前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示
  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た石毛宏典

    2008年1月、リーグの創設者で前コミッショナーの石毛宏典がシニア・チームアドバイザーに就任することが発表された。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た星野おさむ

    チームの運営は愛媛県民球団株式会社が行っている。本社所在地は松山市。代表は薬師神績で監督は星野おさむ愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た読売ジャイアンツ

    10月28日のドラフト会議で、?岡賢二郎が横浜ベイスターズから8位で、岸敬祐が読売ジャイアンツから育成1位でそれぞれ指名された。指名者が出たのは2年ぶり。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た古卿大知

    前期は優勝した徳島には負け越したものの他の3チームには勝ち越し、2期連続の2位となる。後期は香川・徳島には離されたが、前期に続いて勝率5割以上を確保する3位であった。年間勝率では2位で、徳島が前後期制覇した場合にはチャンピオンシップ出場の可能性もあったが、香川が後期優勝したため実現しなかった。個人タイトルでは古卿大知が首位打者を獲得した。なお、これに関して最終ゲームの徳島戦では打率2位だった徳島の松嶋亮太に対し、愛媛の投手が4打席連続で敬遠(うち1打席は満塁)をおこなった。これについては徳島側の応援席から怒号が上がり、愛媛のファンやリーグの関係者からも批判的な意見があったが、星野監督は「自分の責任でやった。1年頑張った古卿にタイトルを取らせたかった」と述べている。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た小林憲幸

    前期は優勝した香川にのみ負け越す形で2位であった。勝率5割以上は4期連続となる。後期は開幕で1分けの後6連勝で順調なスタートを切り、優位にペナントレースを進めたが、香川の猛追を受ける。残り2試合で優勝マジック2までこぎ着けたが自力優勝できずに全日程を終了、優勝は2試合を残した香川の結果待ちとなる。結局香川が最終戦を落として4年ぶりとなる後期優勝を達成した。レギュラーシーズンにおいて、自チームの日程終了後に優勝が決定したのはリーグ史上初めてである。個人タイトルでは、大井裕喜が首位打者、ブレットが最多打点、金城雅也が最多本塁打とチームで打撃3部門を独占したほか、小林憲幸が最優秀防御率と最多奪三振の2冠を獲得した。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た西田真二

    初代監督には西田真二が就任。エースの西山道隆、好打者の林真輝、中谷翼のドラフト候補を擁し、前評判は高かったが、首位争いに加わることなくチームは最下位に終わった。優勝した高知ファイティングドッグスとの対戦成績は6勝19敗5分と大きく負け越し、高知の独走を許す要因になった。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た吉岡雄二

    シーズン終了後の10月4日、沖監督と2人のコーチが今季限りで退任することが発表され、後任監督には星野おさむが就任することが12月21日に発表された。コーチについては2011年1月14日に、萩原淳と吉岡雄二の就任が発表された。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た藤田元司

    前年の反省を踏まえ、苦手としている高知に善戦した(高知との対戦成績は12勝15敗3分)。前期は、沖新監督が掲げる守り勝つ野球がチーム内に浸透し、ミスで自滅する試合が少なくなった。また、4月に投手の浦川大輔や近平省悟の活躍で一時首位に立った。しかし、その後は高知と香川の首位争いに割って入ることができず前期は3位に終わった。後期は前年首位打者の林が調子を上げ、投手陣も踏ん張ったが、攻守とも好不調の波が激しく、チームに勢いをつけることができず、後期も3位に終わった。個人タイトルは林が56打点で打点王を獲得、浦川は最多奪三振を獲得した。チーム成績は振るわなかったが、荒木康一や梶原有司など将来性のある選手が順調に伸び、次年度に期待を抱かせた。またシーズン直前にアドバイザリースタッフとして発足時から携わってきた藤田元司が死去し、そのまま同ポストは空席となる。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た梶本達哉

    開幕直後はふるわず、4月下旬から5月にかけては最下位に転落したが、投手の梶本達哉や野手の比嘉将太・檜垣浩太ら新加入の選手の活躍もあって5月から6月にかけて8連勝を記録した。序盤での不振や香川に2勝10敗3分と大きく負け越したことが響き、香川の独走を止めるには至らなかったものの、初のAクラスとなる2位で前期を終了した。後期は近平が故障で離脱した中、先発に回った小山内大和が7勝を挙げる活躍を見せた。香川との間で激しい首位争いを展開し、シーズン終盤まで僅差で食い下がったが、香川の地力の前にあと一歩及ばず、前期に続いて2位となった。しかし、年間通算で2位を確保し、前後期優勝した香川と年間チャンピオンシップを争うことになった。個人タイトルでは、比嘉が打率.334で首位打者、近平が防御率1.00で最優秀防御率、梶本が15勝で最多勝を獲得した。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た岸敬祐

    10月28日のドラフト会議で、?岡賢二郎が横浜ベイスターズから8位で、岸敬祐が読売ジャイアンツから育成1位でそれぞれ指名された。指名者が出たのは2年ぶり。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示

「愛媛マンダリンパイレーツ」のニューストピックワード