前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
721件中 1 - 10件表示
  • 後天性免疫不全症候群

    後天性免疫不全症候群から見た感染症感染症

    HIVに感染した時点ではAIDSの発症とは言えないが、ここではHIV感染症全般の事柄についても記述する。ウイルスとしてのHIVについてはHIVを参照。後天性免疫不全症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症学

    感染症学から見た感染症感染症

    感染症学(かんせんしょうがく)とは、感染症について扱う生物学・医学・歯学・薬学・農学・獣医学等の一分野とする概念。感染症学 フレッシュアイペディアより)

  • 化学療法 (細菌)

    化学療法 (細菌)から見た感染症感染症

    感染症、悪性腫瘍、自己免疫疾患の治療に化学療法という言葉は使われる。根本的な病因は異なるが、薬理学的な見地からは一般的な治療の原則は極めて類似している。どちらもターゲット(細菌ないしは癌細胞等)に対する選択毒性を効果発現の機序として挙げている。化学療法 (細菌) フレッシュアイペディアより)

  • 日本における地震対策と体制

    日本における地震対策と体制から見た感染症感染症

    (1)火災旋風(2)火山爆発(3)豪雨・洪水・豪雪・台風・寒波・熱波などの気象災害(4)世界的な経済危機(5)化学工場・タンカー・自動車・列車の事故(5)ガスタンク、石油タンク、石油工場、タンカーの火災(6)外国からの戦争・侵攻・テロ・潜入工作員(7)サイバーテロ(8)クーデター(9)企業・資金・人々の国外脱出(10)治安の崩壊と反動(11)財閥・大政翼賛会・宗教・イデオロギーなどによる寡占化(12)複数の原子力発電所の複数の原子炉がメルトダウンする(13)大規模な太陽フレア(14)高潮・大潮(15)大規模な深層崩壊(16)南関東ガス田などの噴出(17)メタンハイドレートの浮上(18)連動地震(歴史上連動地震は多数あるが、終戦直前の東海・東南海地震以外の今生きている人類の経験がない)(19)酸素を含まない気体の流出(ニオス湖)(20)外国での津波や火山噴出物の影響(21)感染症の流行。日本における地震対策と体制 フレッシュアイペディアより)

  • 赤痢

    赤痢から見た感染症感染症

    赤痢(せきり)は、下痢・発熱・血便・腹痛などをともなう大腸感染症である。赤痢 フレッシュアイペディアより)

  • 黄色ブドウ球菌

    黄色ブドウ球菌から見た感染症感染症

    ヒトの膿瘍等の様々な表皮感染症や食中毒、また肺炎、髄膜炎、敗血症等致死的となるような感染症の起因菌でもある。学名はStaphylococcus aureus(スタフィロコッカス・アウレウス)。属名StaphylococcusのStaphylo-は「ブドウの房状の」、coccusは「球菌」の意であり、種小名aureusは「黄金色の」を意味する(金の元素記号や、オーロラなどと同じ語源)。黄色ブドウ球菌 フレッシュアイペディアより)

  • 渡航医学

    渡航医学から見た感染症感染症

    死亡率研究によれば、旅行中の死亡の最大の原因は循環器疾患(50-70%)であり、外傷や事故(?25%)が続く。感染症は旅行中・旅行後の死亡原因のうちわずか2.8?4%を占めるに過ぎない。一方有病率研究によれば、先進国からの旅行者が途上国で1ヶ月を過ごした場合に、半数以上が病気になるとされる。中でも旅行者下痢症は最もよく見られる問題である。渡航医学 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都福祉保健局

    東京都福祉保健局から見た感染症感染症

    健康安全対策の企画調整、安全性情報の提供、食品の安全確保対策、食中毒対策、薬事関係免許、薬物乱用防止対策、医薬品等の許認可、薬事法等に基づく監視指導、医薬品の広告の適正化、毒劇物・違法ドラッグ対策、国有ワクチンの供給調整、環境に係る健康影響対策、アレルギー・花粉症対策、各種生活衛生対策、動物愛護管理、動物由来感染症対策、水道施設の認可、感染症・結核・後天性免疫不全症候群等の予防対策、感染症・食品・医薬品・水質・環境汚染物質等の試験検査・調査研究・大規模食品製造業・広域に流通する食品・輸入食品等の監視指導・建物衛生対策、薬用植物・有毒植物等の栽培研究・知識の普及啓発、市販生薬の監視指導に必要な標本の整備、都内の卸売市場内に流通する食品の監視指導・試験検査、牛・豚等のと畜に関する検査、輸入食肉や移入枝肉の監視及び検査、犬・猫の捕獲・収容・引取り・譲渡、動物愛護思想の普及啓発、動物取扱業の監視指導、犬・猫の終末処理に関する事務を行っている。東京都福祉保健局 フレッシュアイペディアより)

  • カエルツボカビ症

    カエルツボカビ症から見た感染症感染症

    カエルツボカビ症(蛙壷黴症、カエルツボカビしょう)は、ツボカビの一属一種の真菌カエルツボカビ( Longcore et al.,1999)によって引き起こされる両生類の致死的な感染症である。野生の個体群でのこの疾病に対する効果的な対策は存在しない。ただし、カエルの種によって感受性は異なり、アフリカツメガエル( Xenopus laevis )やウシガエル( Rana catesbeiana )は感染しても発症しない。カエルツボカビ症 フレッシュアイペディアより)

  • パンデミック

    パンデミックから見た感染症感染症

    パンデミック(pandemic または pandemia、汎発流行、世界流行、パンデミア)とは、ある感染症(特に伝染病)が、顕著な感染や死亡被害が著しい事態を想定した世界的な感染の流行を表す用語である。ただし英語の pandemic の意味は、「流行」という現象と「流行病」という病気との双方である。前者は不可算名詞で、後者は可算名詞である。パンデミック フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
721件中 1 - 10件表示

「感染症」のニューストピックワード