62件中 11 - 20件表示
  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た林真輝

    初代監督には西田真二が就任。エースの西山道隆、好打者の林真輝、中谷翼のドラフト候補を擁し、前評判は高かったが、首位争いに加わることなくチームは最下位に終わった。優勝した高知ファイティングドッグスとの対戦成績は6勝19敗5分と大きく負け越し、高知の独走を許す要因になった。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た小山内大和

    開幕直後はふるわず、4月下旬から5月にかけては最下位に転落したが、投手の梶本達哉や野手の比嘉将太・檜垣浩太ら新加入の選手の活躍もあって5月から6月にかけて8連勝を記録した。序盤での不振や香川に2勝10敗3分と大きく負け越したことが響き、香川の独走を止めるには至らなかったものの、初のAクラスとなる2位で前期を終了した。後期は近平が故障で離脱した中、先発に回った小山内大和が7勝を挙げる活躍を見せた。香川との間で激しい首位争いを展開し、シーズン終盤まで僅差で食い下がったが、香川の地力の前にあと一歩及ばず、前期に続いて2位となった。しかし、年間通算で2位を確保し、前後期優勝した香川と年間チャンピオンシップを争うことになった。個人タイトルでは、比嘉が打率.334で首位打者、近平が防御率1.00で最優秀防御率、梶本が15勝で最多勝を獲得した。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た西村悟

    前期は5月中旬までは勝率5割前後で推移したが、後半に4連敗を1度、3連敗を2度記録して後退して4位に終わる。5位の長崎と0.5ゲーム差でかろうじて最下位は免れた。後期は投手では赤嶺祥悟・入野貴大、打者では西村悟らの活躍で首位の香川に迫ったが、香川との直接対決に負け越したことが響いて2位となり、2年ぶりの半期優勝はならなかった。個人タイトルは西村悟が本塁打・打点の2冠を獲得した。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た西山道隆

    初代監督には西田真二が就任。エースの西山道隆、好打者の林真輝、中谷翼のドラフト候補を擁し、前評判は高かったが、首位争いに加わることなくチームは最下位に終わった。優勝した高知ファイティングドッグスとの対戦成績は6勝19敗5分と大きく負け越し、高知の独走を許す要因になった。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た比嘉将太

    開幕直後はふるわず、4月下旬から5月にかけては最下位に転落したが、投手の梶本達哉や野手の比嘉将太・檜垣浩太ら新加入の選手の活躍もあって5月から6月にかけて8連勝を記録した。序盤での不振や香川に2勝10敗3分と大きく負け越したことが響き、香川の独走を止めるには至らなかったものの、初のAクラスとなる2位で前期を終了した。後期は近平が故障で離脱した中、先発に回った小山内大和が7勝を挙げる活躍を見せた。香川との間で激しい首位争いを展開し、シーズン終盤まで僅差で食い下がったが、香川の地力の前にあと一歩及ばず、前期に続いて2位となった。しかし、年間通算で2位を確保し、前後期優勝した香川と年間チャンピオンシップを争うことになった。個人タイトルでは、比嘉が打率.334で首位打者、近平が防御率1.00で最優秀防御率、梶本が15勝で最多勝を獲得した。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た沖泰司

    この年の観客動員は7万1503名(1試合平均1625名)でリーグ最多を記録した(1試合平均の数値は2008年現在もリーグ記録である)。シーズン終了後、西田監督は「リーグの方向性についての考え方の違い」を理由に契約の更新がされず、後任の2代目監督にはコーチの沖泰司が就任。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た萩原淳 (野球)

    シーズン終了後の10月4日、沖監督と2人のコーチが今季限りで退任することが発表され、後任監督には星野おさむが就任することが12月21日に発表された。コーチについては2011年1月14日に、萩原淳と吉岡雄二の就任が発表された。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た近平省悟

    前年の反省を踏まえ、苦手としている高知に善戦した(高知との対戦成績は12勝15敗3分)。前期は、沖新監督が掲げる守り勝つ野球がチーム内に浸透し、ミスで自滅する試合が少なくなった。また、4月に投手の浦川大輔や近平省悟の活躍で一時首位に立った。しかし、その後は高知と香川の首位争いに割って入ることができず前期は3位に終わった。後期は前年首位打者の林が調子を上げ、投手陣も踏ん張ったが、攻守とも好不調の波が激しく、チームに勢いをつけることができず、後期も3位に終わった。個人タイトルは林が56打点で打点王を獲得、浦川は最多奪三振を獲得した。チーム成績は振るわなかったが、荒木康一や梶原有司など将来性のある選手が順調に伸び、次年度に期待を抱かせた。またシーズン直前にアドバイザリースタッフとして発足時から携わってきた藤田元司が死去し、そのまま同ポストは空席となる。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た西川雅人

    2008年の前期は梶本・浦川・小山内といった前年の主力が抜けた投手陣が懸念されていたが、ケガから復帰した近平や中継ぎの宇都宮勝平、抑えの西川雅人が好成績をあげ、チーム防御率はリーグトップであった。一方打撃陣は比嘉や桧垣が伸び悩み、決定力を欠く場面が見られた。前期は大部分で2位をキープしていたが、高知・福岡に終盤相次いで敗れ、3期ぶりのBクラスとなる4位に終わった。後期も序盤は負けが先行したが、8月に6連勝、9月も引き分けを挟んで8連勝を記録し、一時は0.5ゲーム差に4チームがひしめいた混戦を抜け出して、チーム創設から4年目にして初となる後期優勝を達成した。なお、半期優勝チームとしてはリーグで初めて年間の個人タイトルホルダーがいなかった。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た鶴岡賢二郎

    10月28日のドラフト会議で、?岡賢二郎が横浜ベイスターズから8位で、岸敬祐が読売ジャイアンツから育成1位でそれぞれ指名された。指名者が出たのは2年ぶり。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

62件中 11 - 20件表示