前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
95件中 1 - 10件表示
  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た正田樹

    後期は、前期終盤に加入した元NPBの正田樹と、カープアカデミー出身のホセ・バレンティンがそれぞれ先発とクローザーに定着し、投手力が向上した。序盤より首位に立ち、7月から8月にかけて6連勝を記録。徳島との首位争いとなり、9月9日には5連勝で徳島に2.5ゲーム差をつけたが、徳島戦2試合を含む残り4試合に連敗、徳島に逆転されて2年ぶりの後期優勝を逃した。しかし、年間勝率2位を確保し、リーグチャンピオンシップに進むことになった。なお、半期最下位を記録したチームがリーグチャンピオンシップに出場するのは初めてであった。個人タイトルは、正田が最優秀防御率、バレンティンが最多セーブを獲得した。また、正田はリーグの後期MVPに選出された。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た河原純一

    1月4日、監督にOBの河原純一の就任が発表された。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た石毛宏典

    2008年1月、リーグの創設者で前コミッショナーの石毛宏典がシニア・チームアドバイザーに就任することが発表された。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ

    2015年 - 優勝(3勝2敗:対戦は新潟愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見たオリックス・バファローズ

    2007年11月19日のドラフト会議では、梶本達哉が育成選手枠でオリックス・バファローズから指名を受け、チームとして2年ぶりのNPB入り選手となった。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た読売ジャイアンツ

    10月28日のドラフト会議で、?岡賢二郎が横浜ベイスターズから8位で、岸敬祐が読売ジャイアンツから育成1位でそれぞれ指名された。指名者が出たのは2年ぶり。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た群馬ダイヤモンドペガサス

    2016年 - 2勝3敗(対戦は群馬愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た古卿大知

    前期は優勝した徳島には負け越したものの他の3チームには勝ち越し、2期連続の2位となる。後期は香川・徳島には離されたが、前期に続いて勝率5割以上を確保する3位であった。年間勝率では2位で、徳島が前後期制覇した場合にはチャンピオンシップ出場の可能性もあったが、香川が後期優勝したため実現しなかった。個人タイトルでは古卿大知が首位打者を獲得した。なお、これに関して最終ゲームの徳島戦では打率2位だった徳島の松嶋亮太に対し、愛媛の投手が4打席連続で敬遠(うち1打席は満塁)をおこなった。これについては徳島側の応援席から怒号が上がり、愛媛のファンやリーグの関係者からも批判的な意見があったが、星野監督は「自分の責任でやった。1年頑張った古卿にタイトルを取らせたかった」と述べている。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た梶田宙

    10月27日、監督の弓岡がオリックスの二軍コーチ就任に伴い監督を退任。退団に際して愛媛球団は、弓岡の背番号77を永久欠番とすることを11月21日に発表した。永久欠番はチームでは初、リーグでは高知の梶田宙に次いで2例目となる。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た藤田元司

    前年の反省を踏まえ、苦手としている高知に善戦した(高知との対戦成績は12勝15敗3分)。前期は、沖新監督が掲げる守り勝つ野球がチーム内に浸透し、ミスで自滅する試合が少なくなった。また、4月に投手の浦川大輔や近平省悟の活躍で一時首位に立った。しかし、その後は高知と香川の首位争いに割って入ることができず前期は3位に終わった。後期は前年首位打者の林が調子を上げ、投手陣も踏ん張ったが、攻守とも好不調の波が激しく、チームに勢いをつけることができず、後期も3位に終わった。個人タイトルは林が56打点で打点王を獲得、浦川は最多奪三振を獲得した。チーム成績は振るわなかったが、荒木康一や梶原有司など将来性のある選手が順調に伸び、次年度に期待を抱かせた。またシーズン直前にアドバイザリースタッフとして発足時から携わってきた藤田元司が死去し、そのまま同ポストは空席となる。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
95件中 1 - 10件表示