95件中 21 - 30件表示
  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た高山郁夫

    発足時の監督は西田真二、コーチは沖泰司と高山郁夫であった。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た武藤孝司

    1月30日、武藤孝司のコーチ、松下智のトレーナー就任が発表された。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た西田真二

    発足時の監督は西田真二、コーチは沖泰司と高山郁夫であった。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た森山一人

    シーズン終了後、星野監督とコーチ2名がいずれも今期限りで退団することが発表された。監督の星野とコーチの萩原について地元紙では、目標だったリーグ総合優勝が達成できなかったため、指導者を一新したいという球団側の意向で退任が決まったと報じられた。後任監督には元オリックス・バファローズコーチの弓岡敬二郎、コーチには前徳島コーチの森山一人と前東京ヤクルトスワローズコーチ(元香川、徳島コーチ)の加藤博人の就任が2013年11月に発表された。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た吉岡雄二

    1月14日、コーチとして萩原淳と吉岡雄二の就任が発表された。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見たラファエル・ポロ

    後期は開幕直前にデニングが退団し、その穴は若手選手で補う形となった。開幕からの5試合を4勝1敗でスタート。しかし、その後の5試合ずつを1勝3敗1分、4勝1分、2勝3敗と波のある成績で、香川・徳島と僅差で首位を争う展開となる。残り5試合の時点で優勝マジックナンバー5が点灯したものの、続く4試合を2勝2敗の成績で、最終戦となる9月15日の徳島戦に優勝の決定が持ち越された。仮にこの試合を落とし、香川がこちらも最終となる高知戦に勝つか引き分けると逆転優勝となる状況であったが、2-2で引き分けて3期連続となる後期優勝を自力で決め、チームとしては初となる前後期連覇を達成した。個人タイトルはラファエル・ポロが首位打者を獲得した。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た梶本達哉

    開幕直後はふるわず、4月下旬から5月にかけては最下位に転落したが、投手の梶本達哉や野手の比嘉将太・檜垣浩太ら新加入の選手の活躍もあって5月から6月にかけて8連勝を記録した。序盤での不振や香川に2勝10敗3分と大きく負け越したことが響き、香川の独走を止めるには至らなかったものの、初のAクラスとなる2位で前期を終了した。後期は近平が故障で離脱した中、先発に回った小山内大和が7勝を挙げる活躍を見せた。香川との間で激しい首位争いを展開し、シーズン終盤まで僅差で食い下がったが、香川の前に及ばず、前期に続いて2位となった。しかし、年間通算で2位を確保し、前後期優勝した香川と年間チャンピオンシップを争うことになった。個人タイトルでは、比嘉が打率.334で首位打者、近平が防御率1.00で最優秀防御率、梶本が15勝で最多勝を獲得した。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た岸敬祐

    10月28日のドラフト会議で、?岡賢二郎が横浜ベイスターズから8位で、岸敬祐が読売ジャイアンツから育成1位でそれぞれ指名された。指名者が出たのは2年ぶり。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た林真輝

    エースの西山道隆、好打者の林真輝、中谷翼のドラフト候補を擁し、前評判は高かったが、首位争いに加わることなくチームは最下位に終わった。優勝した高知ファイティングドッグスとの対戦成績は6勝19敗5分と大きく負け越し、高知の独走を許す要因になった。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛媛マンダリンパイレーツ

    愛媛マンダリンパイレーツから見た入野貴大

    前期は5月中旬までは勝率5割前後で推移したが、後半に5連敗(2分を含む)と4連敗、3連敗を1度ずつ記録し、4位に終わる。5位の長崎セインツと0.5ゲーム差でかろうじて最下位は免れた。後期は投手では赤嶺祥悟・入野貴大、打者では西村悟らが活躍。8月から9月にかけて6連勝(1分含む)し、首位の香川に迫ったが 、香川との直接対決に負け越したことが響いて2位となり、2年ぶりの半期優勝はならなかった。個人タイトルは西村悟が本塁打・打点の2冠を獲得した。愛媛マンダリンパイレーツ フレッシュアイペディアより)

95件中 21 - 30件表示