155件中 51 - 60件表示
  • 小林憲幸

    小林憲幸から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    ロッテからの退団直後には、12球団合同トライアウトへ参加。NPB他球団への移籍には至らなかったが、四国・九州アイランドリーグのトライアウトを経て、2010年に長崎セインツで3年振りに同リーグへの復帰を果たした。同年限りで長崎球団が解散したことから、救済ドラフトで愛媛マンダリンパイレーツの指名を受けたことを機に、愛媛へ移籍。愛媛では監督の星野おさむの意向で先発投手に転向。2012年のシーズンは後期優勝したチームで主戦投手となり、アイランドリーグでは6年ぶりのタイトルとなる最優秀防御率と最多奪三振の2冠を獲得した。2013年も2年連続となる最優秀防御率を獲得している。2014年8月30日の対徳島戦で勝利投手となり、アイランドリーグでは野原慎二郎(元高知ファイティングドッグス)と並ぶ通算50勝を達成した。9月6日の対香川オリーブガイナーズ戦でシーズン13勝目を挙げて通算51勝目となり、リーグ通算勝利数記録を更新した。小林憲幸 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田健斗

    柴田健斗から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    2015年12月にスポーツ紙に掲載されたコメントでは、「四国・愛媛で再出発」としていた。1月19日、四国アイランドリーグplus・愛媛マンダリンパイレーツの監督だった弓岡敬二郎は、ウェブサイトに寄稿した文章で柴田が愛媛に入団予定であると記述した。それから6日後の1月25日に球団が柴田の獲得を発表した。柴田健斗 フレッシュアイペディアより)

  • 古卿大知

    古卿大知から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    からは同一リーグ内の愛媛マンダリンパイレーツに移籍した。には7年目で初の個人タイトルとなる首位打者を獲得した。このときの打率.372は2016年までリーグのシーズン記録であった。当時愛媛監督の星野おさむ(2011年就任)はウェブに寄稿した文章で、当初古卿を「若い選手のサポート役」として起用する構想であったが、選手としての意識の高さから考えを改め、「チームの精神的な柱」として評価していると記した。古卿大知 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本プロ野球

    2013年の日本プロ野球から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    11月21日 - ロッテは巨人を戦力外となった岸敬祐と、元日本ハムで今季は四国アイランドリーグplusの愛媛マンダリンパイレーツに所属の金森敬之を育成選手で獲得したことを発表、また秋季キャンプに参加していたチャッド・ハフマンの合格も発表2013年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 今治市営球場

    今治市営球場から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    開場は1952年(昭和37年)。かつてはプロ野球オープン戦の開催地ともなり、また1965年-1966年(昭和40-41年)には近鉄バファローズの秋季キャンプ地としても使用された。全国高等学校野球選手権大会(高校野球)の県予選が行われるほか、少年野球の大会なども行われている。四国アイランドリーグplus発足後は公式戦(主催は愛媛マンダリンパイレーツ)が年数回行われ、女子ソフトボール1部リーグの試合も行われる。2017年に愛媛県で開催される第72回国民体育大会の軟式野球の会場に内定している。後述する改修工事に伴い、2014年(平成26年)と2015年(平成27年)のシーズンはアイランドリーグの公式戦が実施されなかったが、2016年(平成28年)から使用が再開された。今治市営球場 フレッシュアイペディアより)

  • 西予市営野村球場

    西予市営野村球場から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    西予市営野村球場(せいよしえいのむらきゅうじょう)は、愛媛県西予市の愛宕山の南西の丘にある運動公園内にある野球場。1984年に開場。オープニングは、徳島県立池田高等学校と愛媛県立松山商業高等学校を招待して実施した。2004年の市町村合併により西予市営となった。四国アイランドリーグplus設立後、2006年より愛媛マンダリンパイレーツにより試合が開催されていたが、2016年以降は実施されていない。西予市営野村球場 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の日本プロ野球

    2005年の日本プロ野球から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    12月1日 - プロ野球実行委員会は育成選手制度と、研修生制度の導入を正式決定。その後第1回育成ドラフトが行われ、四国アイランドリーグから初の指名選手として、愛媛マンダリンパイレーツの中谷翼内野手が広島から、西山道隆投手がソフトバンクから指名を受けた。2005年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤浩行

    斉藤浩行から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    2006年から四国アイランドリーグplusの愛媛マンダリンパイレーツで、打撃コーチを5シーズン務めた。斉藤浩行 フレッシュアイペディアより)

  • 前川勝彦

    前川勝彦から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    1月に前川の高校の先輩にあたる西田真二が率いる四国・九州アイランドリーグの香川オリーブガイナーズに入団。ローテーションの一角を担い、9月24日の対愛媛マンダリンパイレーツ戦では、リーグ史上2人目となるノーヒットノーランを達成するなど活躍し、13勝1敗・防御率1.36で最優秀防御率を獲得して前後期連覇に貢献。高知ファイティングドッグスとのチャンピオンシップでも2戦2勝で、リーグの年間MVPに選出された。同年11月、NPBの12球団合同トライアウトに2年連続で参加した。しかし獲得に名乗りをあげる球団はなく韓国プロ野球・SKワイバーンズの2010年秋季キャンプ(高知市)で入団テストを受けたが、こちらも不合格となった。前川勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 松浦耕大

    松浦耕大から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    は、二軍で5試合に出場。は、四国アイランドリーグplusの愛媛マンダリンパイレーツへ派遣された。松浦耕大 フレッシュアイペディアより)

155件中 51 - 60件表示