155件中 71 - 80件表示
  • 入野貴大

    入野貴大から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    2008年に四国・九州アイランドリーグ(現・四国アイランドリーグplus)の愛媛マンダリンパイレーツに入団し、5年間で183試合に登板、17勝9敗14セーブの成績を残した。5年目の2012年、NPB入りできなければ野球を辞めるつもりだったが、プロ野球ドラフト会議での指名はなかった。シーズン終了後、環境を変える決断をし、リーグのウェーバー公示を経て徳島インディゴソックスに移籍した。入野貴大 フレッシュアイペディアより)

  • 西山道隆

    西山道隆から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    に設立されたばかりの四国アイランドリーグに挑戦し、愛媛マンダリンパイレーツに入団。高山郁夫コーチと八木沢荘六巡回コーチの指導を受け、MAX151キロのストレートを武器に7月から8月にかけて5連続完封勝利を果たすなど、10勝(リーグ4位)を挙げ、防御率1.47(リーグ2位)をマーク。さらに168奪三振を挙げ、最多奪三振のタイトルを獲得し、ベストナインを受賞した。同年12月に初めて行われたプロ野球育成ドラフトで福岡ソフトバンクホークスから2位指名を受け、四国アイランドリーグから初めてのプロ野球選手が誕生した。西山道隆 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    9月28日 - 【独立】四国アイランドリーグ後期公式戦、香川オリーブガイナーズ対愛媛マンダリンパイレーツは1?0で香川が勝ち、愛媛を対象としていたマジックナンバー「2」が「0」となり、後期優勝を決めた。香川の優勝は昨年後期から3期連続。香川は前期も優勝していることから、リーグ規定により、10月5日から始まるチャンピオンシップは、香川と年間通算勝率2位の愛媛の間で行われ、前後期優勝の香川には1勝分のアドバンテージが与えられることとなった。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤秀範

    伊藤秀範から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    コーチ在任中にチームの投手の中から冨田康祐・又吉克樹・寺田哲也・篠原慎平・松本直晃の5人がNPBのドラフト指名(冨田と篠原は育成選手枠)を受けた。このうち又吉については話し合いながらフォームを矯正してリーグ史上最高の2位指名を勝ち取り、スカウトからは「よくここまで伸ばした。ありがとう」と言われたという。また、篠原は肩の故障で愛媛マンダリンパイレーツを退団後、トライアウトを受けた際に140キロの投球が可能なことを見て「能力はやはり高い。ちゃんとフォームを修正したら復活の余地はあると思います」と監督の西田に進言して香川に入団させたと述べている。2016年のシーズン終了後、香川のコーチを退任することが発表された。伊藤秀範 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年のグランドチャンピオンシップ (独立リーグ)

    2015年のグランドチャンピオンシップ (独立リーグ)から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    2015年のグランドチャンピオンシップ(2015ねんのグランドチャンピオンシップ)は、2015年10月3日から10月12日まで、四国アイランドリーグplus優勝チームの愛媛マンダリンパイレーツと、ベースボール・チャレンジ・リーグ(BCリーグ)優勝チームの新潟アルビレックス・ベースボール・クラブによる、野球独立リーグ日本一の座をかけて行われたグランドチャンピオンシップである。初出場の愛媛と3年ぶり2回目出場の新潟という初顔合わせであった。今回シリーズでは初めて予告先発が実施された。2015年のグランドチャンピオンシップ (独立リーグ) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の野球

    2008年の野球から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    9月21日 - 【独立】愛媛マンダリンパイレーツが対香川オリーブガイナーズ戦(坊っちゃん)に1対1で引き分け、球団初の期別優勝達成。2008年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • フレデリク・アンヴィ

    フレデリク・アンヴィから見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    6月15日の愛媛マンダリンパイレーツ戦(川之江)においてアイランドリーグ史上初となるサイクル安打を達成。9月11日、任意引退を理由に退団。高知新聞の報道では、野球フランス代表への合流が退団の理由とされている。8月28日に発表されたフランス国際野球大会(この年から開催)のフランス代表メンバーには選ばれなかったが、フランス国際野球大会終了後の第33回ヨーロッパ野球選手権大会のフランス代表には選出された。オフの11月には、同じフランス代表でプレーしたレネ・レベレットと共に来日し阪神タイガースのトライアウトを受験した。フレデリク・アンヴィ フレッシュアイペディアより)

  • 梶田宙

    梶田宙から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    愛知大学経済学部を経て、に発足した四国アイランドリーグのトライアウトに合格し、高知ファイティングドッグスに入団。卒業後の進路としては軟式野球チームの内定を得ており、トライアウトは「記念受験」だったという。リーグの開幕戦となった4月29日の対愛媛マンダリンパイレーツ戦(松山中央公園野球場)に、2番・レフトでスタメン出場し、最初の打席に西山道隆から安打で出塁、盗塁の後、後続打者の安打でホームインし、リーグ公式戦初安打・初盗塁・初得点を記録する。初年度はリーグ優勝したチームで87試合に出場した。梶田宙 フレッシュアイペディアより)

  • 太田市立北中学校

    太田市立北中学校から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    プロ野球選手の正田樹(現・愛媛マンダリンパイレーツ)の母校である。太田市立北中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 陽森

    陽森から見た愛媛マンダリンパイレーツ愛媛マンダリンパイレーツ

    福岡ソフトバンクホークスの陽耀勲・北海道日本ハムファイターズの陽岱鋼・愛媛マンダリンパイレーツの陽耀華はいとこで、興農ブルズの張泰山・陽建福は遠縁の親戚に当たる。「陽」の苗字はアミ族の姓名をそのまま中国式に当てはめたものである。陽森 フレッシュアイペディアより)

155件中 71 - 80件表示

「愛媛マンダリンパイレーツ」のニューストピックワード