボーイズリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の野球

    2013年の野球から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    6月23日 - 【独立】香川オリーブガイナーズが愛媛マンダリンパイレーツに5対4で勝利し、前期優勝達成2013年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 横山徹也

    横山徹也から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    NPBの大阪近鉄バファローズおよびオリックス・バファローズでのプレーを経て、に四国アイランドリーグplusの愛媛マンダリンパイレーツで現役を引退。よりブルペン捕手として東北楽天ゴールデンイーグルスと契約。横山徹也 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の野球

    2014年の野球から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    5月30日 - 【独立】四国アイランドリーグplusの愛媛マンダリンパイレーツは前年NPB東京ヤクルトスワローズに在籍し、5月12日に台湾Lamigoモンキーズを解雇された正田樹の入団を発表2014年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ

    新潟アルビレックス・ベースボール・クラブから見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    過去のポストシーズンゲーム(地区チャンピオンシップ・リーグチャンピオンシップ・グランドチャンピオンシップ)におけるホーム開催球場は以下の通りである。なお、グランドチャンピオンシップは、出場チームの中で唯一県庁所在地での開催がない。また、グランドチャンピオンシップの過去のホームゲームではすべて勝利している(出場チームではほかに愛媛マンダリンパイレーツのみ)。新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    河原 純一(かわはら じゅんいち、1973年1月22日 - )は、神奈川県川崎市中原区出身の元プロ野球選手(投手、右投右打)、監督。2017年より四国アイランドリーグplus・愛媛マンダリンパイレーツの監督を務める。河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 正田樹

    正田樹から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    正田 樹(しょうだ いつき、1981年11月3日 - )は、群馬県太田市出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。四国アイランドリーグplus・愛媛マンダリンパイレーツ所属。正田樹 フレッシュアイペディアより)

  • 弓岡敬二郎

    弓岡敬二郎から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    より、四国アイランドリーグplus・愛媛マンダリンパイレーツの監督を務める。初年度は前期は最下位だったが、後期は惜しくも優勝を逃す2位ながら年間勝率2位となり、前期後期を連覇した徳島インディゴソックスとのリーグチャンピオンシップに出場。チームとしてチャンピオンシップ初勝利を挙げ対戦成績タイまで持ち込んだが、最終戦に敗れてチーム初優勝(またリーグ史上初の「年間勝率2位からの総合優勝」)を逃した。は2年目で就任後初となる後期優勝を達成、前期優勝の香川オリーブガイナーズとのリーグチャンピオンシップシップも制して、就任2年目でチームの「悲願」だった年間総合優勝を達成した。ベースボール・チャレンジ・リーグ優勝チームの新潟アルビレックス・ベースボール・クラブと対戦したグランドチャンピオンシップも3勝2敗で制し、「独立リーグ日本一」に導いた。は前後期と年間総合優勝をすべて達成する「完全優勝」を実現した。リーグでは3球団目で、監督としても3人目(他に西田真二(2回)、島田直也)となる。ベースボール・チャレンジ・リーグ優勝チームの群馬ダイヤモンドペガサスと対戦したグランドチャンピオンシップは初戦から2連勝で王手をかけたが、前年とは逆にそこから3連敗を喫し、史上2チーム目となるシリーズ連覇を逃した。同年10月27日愛媛の監督退任と、オリックスへの復帰(二軍育成統轄コーチ就任)が発表された。退任に際して、愛媛球団は弓岡の背番号77を永久欠番にすることを発表した。弓岡敬二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石毛宏典

    石毛宏典から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    、株式会社IBLJを設立し代表取締役に就任、四国アイランドリーグ(現四国アイランドリーグplus)を設立。3月10日、IBLJ代表取締役を退任し、コミッショナー専任となる。同年12月31日、四国アイランドリーグとの契約満了に伴い、リーグ運営から完全に撤退。ただし、同社設立時(単独で全額出資)から現在も主要株主の中に名を残している。コミッショナー退任について、自身のブログで「自分から言い出したものではなく、リーグ側で契約の更新を行わないと決めた」と説明した。1月、愛媛マンダリンパイレーツのシニア・チームアドバイザーに就任。石毛宏典 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
155件中 1 - 10件表示

「愛媛マンダリンパイレーツ」のニューストピックワード