前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
861件中 1 - 10件表示
  • 免疫系

    免疫系から見た感染症感染症

    細菌性の感染症に対してはしばしば抗生物質が用いられるが、大部分の抗生物質は病原体となる細菌と正常な細菌の両方に非特異的に作用するし、カビには効かないので、抗生物質の経口投与によって、真菌を異常に増殖させ、膣カンジダ症のような真菌症を引き起こす場合がある。免疫系 フレッシュアイペディアより)

  • 心臓移植

    心臓移植から見た感染症感染症

    心臓移植(しんぞういしょく、)または心移植(しんいしょく)とは、重症心不全など他に代替治療手段の無い末期心疾患に罹患している患者である移植希望者(レシピエント)に対し、脳死状態にある臓器提供者(ドナー)の体から提供された心臓を移植する手術である。レシピエントの心臓を摘出してドナーの心臓を移植する術式(同所性心移植)が一般的であるが、レシピエント心を残し、ドナー心は別の場所に移植する術式(異所性心移植)も存在する。移植後は拒絶反応、感染症を予防するために種々の薬剤を服用する必要があるが、救命と余命の延長、QOLの向上を図り、最終的に社会復帰が期待できる治療法である。心臓移植 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症学

    感染症学から見た感染症感染症

    感染症学(かんせんしょうがく)とは、感染症について扱う生物学・医学・歯学・薬学・農学・獣医学等の一分野とする概念。感染症学 フレッシュアイペディアより)

  • 感染

    感染から見た感染症感染症

    それによっておこる疾患を感染症という。感染 フレッシュアイペディアより)

  • 化学療法 (細菌)

    化学療法 (細菌)から見た感染症感染症

    感染症、悪性腫瘍、自己免疫疾患の治療に化学療法という言葉は使われる。根本的な病因は異なるが、薬理学的な見地からは一般的な治療の原則は極めて類似している。どちらもターゲット(細菌ないしは癌細胞等)に対する選択毒性を効果発現の機序として挙げている。化学療法 (細菌) フレッシュアイペディアより)

  • 下痢

    下痢から見た感染症感染症

    下痢は、消化吸収能力の機能低下や、毒物の服用、何等かの感染症、薬剤の副作用、内分泌疾患によって発生する便が泥状や水様の症状である。多くの場合、排便回数の増加を伴う。急性のものと慢性のものに大別され、発症から2週間以内のものを急性のものとして扱い、ウイルス性のものである可能性が高く、ほとんどの場合、自然に治癒する。発症から2週間以上たったものを持続性(慢性)の下痢として扱い、瀉下薬(下剤)の服用に伴い生じる下痢様症状は除外する。下痢 フレッシュアイペディアより)

  • 赤痢

    赤痢から見た感染症感染症

    赤痢(せきり)は、下痢・発熱・血便・腹痛などをともなう大腸感染症である。赤痢 フレッシュアイペディアより)

  • 黄色ブドウ球菌

    黄色ブドウ球菌から見た感染症感染症

    ヒトの膿瘍等の様々な表皮感染症や食中毒、また肺炎、髄膜炎、敗血症等致死的となるような感染症の起因菌でもある。学名はStaphylococcus aureus (スタフィロコッカス・アウレウス)。属名Staphylococcus のStaphylo-は「ブドウの房状の」、coccus は「球菌」の意であり、種小名aureus は「黄金色の」を意味する(金の元素記号や、オーロラなどと同じ語源)黄色ブドウ球菌 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の救急車

    日本の救急車から見た感染症感染症

    空港(検疫所)の救急車は、海外からの入国者・帰国者等が感染症を罹っていた場合などに使用する。厚生労働省が管轄している。日本の救急車 フレッシュアイペディアより)

  • 後天性免疫不全症候群

    後天性免疫不全症候群から見た感染症感染症

    上記以外にも、突然の全身性の斑状丘疹状の発疹(maculopapular rash)や、ウイルス量が急激に増加し重症化する例では、多発性神経炎、無菌性髄膜炎、脳炎症状などの急性症状を示す場合もある。しかしながら、これらの症状はHIV感染症特有のものではなく、他の感染症や疾病においても起こりうる症状であることから、症状だけで判断することは困難である。後天性免疫不全症候群 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
861件中 1 - 10件表示

「感染症」のニューストピックワード